コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

拳精 (1978/香港)

Quan jing
Spiritual Kung Fu

[Action/Fantasy]
製作総指揮ウィリー・チャン
製作ジェームズ・ショウ
監督ロー・ウェイ
脚本ミン・チュン
撮影イェン・ルン
音楽チョン・パク
出演ジャッキー・チェン / ジェームズ・ティエン / ディーン・セキ
あらすじ少林寺に盗賊が入り、門外不出の必殺拳「七死拳」の極意書が盗まれてしまった。寺男のイーロン(ジャッキー・チェン)はそんな中でも、悪戯を繰り返し、過酷なお仕置きを受ける毎日。ある日、少林寺に隕石が落ち、無くなったはずの極意「五獣拳」の龍・蛇・虎・鶴・豹の精達が現れる。イーロンは彼等から「五獣拳」を学ぶことになった。時が経ったある日、少林寺に「七死拳」を操る若者ルーツァオ(ジェームズ・ティエン)が少林寺に現われる。 (東京シャタデーナイト)[投票]
Comments
全15 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5私の中でジャッキー・チェン ナンバーワン映画。小学生の時テレビでみて心がウキウキしたのを今でも強烈に覚えてる。今でも主題歌?のチャイナガール?(曲名がうろ覚えです)がテレビで使われると、はっとします。 (ピンパ)[投票]
★5この妖精百科事典に載ってたよ。握りつぶしたくなる衝動に駆られます。笑った顔が寒気を襲います。 (ジョン・デ・ベソ)[投票]
★4ロー・ウェイのやっつけ仕事のためにジャッキー自身は気に入っていない映画ですが、子供だったオレをワクワクさせる魅力は充分に持っている映画でした。 [review] (ペンクロフ)[投票(1)]
★4根底にあるのはシリアスなストーリーかもしれないが、それを覆す妖精のコミカルな存在。ラストバトルはそうとう笑わせてもらったが、これも香港映画の商業面の配慮なのか、国民性なのか。 (CRIMSON)[投票]
★4精霊が登場するファンタジックでコミカルな展開が楽しい。五獣拳の精は変やけど、ジャッキー・チェンの五獣拳はカッコ良いよ! (わさび)[投票]
★4ジャッキー自身は気に入ってないようだけど、バカバカしくて楽しめる。 (takamari)[投票]
★4映画のできはともかく、実はこの頃のジャッキーでは一番好きだったりして。 (HAL9000)[投票]
★4「館長が見てるからダメだ」と羅漢の坊主。渋顔で気の抜けたセリフを吐きなさる…好きだぜぃ。 (d999)[投票]
★4少林寺ものなのにファンタジーな設定がいい。「五獣拳の精」の姿が、山海塾みたいな白塗り、真っ赤な髪だったのがおかしかったなあ。 (STF)[投票]
★3中国では妖精のイメージはあんな感じなんでしょうか?ヤーンヤヤンヤヤヤヤヤヤンヤン。 (大魔人)[投票]
★3しょぼい特撮?夢にまで出てくる妖精たち。 (Smoking Clean)[投票]
★3妖精に五獣拳を教わるのがファンタジック。子供の頃はかなりお気に入りの映画でした。 (ぢるぢるちゃん)[投票]
★2なんというか… [review] (Liz)[投票]
★2このお約束的道化ギャグを素直に甘受できるか否かはまあ別にして、肝心の活劇としての魅力に限ってみると、ジャッキーのアクションはひたすら武術としての個人技として定点に留まり続け、映画としての躍動はどこにも見られず、ついには睡魔との格闘に至る。 (ぽんしゅう)[投票]
★1えらく長い映画に感じました。 (Tony-x)[投票]
Ratings
5点4人****
4点14人**************
3点18人******************
2点8人********
1点2人**
46人平均 ★3.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
剣は無情、人は多情 (にくじゃが)[投票(5)]ジャッキー・チェン[投票]
鉄拳トーナメント・エントリー (ぢるぢるちゃん)[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「拳精」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Spiritual Kung Fu」[Google|Yahoo!]