コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

妖星ゴラス (1962/)

[SciFi]
製作田中友幸
監督本多猪四郎
脚本木村武
原案丘見丈二郎
撮影小泉一 / 有川貞昌
美術北猛夫 / 安倍輝明
音楽石井歓
特撮円谷英二 / 有川貞昌
出演池部良 / 白川由美 / 久保明 / 水野久美 / 志村喬 / 上原謙 / 平田昭彦 / 河津清三郎 / 佐々木孝丸 / 西村晃 / 小沢栄太郎 / 二瓶正也 / 佐原健二 / 太刀川寛 / 田崎潤 / 桐野洋雄 / 天本英世 / 堺左千夫
あらすじ日本の宇宙艇・隼号は「ゴラス」と命名された謎の星に遭遇し消息を絶つが、最後に送られた観測データからゴラスが地球に衝突する軌道を取っていることが判明。ゴラスの大きさは地球の4分の3だが重力は6000倍、例え誤差の範囲内でも間違いなく地球は滅亡してしまう。他の星を吸収して巨大化するゴラスを破壊する術は無い。この非常事態を回避するため、国連は日本の科学者・田沢(池部良)が提案した、地球そのものに推進装置を付け移動させるという「南極計画」を実行に移した。果たして地球は救われるのか? [more] (荒馬大介)[投票(2)]
Comments
全36 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5科学的リアリズム担当=円谷英二、日常的リアリズム=本多猪四郎。その両者が合致した和製SF映画の傑作。<追記>怪獣マグマの存在意義について→ [review] (荒馬大介)[投票(13)]
★5ひとりひとりは小さな存在でも、人間には奇跡を起こす力と無限の可能性があるんだと信じさせてくれる映画、オレに勇気を与えてくれる映画。 [review] (ペンクロフ)[投票(10)]
★5そろそろ、「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」に取り上げられてもおかしくないお話だとおもいます。 [review] (プラスネジ)[投票(9)]
★4正直、『アルマゲドン』のクルーになるのは願い下げだが、南極計画で働く人間にはなりたいと思う。本当にやりがいがありそうだ。 [review] (甘崎庵)[投票(10)]
★4大胆な大嘘が痛快!そして個人的に気に入っている、私の中の名台詞。 [review] (空イグアナ)[投票(7)]
★4核で解決しようとするアメリカの数々の隕石襲来映画はアグレッシブ・銃社会の象徴。対して自ら回避しようという南極計画は専守防衛に徹する日本らしい。 [review] (アルシュ)[投票(4)]
★4一番のツメの甘さは20年後の予想が大甘だって事だ。 [review] (ピロちゃんきゅ〜)[投票(3)]
★4「ウソつけぇ!」と口をとんがらかせつつ、心中では喝采を送ってしまうオットコ前な問題解決の仕方。これだけ豪快なら文句はありません。 (水那岐)[投票(3)]
★4このイマジネーションの豊かさには、『アルマゲドン』と『ディープ・インパクト』が束になってもかなわないのだよ。 (茅ヶ崎まゆ子)[投票(1)]
★4「おいら宇宙のパイロット」がとても勇ましい。国が成長し続けていた時期の作品だけに荒唐無稽な策であろうがパワーで押し切っていて全く迷いがない。今のような世相下では絶対に作れない。 (タモリ)[投票(1)]
★4こんな無邪気な映画、もはや誰にも作れない(=金を出さない)だろうね・・。アナログなSFXは、粗挽きで野性味溢れる仕上がり。かえってCGよりも迫力と真実味を発している瞬間がある。 ()[投票(1)]
★4アルマゲドン』見たときに、これ思い出しました!。逃げるか排除するか。僕はやっぱり日本人。 (ヒエロ)[投票(1)]
★3つまり、これはSF(すこし・ふしぎ)大好きっ子にとっての「ハンバーグカレー」なんですよ。 [review] (movableinferno)[投票(5)]
★3こいつらより「プロジェクトX」の人々の方が6000倍は苦労している(すいません、プラスネジさんのコメントをパクリました) [review] (ペペロンチーノ)[投票(5)]
★3見たかったのはマグマのMがマグニチュードに変わる瞬間。つまり嘘、大袈裟、紛らわしいものが真実、とてつもない、価値あるものとして輝くことであって。この映画からは最後までそのトキメキを感じることは出来ませんでした。 [review] (たかやまひろふみ)[投票(4)]
★3バカげた話。だけど実はそんな「バカげた課題を真剣にやり遂げる」話ほど、人って感動しちゃうんですよね。だからどうせバカげた課題ならむしろバカげているほどいい。それを心に訴えかける利点としてちゃんと活かしているのが気持ちいいです。 [review] (Myurakz)[投票(3)]
★3アルマゲドン』が下品なカウボーイの映画なら、これは日本発の上品な平和的解決方法だろう。ガンバレ!ニッポン! (sawa:38)[投票(3)]
★3科学的裏づけが甘く安直に感じる。(2004/10) [review] (秦野さくら)[投票(2)]
★3「次は北極だ!」と簡単におっしゃいますが、どういう建設プランか具体的に言ってみい! (ジョー・チップ)[投票(2)]
★2世界各国手を合わせ、人間一人一人も手を合わせ、問題に一丸となる。理想だ。だが今現在本作を観ると(初見だが)、あまりにもフラットで恐れを知らない人物描写に違和感を受ける。本作は地球という物質の危機を見せているだけで、人類の危機はこれっぽっちも見せてない。終末SFを期待した俺には甘々。 (クワドラAS)[投票(1)]
★2特撮はがんばったにしろ、あの巨大オットセイはなし。今現在、日本があれほど世界に貢献できるかは疑問だ。 (kirin)[投票]
★1「意味」の存在しない映画。 [review] (ina)[投票(10)]
Ratings
5点10人**********
4点28人****************************
3点24人************************
2点5人*****
1点2人**
69人平均 ★3.6(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
特撮バカ一代 (荒馬大介)[投票(16)]追悼−怪優・天本英世 (荒馬大介)[投票(15)]
総理大臣を演じた俳優たち (TOMIMORI)[投票(12)]−終末を描いたSF映画− (kawa)[投票(12)]
ゴッドファーザーってタイヘン・・・「素敵な名前」特集♪ (ガブリエルアン・カットグラ)[投票(7)]地球危うし! (茅ヶ崎まゆ子)[投票(2)]
無意味を承知の上で感動を数値化(Peak値) (YO--CHAN)[投票]Science Fiction と Space Fantasy の狭間で (死ぬまでシネマ)[投票]
Links
検索「妖星ゴラス」[Google|Yahoo!(J)|goo]