コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ワイルド・ブリット (1990/香港)

Bullet in the Head
Die xue jie tou

[Drama]
製作ジョン・ウー
監督ジョン・ウー
脚本ジョン・ウー / パトリック・レオン / ジャネット・チュン
撮影ラム・クォクワ / チャン・プイカイ / ソムチャイ・キッティクン / ウォン・ウィンハン
音楽ジェームズ・ウォン / ロメオ・ディアス
出演トニー・レオン / ジャッキー・チュン / リー・チーホン / フェニー・ユン
あらすじ1967年の香港。 ベン(トニー・レオン)、フランク(ジャッキー・チョン)、ポール(レイ・チーホン)は個性は違えど仲良し三人組。 貧しいながらも助け合い、青春を謳歌していた。 ベンの結婚式の日も、披露宴の代金をフラングが肩代わり。 だがその金を狙うチンピラとの抗争により、三人の生活は一変することになる…。 ジョン・ウー版『ディア・ハンター』とも呼ばれる大作。 鳩は飛ばないが二挺拳銃はいつも通り火を噴く、ぜ。 131分。 (たかやまひろふみ)[投票(1)]
Comments
全9 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5自転車の回想シーンには涙。『ウェストサイド物語』みたいなムチャな冒頭から、様々な映画ジャンルを横断しつつ描かれる野郎3人組の物語。葉巻爆弾もあるぜ。 [review] (ペンクロフ)[投票(1)]
★5男たちの挽歌』を静とするなら本作は動。最も熱いジョン・ウーが観られるぜ! (万城目ドラッグ)[投票]
★4ジョン・ウーコッポラに対する憧れがありありと見えるが、お国柄の違いに屈せず、ぱくってしまう、なおかつ、ものにしてしまうのが、香港映画の伝統的タフネス。見てくれなんてどうでもいいのだ。ハートがあると解れば観客は涙を惜しまないのだ。 (kiona)[投票(2)]
★4貧しくても、スマイルがあり、友情を固く信じて疑わなかった青春。なにもなければ、これで、案外貧乏なまますごしたかもしれない人生だった、という始まりがいい。 [review] (kazby)[投票(1)]
★4予想以上にアクション満載でびっくり。『ディア・ハンター』の他に『地獄の黙示録』や『ガルシアの首』の影響も窺える。やはり香港時代のジョン・ウーは良いね。ハリウッドに渡ってからは失われた熱気がここにある。 (赤い戦車)[投票]
★4ジョン・ウー作品では「男たちの挽歌」の次に好きな映画。 ちょっと香港版「ディアハンター」といった感じ。 (ゆみこ)[投票]
★3「乗ろうぜ、俺達のベンツに!」 ダサくて暑苦しくてひたむきな香港篇は最高です。 しかしベトナムに渡ってからが、な。 [review] (たかやまひろふみ)[投票(3)]
★3ウインド・トーカーズ』なんかより、よっぽどパワフルで見応え充分だよっ。俺はやりたい事をトコトンやるゥゥ!って言うタフでハードな気持ちをズシッと感じる。ウー監督が熱かった時代を体感出来ます。 [review] (Ryu-Zen)[投票]
★3ジャッキー・チュンの辿る展開が痛々しいです。作品は随分スケール感もあり、ジョン・ウーがやりたいこと全てぶち込んだ感じですね。そのせいかボリュームがあり過ぎて、見た後どっと疲れます。 (takamari)[投票]
Ratings
5点3人***
4点10人**********
3点4人****
2点0人
1点0人
17人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
極私的愛好台詞選 (たかやまひろふみ)[投票(12)]もうひとつのエンディング (MACH)[投票(1)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「ワイルド・ブリット」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Die xue jie tou」[Google|Yahoo!]