コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ダイナマイトどんどん (1978/)

[Comedy/Action/Crime]
製作総指揮徳間康快
製作俊藤浩滋 / 武田敦
監督岡本喜八
脚本井手雅人 / 古田求
原作火野葦平
撮影村井博
美術竹中和雄
音楽佐藤勝
出演菅原文太 / 北大路欣也 / 宮下順子 / フランキー堺 / 中谷一郎 / 小島秀哉 / 岸田森 / 田中邦衛 / 桜町弘子 / 伊佐山ひろ子 / 石橋正次 / 福崎和宏 / ケーシー高峰 / 志賀勝 / 二瓶正也 / 長谷川弘 / 草野大悟 / 誠直也 / 大木正司 / 大前均 / 岡本麗 / 丹古母鬼馬二 / 藤岡琢也 / 金子信雄 / 嵐寛寿郎
あらすじ昭和25年、北九州小倉。抗争に明け暮れる岡源組と橋伝組にごうを煮やした占領軍は、地元の警察署長(藤岡琢也)に命じてヤクザ達に筑豊侠遊会を結成させ野球大会で民主的に決着をつけさせようと考えた。この期に乗じて勢力拡大を狙う橋伝組の組長(金子信雄)は、若頭花巻(岸田森)を使ってプロ崩れの作造(田中邦衛)ら野球に心得のある渡世人を集めてまわる。一方、岡源(嵐寛寿郎)も岡源ダイナマイツを結成。しかし肝心の切り込み隊長加助(菅原文太)は「棒振りなんかできねー」と言い出し、他のメンバーも練習そっちのけで博打に興じるしまつ。岡本喜八の任侠野球喜劇。(143分/カラー/ビスタ) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全29 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5文太、北大路、宮下さん、田中邦衛、岸田森、金子信雄にアラカン親分に、愛しのフランキー。みんな大好きだし、みんな面白い。そして切ない。 (町田)[投票(3)]
★5思えばここまで緩急の使い分けが自在な邦画監督ってなかなかいない。怒鳴って脅してつぶやいて男泣き。発想が面白い上に見事にはまった展開。出演人すべてがこの映画を盛り上げている。『日本のいちばん長い日』とならぶこの監督の傑作。遠くでアタフタしている岸田森が良くてさあ。 (tkcrows)[投票(3)]
★5任侠なので、バットにドスを仕込んだりするところがおかしい。大親分(嵐寛寿郎)がヨイヨイで、時々「にんきょぉぉ〜!!」と叫んだりするのがよかった。アル中投手・田中邦衛の変なフォームも見もの。 (worianne)[投票(3)]
★5岡源組も橋伝組も粋だねぇ〜。同じ戦いでも爽快な気分で応援できます。魂のぶつけ合いがカッコ良い!口ばかりの滑稽な姿もご愛敬に堪能。男って、こんな魅力が女を惹き付けるのかも・・・。奇妙な暗黒社会に明るい兆しを授けた様な人情劇でした。 (かっきー)[投票(1)]
★4まったくもってド本気の喜劇。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(5)]
★4ピッチャーの投球フォームというのは、野球劇画に魅力を生み出す上でもっとも重要なファクターであるのは間違いない。その点で、この映画の邦衛、北大路は素晴らしかった。カッコイイ、そしておもしろい。 (緑雨)[投票(4)]
★4内容も出演者も、東映の実録任侠物を喜劇に焼き直したような作品だが、大映製作、東映配給ってのがミソ。ガラの悪いコワモテな男たちの喜劇ほど面白い物は無いし、役者もそれだけ上手いという事。そのまま『仁義なき戦い』になりそうなキャスティングの中、フランキー堺が絶妙なスパイスになっている。宮下順子がヒロインってのが、時代を感じる。['08.2.16ラピュタ阿佐ヶ谷] (直人)[投票(3)]
★4「野球できるなら死んでもええ!」の叫びに、フランキー堺が「くぅ〜ッ」て顔するところがツボ。 [review] (はしぼそがらす)[投票(2)]
