コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

(1968/)

[Drama/Thriller]
製作田中友幸
監督森谷司郎
脚本橋本忍
原作正木ひろし
撮影中井朝一
美術阿久根巌
音楽佐藤勝
出演小林桂樹 / 南風洋子 / 神山繁 / 佐々木孝丸 / 三津田健 / 清水将夫 / 下川辰平 / 小川安三 / 北竜二 / 今福正雄 / 大滝秀治
あらすじ昭和18年の冬。弁護士の正木(小林桂樹)の元に、地方で小さな炭鉱を営む滝田(南風洋子)とその部下岸本(下川辰平)から相談が来た。「従業員が警察に逮捕された直後留置所で死亡した。死因は脳溢血らしいとのことだが…。ひょっとしたら拷問死かもしれない」とのこと。それならばきちんと再度検死を行い、それを自分が確認すればよいと正木は軽い気持ちで引き受けたのだが、担当検事(神山繁)は不審な態度を見せ、肝心の再検死も正木の目に敢えて触れないように行われてしまった。「これは絶対裏がある。なんとしても真相を暴かねば!」そう決心した正木の取った行動とは………。裁判にもなった実話を元にしたサスペンス。 (ごう)[投票]
Comments
全13 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5魔術的リアリズムさえもを感じさせる奇譚の後ろで鳴り響く、怒声にも似た監督自身の咆哮、もはや開き直ったかのような諦念、裏返った(でも、おおいに真面目な)ユーモア。何よりも、その気迫にヤられた。最高。 (tredair)[投票(2)]
★5胡散臭いナレーションとオーバーアクトによる回想シーンが、絶妙のタイミングで挿入され軽快なテンポで進むインチキ伝奇ミステリーのような前半。常軌を逸した妄執が故にコミカルにさえ見えてしまう狂いっぷりの主人公。この時代の社会派邦画を強烈に皮肉った驚天動地な展開。怪作・傑作・最高作。[2002.2.8] (Kavalier)[投票(1)]
★5とんでもないキチガイ映画だ。感動した。(しかし原作者にして主人公のモデルである正木ひろしは、この映画を観て怒らなかったのだろうか…)(02.10.20@テアトル梅田) (movableinferno)[投票]
★4基地外映画と聞いてはいたが、これほどとは。思わず唸ってしまうほどだ。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(4)]
★4テンポも良いし尺も良い。カットも画面もキレがある。だけど何より凄いのは、 [review] (ごう)[投票(4)]
★4正義の追求とかは別にどうでもいいようだ。普通の人間が異常行動に走る様子を描いた作品であるようだ。どうでもいいけど技官のおっちゃんはかなりいい味を出していた。 (ハム)[投票(3)]
★4戦時の不穏な圧迫感と、弱者の代弁がいつしか強者への反発へと向う暴走すれすれの正木(小林桂樹)のあやうさがモノクロ・スタンダードの狭苦しい画角から吹き出すように迫ってくる。倫理と合理と使命と正義と狂気が未整理のまま提示される混沌のパワフルなこと。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4森谷司郎はいわゆる大作の監督として知られていますが、初期の作品の方がいいですね。小林桂樹も力演。 (熱田海之)[投票(1)]
★4我が儘放題で傲慢かますパラノイアな主人公の描き方は『日本沈没』の田所教授に繋がる小林橋本森谷の最強タッグの原点だろう。際どい倫理感をハイボルテージで擦り抜け蹂躙されるマゾヒスティックな快感。森谷司郎の多分唯一の傑作。 (けにろん)[投票(1)]
★4職業人の映画になっていて、特に法医学人の冷然としたたたずまいに惹かれるのだが、彼らは狂気と笑いの源泉たる死体のオカルト性を俗化してしまうため、終わってみると、俺たちの桂樹のオーバーアクトは何だったのか、腑に落ちなくなってしまった。 (disjunctive)[投票]
★4橋本忍、『幻の湖』への布石は既にここから姿を見せていた。[フィルムセンター] (Yasu)[投票]
★3皆さん気狂いだ気狂いだと喜んでおられるが、ぼくがこの映画で一番奇妙だと思うのは… ☆3.8点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★3さすがは橋本忍だけあって、入り組んだ人間関係、主役が右往左往する姿を、すっきりとした脚本で分かりやすく見せている。ナレーション(高橋悦史)も効果的。初めはそんなに乗り気では無い物の、次第に真実の究明に尋常じゃないほど執拗になる弁護士という役どころを演じる小林桂樹もピッタリ。キ●ガイ過ぎて笑えるが。南風洋子がヒロインになる時代って、凄いな。['07.2.21ラピュタ阿佐ヶ谷] (直人)[投票]
Ratings
5点5人*****
4点14人**************
3点3人***
2点0人
1点0人
22人平均 ★4.1(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
映画タイトル人間第一号 (はしぼそがらす)[投票(34)]題目への異常な愛情又は私は如何にして心配するのを止めないでこれらの作品を観ようとしないのか (アルシュ)[投票(30)]
日本実録犯罪映画 (町田)[投票(22)]脚本職人・橋本忍の技 厳選 (斎藤勘解由)[投票(11)]
☆シネマしりとり☆の記憶 (ガブリエルアン・カットグラ)[投票(2)]
Links
検索「首」[Google|Yahoo!(J)|goo]