コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

今日限りの命 (1933/)

Today We Live

[Drama/Romance/War]
製作ハワード・ホークス
監督ハワード・ホークス
脚本イーディス・フィッツジェラルド / ドワイト・テイラー
原作ウィリアム・フォークナー
撮影オリヴァー・T・マーシュ
出演ジョーン・クロフォード / ゲイリー・クーパー / フランチョット・トーン / ロバート・ヤング / ロスコー・カーンズ
あらすじ1916年大戦中のイギリス。アメリカからボガード(ゲーリー・クーパー)が家を借りる為にやって来た。紹介された物件へ訪れたボガードはそこで戦死した父の訃報を受けたばかりのダイアナ(ジョーン・クロフォード)と出会う。 その後、戦地へと向かう前にダイアナに一目会おうと弟のロニー(フランチェット・トーン)と隣家で幼なじみのクロード(ロバート・ヤング)が訪れクロードはダイアナに求婚、ダイアナはそれを受け入れる。ところが幾日か過ぎるとボガードとダイアナは互いに魅かれあい愛し合うように。ダイアナはそんな自分から逃れる為にクロード達兵士が駐屯する近くへ移住する。そこでダイアナは再び訃報を受けることに・・・(モノクロ/113分) ...[more] (TO−Y)[投票]
Comments
全5 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4前半は退屈。ロバート・ヤングの存在感がじわじわふくらみ出す中盤から突如面白くなる。 (黒魔羅)[投票(2)]
★4ジョーン・クロフォードをめぐる3人の男の映画。彼女の兄がフランチョット・トーン。トーンの友人にロバート・ヤング。映画の冒頭で、ヤングはクロフォードに求婚する。そこにゲイリー・クーパーが登場し、三角関係を形成する。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
★4ロバート・ヤングの突然の老成、ジョーン・クロフォードの胸を打つ倫理観。確かにこれはフォークナーの世界だ。 [review] (寒山)[投票(1)]
★4この映画を観る限りホークスは映画創造の原理主義者である。登場人物の行動を世俗的な原理においても宗教的な原理においても我々は(恐らくホークスも)説明することが出来ないにもかかわらず、これ以外はない終着点に向けて映画が粛々と進行する澱みのなさに圧倒される。 (ジェリー)[投票(1)]
★4ゴキブリを楽しそうに捕まえるクロフォードの姿は滅多に見られるもんじゃないですぞ。ヒューズの『地獄の天使』をめちゃくちゃ意識して作ってます。ホークスは海上戦も描くぜ! [review] (TO−Y)[投票]
Ratings
5点0人
4点7人*******
3点3人***
2点0人
1点0人
10人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
ジョーン・クロフォード (わっこ)[投票(1)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「今日限りの命」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Today We Live」[Google|Yahoo!]