コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

どら平太 (2000/)

[Drama]
製作総指揮中村雅哉
製作西岡善信
監督市川崑
脚本黒澤明 / 木下惠介 / 市川崑 / 小林正樹
原作山本周五郎
撮影五十畑幸勇
美術西岡善信
音楽谷川賢作
出演役所広司 / 浅野ゆう子 / 宇崎竜童 / 片岡鶴太郎 / 石倉三郎 / 石橋蓮司 / うじきつよし / 尾藤イサオ / 大滝秀治 / 神山繁 / 加藤武 / 三谷昇 / 津嘉山正種 / 岸田今日子 / 江戸家猫八 / 菅原文太
あらすじ或る小藩の町奉行所。書役の中井勝之助(うじきつよし)と市川六左衛門(尾藤イサオ)は記録する。「新任の町奉行望月小平太殿、いまだ出仕なし」江戸での悪評が広まり早くも「どら平太」と呼ばれていたが、待ちわびる人々を尻目に小平太(役所広司)は、とっくに藩の吹き溜まり地区「壕外(ほりそと)」に潜入し勝手に捜査を開始していた。密輸・売春・賭博が横行する壕外が大河岸の灘八(菅原文太)・巴の太十(石倉三郎)・継町の才兵衛(石橋蓮司)の3人に牛耳られていることが判る。さてどら平太、こいつらをどう料理してやるか? そこへ江戸からはるばる小平太を追い駆けてきた芸者こせい(浅野ゆう子)が現れて・・・。 [more] (死ぬまでシネマ)[投票]
Comments
全58 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5巧い巧い巧い。30年前の脚本なのに、現代政治腐敗そのものを巧みに描写している。巧い! [review] (chokobo)[投票(1)]
★4うん(^^)おもしろかった。 痛快!愉快!!豪快!!! [review] (fufu)[投票(2)]
★4共同脚本の黒澤らしさも出たヒューマンな一作。だが黒澤が撮っていれば、もっと暖かくも泥臭いものになっていたように思う。市川崑はあくまでクール、都会的にこのシナリオを料理した。役所広司の抜擢も含め、間違いはなかったことと信ずる。 (水那岐)[投票(1)]
★41960年代末の「四騎の会」共同脚本による痛快娯楽時代劇。だが、黒澤明の死去によって、やっと日の目を見て映画化されるとはいかにも皮肉で、今の日本映画界の問題点をある意味では体現しているような映画。 [review] (シーチキン)[投票(1)]
★4「傑作選」より:どこか『椿三十郎』の匂いが…と思っていたら、四騎の会所縁の作品と聞き納得。出演陣が皆なんともいい味を出しており、単純に痛快時代劇…と括れない、ちょっとズレてるとぼけた感じがスキ。これで石坂浩二あたりが主役だったらなぁ^^; (ガブリエルアン・カットグラ)[投票]
★4市川アクションに江戸時代の豊かな香り。これはたまらない。役所広司に粋な演出をつけている。侍物が見られる日本人に生まれて良かった。配役が上手いから脇役もきちんと生きてる。 (----)[投票]
★3役所広司阪東妻三郎を期待するのは無理だとしても、この主人公には威厳が無さすぎる。[Video] [review] (Yasu)[投票(2)]
★3「さら(リーマン)平太」 [review] (ハイタカ)[投票(2)]
★3楽しめました。・・・ただし、複数の照明によるいくつもの影が伸びる画は興ざめする。粗探ししたくはないが、一瞬にして現実に引き戻される「時代劇」は失格だ。 [review] (sawa:38)[投票(1)]
★3近年稀に見る痛快時代劇。平太に息吹を与えた役所の確かな演技力は★4つあげたいけど浅野ゆう子宇崎竜堂が危険なので★3つ。さすがに剣捌きのシーンは見事。でも物語はもっとドラマチックでも良かった気が。『かあちゃん』の方が好き。 (TOBBY)[投票(1)]
★3浅野ゆう子が悪いわけじゃないけど、もっと若い女優さんの役どころでないかい? 岸田今日子の壺振りも、本来なら草笛光子あたりが適役なんだけどなー。 (木魚のおと)[投票(1)]
★3市川崑は画は作れるが芝居は作れない。役所広司だけで、あとはバラバラ。 [review] (ぐるぐる)[投票]
★3巨匠が4人揃って、こんな平和で毒のない作品が出来上がるなんて…。 (パグのしっぽ)[投票]
★3痛快な筋書きでなかなかの出来だったが、市川昆(+谷川賢作)の演出が暗くていけない。どうせなら岡本喜八監督に撮ってもらいたかった。★3・5 (FreeSize)[投票]
★320世紀の末に30年前の脚本で撮ったにしては最良の出来か? でもいまいち何かが足りない。 (熱田海之)[投票]
★3軽やかに痛快に見せてはくれているが、どう観てもどら平太に解説させ過ぎ。名探偵コナンかい! (chilidog)[投票]
★2「どら平太」って・・・・『怪傑ズバット』?その理由=(人差し指を顔の前で振りながら)「チッチッチ!宇宙一、茶碗割りが上手い男はアンタじゃねえよお」「げげっ!?ソレは誰でいっ!?」 [review] (ボイス母)[投票(6)]
★2金たくさん持ってて将軍様のご意向振りかざして、剣の威力も絶大。 ・・・・・っつ〜かもうアホ臭くて下らない。 [review] (あき♪)[投票(4)]
★2脚本がヌル過ぎる。昔の人だってこんな甘い本は書かないよ。 [review] (ざいあす)[投票(3)]
★2誰かが折れて合わせないと共同作業は無理なのに、「俺が…」のおっさんばかり4人集まって良い脚本が出来る訳が無い。しかも黒澤小林が本来撮るべきだったものを柄じゃなく、しかも衰えた市川崑が撮って案の定の出来。 (けにろん)[投票(2)]
★2この脚本は「四騎の会」の象徴として成されたものであって、映画化などするために書かれたものではなかったのだろう。でなければ、内容のひどさの説明がつかない。人から請われてか、自ら進んでか、それを一所懸命撮ってしまう市川崑て本当に人がいい。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
Ratings
5点4人**
4点34人*****************
3点70人***********************************
2点32人****************
1点1人.
141人平均 ★3.1(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
読んでから見るか、見てから読むか。 (シーチキン)[投票(14)]ジャパネスクin5大国際映画祭 (けにろん)[投票(11)]
次点の歴史 日本映画篇 (ナム太郎)[投票(7)]女性にも見てほしい男達の映画 (kinop)[投票(4)]
山本周五郎 (町田)[投票(1)]エンタテイメント観が素晴らしい (TOBBY)[投票]
お気に入り (fufu)[投票]
Links
検索「どら平太」[Google|Yahoo!(J)|goo]