コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

砂の器 (1974/)

[Mystery/Drama]
製作佐藤正之 / 三嶋与四治 / 橋本忍
監督野村芳太郎
脚本橋本忍 / 山田洋次
原作松本清張
撮影川又昂
美術森田郷平
音楽芥川也寸志 / 菅野光亮
出演加藤剛 / 丹波哲郎 / 森田健作 / 島田陽子 / 山口果林 / 加藤嘉 / 笠智衆 / 松山省二 / 稲葉義男 / 内藤武敏 / 信欣三 / 夏純子 / 春川ますみ / 殿山泰司 / 松本克平 / 菅井きん / 野村昭子 / 今井和子 / 花沢徳衛 / 山谷初男 / 丹古母鬼馬二 / 浜村純 / 穂積隆信 / 緒形拳 / 佐分利信 / 渥美清
あらすじ松本清張原作。2004年に中居正広(SMAP)主演でドラマ化。国鉄蒲田操車場構内に身元不詳の死体が発見された。推定年程は五十〜六十歳。初動捜査での手がかりは「カメダ」。「カメダ」が秋田県の地名と分かった警視庁の今西栄太郎(丹波哲郎)刑事と西蒲田署の吉村正(森田健作)刑事は秋田県の羽後亀田駅に向かうが・・・。 [more] (HILO)[投票(1)][全 2 件]
Comments
全115 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5観客の熱い感動を支える、比類なく緻密で堅牢な大設計図。プロだ、プロの作品なのだ。 [review] (ジェリー)[投票(12)]
★5原作の香りを失わずに原作をこえている!これは推理ドラマではない人間ドラマだ。 [review] (斎藤勘解由)[投票(7)]
★5エアコンも無く、炎天下を歩き回る捜査陣。大変な時代でもあり、良い時代だったとも言える。私は犯人を責める事ができるのか、と、そんな風に思う。 [review] (アメリ・プーラン)[投票(6)]
★5この映画はとてつもなく重い直球を投げてくる。だから真剣に構えていないと受け止められない。生半可な受け取り方ではこの映画に対峙出来ない。 [review] (荒馬大介)[投票(5)]
★5個人的な話です。 [review] (イライザー7)[投票(5)]
★4米国の捜査官は薄暗い陰鬱な雨の中で捜査を進めるものであり、日本の捜査官は真夏の炎天下扇子と扇風機と瓜で暑さをしのぎながら捜査するものである。らしい。 [review] (はしぼそがらす)[投票(17)]
★4「この男」のために。 [review] (uyo)[投票(15)]
★4これは推理ものではない。前年の『日本沈没』の脚本家橋本忍丹波哲郎が送る現代日本の叙事詩である。そして『幻の湖』への第一歩。 [review] (ジョー・チップ)[投票(6)]
★4過去には、「甘酸っぱい」とか「物悲しい」とか形容詞が付くが、「悲惨だ」というのは珍しいだろう。 [review] (りかちゅ)[投票(6)]
★4「感動した!」って小泉さんが言いそうだな。27年も前にこれだけ警鐘をならされたのに国会議員たちは何をしてたんだろう? (sawa:38)[投票(6)]
★4地道だが丹念な刑事捜査に光をあてた演出に丹波哲郎が映える。この後、彼が「Gメン75」のボスに抜擢され、一時期、日本の刑事の代表のように扱われたのも無理はない。人情を知り、足で事実を集める、まさに刑事の鑑だ。 [review] (シーチキン)[投票(5)]
★4炎天下を背広を脱いで歩き回る2人の刑事は、今となっては馬鹿コンビに見えるが、当時は最高に渋いキャスティングと思った。橋本節冴える前半から山田調の後半への転調に若干の違和感を覚えても正面突破のごり押しで押しまくって有無を言わせない。 (けにろん)[投票(5)]
★4凄いモンを観た。下手すると今まで見た日本映画で最高かもしれん。あー米の飯が食いてえ。 [review] (G31)[投票(4)]
★4大学時代、センセが「砂の女は是非見るべき作品です。砂に埋まる岸田今日子の美しいこと」と言った。私は、その日、レンタルビデオ屋に直行し、とりあえず、砂の*を借りた。 [review] (Linus)[投票(4)]
★4学校で芸術鑑賞と称して見せられた。教育の場で見せてくるだけはある。殺人事件の推理は正直どうでもいい。 (HW)[投票(2)]
★3当時の蒲田は今以上に猥雑とした街だったはずである。そんな街の片隅でひっそりと起こった殺人事件。一つの細い糸が昭和の一つの闇を明らかにしていく。その見事な構図。 [review] (グラント・リー・バッファロー)[投票(9)]
★3先日NHKで [review] (Myurakz)[投票(8)]
★3丹波哲郎の涙に胸が熱くなる。70年代の薫る各地の風景にも感動。最近のスタイリッシュな映像に走るサスペンスより、じっくりと捉えた確かな映像がドラマをリアルに描く。3つのシーンの交錯も画期的。 [review] (TOBBY)[投票(6)]
★3丹波、森田、 島田、加藤剛と集めた製作者の「演技力は問わない」って姿勢が潔い。加藤嘉孤軍奮闘。 (cinecine団)[投票(6)]
★3夏の暑さにうんざり顔ながらも丹波哲郎の旅はどこか愉しげにも見え、俳句を詠んだり、ぶらり旅気分な情緒が地味に面白い。だが終盤に至って、丹波のこの悠々とした旅情緒は致命的な演出ミスだったと思い知る。 [review] (煽尼采)[投票(3)]
★3昨年の5月頃、病気と関係あるニュースが多く興味を持ったので観てみた。前評判が良過ぎて期待しすぎたけど普通のレベルの話でした。オーケストラの部分も、別に普通なような・・・? (Muff)[投票(2)]
★2あえて言う。 [review] (オノエル)[投票(4)]
★1涙が… [review] (NORIKO)[投票]
Ratings
5点74人************************..
4点152人**************************************************..
3点81人***************************
2点8人**..
1点2人..
317人平均 ★3.9(* = 3)

