コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

切られ与三郎 (1960/)

[Drama]
製作武田一義
監督伊藤大輔
脚本伊藤大輔
撮影宮川一夫
美術西岡善信 / 坂口玄武
音楽斎藤一郎
特撮田中省三
出演市川雷蔵 / 淡路恵子 / 冨士真奈美 / 中村玉緒 / 小沢栄太郎 / 多々良純 / 山路義人 / 潮万太郎 / 浦辺粂子 / 藤原礼子 / 村田知栄子 / 小堀阿吉雄 / 嵐三右ェ門 / 寺島貢 / 水原浩一 / 香川良介 / 原聖四郎 / 尾上栄五郎
あらすじ与三郎(雷さま)は実は大きなロウソク屋の跡取り養子。トコロが、家督をロウソク屋の実子である義弟に譲るために、敢えて道楽の三味線で身を立てて家を飛び出す。ソコで収まらないのが血の繋がらない妹(真奈美)「お兄さまのバカバカ!」と泣き崩れる。彼女は本当は義兄の与三郎を男として愛していたのだ。江戸を飛び出して木更津へ。そこで与三郎の奏でる三味線の音にひかれて声をかけてくる女が居た。地元のヤクザの囲いモノのお富(淡路)である。二人は瞬く間にひかれあい、恋に溺れてゆくが・・・・そう、コレが歌舞伎や歌謡曲で名高い『切られ与三郎』or『お富さん』の物語。この美にひれ伏そう! [more] (ボイス母)[投票(2)]
Comments
全7 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4伊藤大輔監督のこなれて、分かり易い脚本、宮川一夫さんのクリアなカメラ、映画職人の巧みな技を感じる。中村玉緒の妖艶なラブシーン、富士真奈美の驚くべきカワイサ。完成された様式美。 [review] (トシ)[投票(2)]
★4ヴァンプの玉緒チャンもイケル!手のひらに隠しておきたいような、真珠のように美しい作品。作品自体が芸術品。ゴッド宮川が何故、「ゴッド」なのかこの作品を観れば理解できます。 [review] (ボイス母)[投票(1)]
★4映画技術としては一級品。影のある撮影が素晴らしい。手まり唄、新内の乱調、木更津甚句も興味深い。そういえば‘証城寺’は木更津だったね。5点にしないのは物語に説得力がないからです。ウ〜ム、やっぱりやっぱりおかしい。 (KEI)[投票]
★4玉緒ちゃんが妖艶!美術・カメラが最高!話がちょっと中途半端なところがあるんだよね。 ()[投票]
★3話しのあらましを客が知っている前提で場面は小気味よく進み、役者の立居振舞と宮川の創る画に心地よく身をまかせるのみ。冒頭の冨士真奈美の形式的な少女芝居にドン引くも、泰然自若で受け流す雷蔵の貫録。玉緒の豹変ぶりは憎々しく、淡路(27歳!)の色香は絶品。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3転落人生を生きざるを得ない与三郎に切羽詰った被虐感は感じられず、折にふれて邂逅を果たすお富との間にも何かありそうで何もないという、何ともすっきりしない話で、何かようわからん。ただ淡路恵子が結構クールで良い。 (けにろん)[投票(1)]
★3♪死んだはずだよ お富さん〜。手拍子のみ(伴奏なし)で歌える軽快なお座敷歌謡、『お富さん』。不思議感漂い興味を引く歌の物語背景がわかって、自信を持って歌えるようになります。 (G31)[投票]
Ratings
5点1人*
4点6人******
3点7人*******
2点3人***
1点0人
17人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
日本映画再発見の旅 (ボイス母)[投票(8)]ゴッド宮川との一夜 (ボイス母)[投票(5)]
Links
検索「切られ与三郎」[Google|Yahoo!(J)|goo]