コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ある日どこかで (1980/)

Somewhere in Time

[SciFi/Romance/Drama/Fantasy]
製作スティーブン・ドイッチ
監督ヤノット・シュワルツ
脚本リチャード・マシスン
原作リチャード・マシスン
撮影イシドール・マンコフスキー
音楽ジョン・バリー
出演クリストファー・リーヴ / ジェーン・シーモア / テレサ・ライト / スーザン・フレンチ / クリストファー・プラマー / ビル・アーウィン / ジョージ・ヴォスコヴェック / ジョン・アルビン / エドラ・ゲイル
あらすじ脚本家デビューを飾ったその日、見知らぬ老女から意味ありげな 「帰ってきて」という言葉とともに時計を渡された主人公リチャード・コリアー。その8年後、彼はたまたま訪れたホテルで見た古い肖像画の女優、エリーズ・マッケナに恋をする。彼女の人生をたどるうちに、その肖像画は以前会った老女の若き日の姿であることを知るリチャード。彼は「時の流れを越えて」というタイムトラベルについての本を著したジャック・フィニー教授を訪ね、その教えに従いタイムトラベルに挑む…。宿命的な恋を描いた103分の切ないファンタジー。この映画の舞台となったホテルには映画を記念した碑もあるそうで、米国を中心に「ある日どこかで」ファンのための団体もあるとのこと。 (tredair)[投票(5)]
Comments
全49 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5天女の羽衣のように、掴んだと思ったその手をすり抜ける。なのにその感触は決して拭い去れない。 (movableinferno)[投票(3)]
★5ちっちゃな映画館でこの映画を見たとき、宝物を見つけた気になった。話は陳腐で、設定も笑っちゃうかもしれない。でもこれほど純粋な恋愛映画を見たことが無かった。スーパーマンは見たことが無かったけど、クリストファー・リーブが好きになった映画です。 (nob)[投票(2)]
★5思い出は美しすぎて(映画的にも個人的にも) [review] (ペペロンチーノ)[投票(2)]
★5本当はSFってセンチメンタルなんだよ。ってことを教えてくれる作品。 (ごじごじ2001)[投票(1)]
★5タイムトラベルの概念が、他のSF映画と違っていて面白いです。 (kawa)[投票(1)]
★5ファンには堪らないジャック・フィニー讃歌。登場人物にJ・フィニーって人がいるのが「そのまんま」で笑った。 (cinecine団)[投票(1)]
★4原作との違いはかなりあるけれど、その雰囲気やせつなさは変わらない。切なさと哀しさは原作以上の出来栄えかも。物凄く純粋で哀しいラブストーリー。 [review] (marina)[投票(7)]
★4うっ。切ない。不覚にも涙腺が・・・。 [review] (mimiうさぎ)[投票(4)]
★4この映画を撮るために生まれてきた男、ヤノット・シュワルツ。『燃える昆虫軍団』の次がこの作品、というのがすごい。 (ジョー・チップ)[投票(4)]
★4たった数日のことが一生涯になる、そんな人生が、人の世にはある。これは20歳までに見る映画だろう。細かい処理の不手際は多々あるが、二人の純粋な愛、そんなシーンだけがいつまでも心に残る作品。 (KEI)[投票(1)]
★4クリストファー・リーブが地球の周りをグルグル回って時間を戻すのかと思った。あ、映画が違うか。 (地球発)[投票(1)]
★4SF ドラマの逸品。陳腐な演出もあるが、最後は切なさで胸がいっぱいに。 (わさび)[投票]
★4きっと誰しもが、ひとつやふたつは抱えていそうな、心の中に存在する “美しい風景” を映画にしたような作品。 始まって3分でもうすでに・・・ という仕掛けもお見事。 [review] (ありたかずひろ)[投票]
★3恋の信憑性に不安を抱く余りただひたすらポートレートに尺を割き続ける強迫観念も、合理性を放棄した時間の楽観的な跳躍も、時への不信の裏返しである。 (disjunctive)[投票(2)]
★3綺麗綺麗な美男美女が綺麗綺麗な衣装を着けて、綺麗綺麗なメロドラマを真剣に演じる。でも、SF。なんだか、これを見ていると、 [review] (ボイス母)[投票(2)]
★3タイムスリップ物だけど、むしろ薔薇の刺繍が似合う、ロマンス小説のような味わい。ともすればベタベタなメロドラマだけど、知性豊かなリーブが上品さを添えてます。 [review] (mize)[投票(2)]
★3SFでもファンタジーでもロマンスでもなく、私にはホラーですね。処女(?)の一念「時」をも通す。ポートレートのジェーン・シーモア、綺麗ですね。でも、怖いですね、あの微笑み。写真に写った想い(呪い)の深さは『シャイニング』のJ・ニコルソンと同根ですね。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3やはりタイムスリップ物ならもうちょっと繊細な演出を心がけてほしい。観客の感情を揺さぶるにはまだ演出の強度が不足していると思う。むしろ驚いたのはラストの展開。 [review] (赤い戦車)[投票(1)]
★3メロメロのようで実は少しメタメタだったりもするのだが、そのメタメタな箇所にまるで天使が舞い降りたかのような優しさ。でも響いてくるのは"愛"よりも"哀"という、ある意味奇蹟の愛惜物語。 [review] (tacsas)[投票(1)]
★3「地味なラブストーリーにお金は出せない」との映画会社の意向で低予算だったが、脚本の魅力にクリストファー・リーヴ が参加し、ジェーン・シーモアは知人だったジョン・バリー(007シリーズの音楽)を連れてきて、のちにヒットした映画。ラストはモヤモヤしなくもないが、DVDのメイキングと一緒に観ると結構面白かった。 (モフモフ)[投票]
★2[ネタバレ?(Y8:N1)] 現代に戻ってから面白くなりそうなのに一瞬で終了。 (ドド)[投票]
★2いい感じで面白い設定なんだけど、メロメロ度が少し高すぎる。出ている俳優さんは嫌いじゃないが、心に迫るところもなかった。 [review] (kinop)[投票]
★1何なんでしょうか、これは。平凡なハーレクインロマンスのテレビドラマって感じ。映画じゃないよ。 (入江たか男)[投票]
Ratings
5点33人*********************************
4点40人****************************************
3点35人***********************************
2点6人******
1点1人*
115人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
映画で聴くクラシック (モモ★ラッチ)[投票(27)]−海外SF小説の映画化作品− (kawa)[投票(18)]
タイム・パラドックス (verbal)[投票(12)]あなた、本当は誰なの!? (mize)[投票(12)]
いいかこれがSFというものだ。 (死ぬまでシネマ)[投票(9)]ある何か ()[投票(3)]
自分が浸れる… (kaoritot)[投票]人のすすめ (映太郎)[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「ある日どこかで」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Somewhere in Time」[Google|Yahoo!]