コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

八つ墓村 (1977/)

[Mystery/Thriller]
製作野村芳太郎 / 杉崎重美 / 織田明
監督野村芳太郎
脚本橋本忍
原作横溝正史
撮影川又昂
美術森田郷平
音楽芥川也寸志
出演萩原健一 / 小川真由美 / 渥美清 / 山崎努 / 山本陽子 / 市原悦子 / 山口仁奈子 / 中野良子 / 加藤嘉 / 井川比佐志 / 花沢徳衛 / 綿引洪 / 下條アトム / 夏木勲 / 田中邦衛 / 稲葉義男 / 橋本功 / 大滝秀治 / 夏純子 / 藤岡琢也 / 下絛正巳 / 山谷初男 / 浜田寅彦 / 浜村純 / 任田順好
あらすじ身寄りのない工員辰弥萩原健一は、ある日、自分が尋ね人の広告に載っているのを知って驚く。出向いた先では更なるサプライズが彼を待っていた。「貴方は実は、ある山奥の村の名家の血筋です。この度、後継ぎとして貴方を呼び戻すことが決まりました。そしてこちらが貴方のお祖父さまです」(しかも爺さんは会うなり血反吐を吐いて悶死)…過日親戚に当たる美貌の未亡人の案内で故郷を訪れる辰弥。そこで彼はこの村の隠された名を知らされる。その名は、「八つ墓村」。村に入ると、突然完全武装の婆さんが辰弥にがぶり寄る!「たたりじゃ!八つ墓村の、たたりじゃ!」辰弥ピンチ!しかし、それはこの血塗られた過去を持つ村の恐怖の序曲でしかなかった… [more] (はしぼそがらす)[投票(6)]
Comments
全66 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5イヤなものをしつこく見せる、ショック映画としての『八つ墓村』 [review] (ペンクロフ)[投票(7)]
★5幼稚園の頃、家で一人で留守番したとき観てしまって、それ以来トラウマになった。勇気を出して最近もう一度観たが、相変わらず激恐。渥美清がいなくてもよかった事件。 (仏教戦隊ナンマイダー)[投票(3)]
★4落ち武者の人数が七人だったら、村を救った英雄になったかもしれない。落ち延びたのが一人多かっただけで、一転祟りをなす怨霊に変わってしまう数の不思議 → [review] (木魚のおと)[投票(12)]
★4教科書に書かれる「日本史」の、奥底に伏流水のように流れる人々の怨念。それが地表に噴出したとき、われわれはそれを「崇り」と呼ぶ。 [review] (G31)[投票(5)]
★4日本刀とライフル持って、あんなアグレッシヴな人は後にも先にも見た事がないです。子供の頃、観た当初は怖くて怖くて寝れませんでした。 (Curryrice)[投票(5)]
★4今年も桜の時期が来た。桜吹雪は日本的「美」の極致であろう。そしてそこに秘められた紙一重の「狂気」。桜吹雪の中、ライフルと日本刀を手にかざし疾走してくる鬼。頭には角のように二本の懐中電灯。嗚呼!邦画の1カットとしては文句無き最高峰だろう。 (sawa:38)[投票(3)]
★4金田一作品では市川崑監督のシリーズが贔屓なのですが、『八つ墓村』においては、野村監督に軍配が。渥美清演じる金田一はともかくとして、実話をモチーフにした怨念渦巻くおどろおどろしさが見事に作品から発せられている。 [review] (TOBBY)[投票(3)]
★3「寅さん」を見にいった映画館でこの予告編が上映された。暗くおどろおどろしい雰囲気の中で殺人事件。一転、「あっ、金田一さん」の声とともに渥美清のドアップが......その時、館内で起きた大爆笑を私は忘れない。 (シーチキン)[投票(17)]
★3ふんどしポスタル。大滝秀治フォーエバー。 (黒魔羅)[投票(3)]
★3因習を描くあまり人物が描けておらず、観賞後やけに疲れました。 [review] (Myurakz)[投票(3)]
★3キャスティングを見るだけだと、なんだかほのぼの系の映画に思えてしまうのですが、内容はモロにホラーそのものです。 [review] (甘崎庵)[投票(3)]
