コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ローマに散る (1976/)

Cadaveri eccellenti
Illustrious Corpses

[Mystery/Crime/Thriller]
製作アルベルト・グリマルディ
監督フランチェスコ・ロージ
脚本フランチェスコ・ロージ / トニーノ・グエッラ
原作レオナルド・シャーシャ
撮影パスカリーノ・デ・サンティス
音楽ピエロ・ピッチオーニ / アストル・ピアソラ
出演リノ・ヴァンチュラ / ティノ・カラーロ / シャルル・ヴァネル / アラン・キュニー / マックス・フォン・シドー / レナート・サルヴァトーリ / ティナ・オーモン / マルセル・ボズフィ
あらすじローマ近郊で大物司法官3人が相次いで狙撃されされる事件が勃発。ローマ警察のロガス警部(リノ・バンチュラ)が事件担当を命じられる。捜査をすすめるうちに、妻殺しの冤罪事件の容疑者が浮かぶが、一方で更に2人の被害者が出た。被害者は5人とも冤罪事件の陪審判事であった。しかし、糸口を掴み懸けたかに見えた矢先、ロガスはローマに呼び戻され担当から外されてしまう。しかし、最後にと当時の最高裁長官リケス(マックス・フォン・シドー)宅を訪れた際、裏門から出てくる三軍の高官や警視総監の車を見る。彼は事件を予想とは全く違うものと確信する…。76年カンヌ国際映画祭DDドナテロ賞受賞のロージ監督第12作。 (けにろん)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ロージーを忘れないで。コッポラでは描けないイタリアの人とイタリア世界の成り立ち。 (ALPACA)[投票(1)]
★5これは秀作。人がどんどん死ぬんだけどマフィアの怖さより、社会現象というか文明批判にまで達している。勿論構図、映像も秀逸。ロージーではベストに近い。 (セント)[投票]
★4』をクタールの映画だと言うのと等質に、これはサンティスの映画だと言ってもいい。それ位の撮影の濃度がある。元最高裁長官宅での軍警察の介入目撃は、蛙の穴を掘ってたらデカい蛇が出たとも言うべきエキサイティングな映画的興奮に充ちている。 (けにろん)[投票(1)]
Ratings
5点2人**
4点2人**
3点1人*
2点0人
1点0人
5人平均 ★4.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
なぜかビデオ/DVD化されてない観たい作品 (AONI)[投票(4)]愛してしまってスみマセン (ALPACA)[投票(4)]
〜真夜中のタンゴ〜 映画とピアソラ (町田)[投票(3)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「ローマに散る」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Illustrious Corpses」[Google|Yahoo!]