[この映画が好きな人]

POV
読んでから見るか、見てから読むか。 (シーチキン)[投票(14)]各国刑事・警察官事情 (ゆーこ and One thing)[投票(14)]
映画で日本の旅をする (TOBBY)[投票(11)]ジャパネスクin5大国際映画祭 (けにろん)[投票(11)]
脚本職人・橋本忍の技 厳選 (斎藤勘解由)[投票(11)]双葉十三郎が選ぶ日本映画100本 (青二才)[投票(10)]
邦人作家ミステリー作品! (TOBBY)[投票(9)]映画で見る石川県 (づん)[投票(7)]
切なく美しい映画音楽 (ビビビ)[投票(7)]脚本(ホン)だけ大将 (けにろん)[投票(4)]
むかし殿山、いま柄本。 (ぽんしゅう)[投票(4)]TVが先か、映画が先か (アルシュ)[投票(4)]
黒い年代記 〜松本清張の世界 (町田)[投票(3)]映画館でみんなと観たい! (Yasu)[投票(3)]
パパ・ママ 家族映画 (IN4MATION)[投票(2)]私的 〔 映画 vs 本 〕 の関係 (リア)[投票(2)]
戦後日本社会 (さいもん)[投票(2)]いわゆるひとつのベスト10 (YO--CHAN)[投票(1)]
この監督この一本 (Yasu)[投票(1)]無意味を承知の上で感動を数値化(Peak値) (YO--CHAN)[投票]
「子供」のいる映画 (NORIKO)[投票]後味悪い映画 (poNchi)[投票]
この松本清張がすごい! (まー)[投票]迷宮入りか!推理一大叙事詩 (ペペロンチーノ)[投票]
Links
検索「砂の器」[Google|Yahoo!(J)|goo]