★3レクター博士を観るまでは、小川真由美は私の観た映画史上最も怖い登場人物でした。 (カレルレン)[投票(2)]
★3結末で犯人にはっきりとメークさせるのが目新しい。 (みそごま)[投票(2)]
★3田中邦衛がものすごい扱いを受けている。 (はしぼそがらす)[投票(2)]
★3小川真由美山崎努の恐ろしさに尽きる。 [review] (kinop)[投票(1)]
★3犯人役のあのヒトとは、絶対にお化け屋敷に行きたくない! 洞窟内でショーケンがあのヒトに追いかけられている時に、洞窟の外で悠長に事件の謎解きを披露している渥美清。そのギャップが凄いっす。 (AONI)[投票(1)]
★3天然ボケと思い小川真由美を見つめる・・・彼女、マジで恐いっす!田中邦衛も奇妙な存在で最後の表情はイヤイヤイヤ!400年設定談に古き歴史の重圧がより不気味さを増している。音楽も効果音も侮れない。犬神家の一族と良きライバル作品みたいでした。 (かっきー)[投票(1)]
★3僕と同年代以上の方はご存知だと思います。「た〜た〜り〜じゃ〜!八つ墓のた〜た〜り〜じゃ〜」とのナレーションと共に蝋燭を2本鉢巻で巻いた男が遠くから走ってくる、あの有名な八つ墓村ムービーのコマーシャルを!あの宣伝がテレビで流れると、僕はいつも目をつぶっていた。 (大魔人)[投票(1)]
★3洞窟や地下がある横溝正史が好きです。この映画でデートに誘ったら一発でふられた(♀_♀) (アルシュ)[投票(1)]
★2「物的証拠は?」と問われて、「いやそれよりも重要なことがあるんです」って・・・金田一さんの立場は探偵というより、『妖怪ハンター』(by諸星大二郎)に近い。正直言って、影丸穣也による劇画のほうが面白い。 [review] (ジョー・チップ)[投票(5)]
★270年代に於ける現在形の日常から戦国時代の因襲引きずる閉ざされた村の非日常へと、そのコントラストを際立たせる為のショーケン起用であり又スプラッターな殺戮描写だったのだろうが…巧くない。洞窟探しばかりして気力を使い切ったのだろう。 (けにろん)[投票(5)]
★2因縁話はバックボーンにとどめて欲しかった。日本屈指の冒険譚が単なるオカルトに。もったいない。 (hiroshi1)[投票(3)]
★2見処は中野良子の麗しい割烹着姿、大滝秀治花沢徳衛の味わい及び岡本茉莉が寄り目で呟く「祟りよ!」 [review] (寒山)[投票(2)]
★0思い出すのは……ドリフバージョン(?)の志村けん。 (かける)[投票]
Ratings
5点18人******
4点63人*********************
3点161人*****************************************************..
2点46人***************.
1点2人..
290人平均 ★3.2(* = 3)

[この映画が好きな人]

POV
日本実録犯罪映画 (町田)[投票(22)]寅屋の人々の真実 (けにろん)[投票(16)]
読んでから見るか、見てから読むか。 (シーチキン)[投票(14)]人生ゲーム映画版 (はしぼそがらす)[投票(13)]
映画で日本の旅をする (TOBBY)[投票(11)]邦人作家ミステリー作品! (TOBBY)[投票(9)]
物語の迷宮に迷い込んだら・・・ (ことは)[投票(7)]江戸川乱歩VS横溝正史 (町田)[投票(5)]
まゆ子様の傑作選♪ (ガブリエルアン・カットグラ)[投票(4)]我がびびりズム (はしぼそがらす)[投票(2)]
この本も一緒に読んでみて! (にゃんこ)[投票(1)]役者(演技)が素晴らしい (TOBBY)[投票(1)]
いったい、真犯人は……?(ネタバレ注意) (STF)[投票(1)]ニッポンの探偵サン (WaitDestiny)[投票(1)]
Links
検索「八つ墓村」[Google|Yahoo!(J)|goo]