★4前半の仁侠映画パロは全然手を抜いておらず結構笑えるのだが、少々詰め込みすぎでかったるい。しかし迎えたクライマックス、菅原文太北大路欣也との数度の切り返しに血が滾り、藤岡琢也が「徹底的にやれ!」と宣言するに到って爆発的な盛り上がりをみせる。現実でも映画でもこんなおもろい野球の試合は観たことが無い。 (赤い戦車)[投票(1)]
★4発想や展開の面白さも然ることながら、脇役陣の層の厚さに目を見張る。そしてその多彩な出演者が、各々の役を各々の色で演じている。何だか野球チームみたいだな。 [review] (Myurakz)[投票(1)]
★4「何でもかんでも話し合いだの平等だの、ゴタゴタ言ってんじゃねえよ。やることやらずに甘ったれんな。民主主義だって言えばコトが済むと思うなよ!」と言いたくなることがままあるのは、俺だけではないようだ。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4(「仁義なき闘い」のパロディ+柔らかめの「アストロ球団」)÷2…しかし何と言っても金子信夫のキャラが立っている。そしてラストも安易にはヒロイズムで終わっていない、やはり喜八監督特有の戦争の影がある。 (タモリ)[投票(1)]
★4これは、はまる人間にははまります。特に、ユニホームの背番号に注目!はっきりいってばかです(笑)。 (大魔人)[投票(1)]
★4きっちり笑わせてくれるところが男気。これも「戦後」の映画。 (さいもん)[投票(1)]
★3終戦直後の焼跡にピンクのスーツの岸田森。それだけで満足。 (cinecine団)[投票(4)]
★3明らかに深作演出を意識した前半がパロディだと言うなら汁がしたたる位の本気が欲しい。設定が甘すぎ。東映実録常連組と岡本組とのコラボも食い足りなく岸田にもう1枚天本が欲しいところ。辛うじての終盤の狂騒がなければ救われない出来だった。 (けにろん)[投票(3)]
★3「かつての野球少年達は、戦争という青春と時間の断絶を経て、ヤクザに成り果てた。彼等は、体が大きいだけの子供に過ぎない」というさりげないウェットさが隠されていて、はしゃげばはしゃぐほど笑えて切ない・・・はずなのに、どうにも眠い。一本調子で笑いの彫琢が浅く、エモーションを掻き立てる楔がない。たいへん惜しい。『ジャズ大名』の達成とは雲泥の差。キャラは愛せる。 (DSCH)[投票(2)]
★3加速する1リーグ制への議論の中で、今こそ「任侠道」が必要なのだ。 [review] (sawa:38)[投票(1)]
★3金子信雄がやっぱり腹黒い。 (ゆーこ and One thing)[投票]
★3やくざの抗争を野球で決着する、という、設定からしておかしい映画。「どん!どん!」のかけ声で揺れる画面に大爆笑。 (しど)[投票]
★2喜八さんには、独特の演出法があるようなのですが、どうしても結果としての演技と話のリズム・テンポがあってない気がします。世代的な差だけでしょうか? (Carol Anne)[投票(1)]
Ratings
5点10人**********
4点24人************************
3点18人******************
2点1人*
1点0人
53人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
第二次世界大戦と映画 アジア編 (町田)[投票(14)]泣けるコメディの定番 〜ミスマッチ映画特集〜 (町田)[投票(4)]
私は宮下順子のファンである (ぽんしゅう)[投票(4)]ブルーリボン賞助演女優賞 受賞者一覧 (寒山)[投票(2)]
戦後日本社会 (さいもん)[投票(2)]文太の「せ・な・か」! (worianne)[投票(2)]
たのむからもう笑わさないでくれ (ALPACA)[投票(2)]
Links
検索「ダイナマイトどんどん」[Google|Yahoo!(J)|goo]