コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

連合艦隊 (1981/)

The Grand Fleet

[War/Drama]
製作田中友幸
監督松林宗恵
脚本須崎勝弥
撮影加藤雄大
美術阿久根巌
音楽服部克久
特撮中野昭慶
出演小林桂樹 / 丹波哲郎 / 鶴田浩二 / 高橋幸治 / 森繁久彌 / 財津一郎 / 中井貴一 / 永島敏行 / 金田賢一 / 丹波義隆 / 奈良岡朋子 / 古手川祐子 / 松尾嘉代 / なべおさみ / 長門裕之 / 金子信雄 / 橋本功 / 近藤宏 / 伊吹徹 / 長谷川弘 / 中山昭二 / 加地健太郎 / 平田昭彦 / 佐藤允 / 神山繁 / 佐藤慶 / 田崎潤 / 安部徹 / 中谷一郎 / 藤岡琢也 / 藤田進 / 小沢栄太郎 / 三橋達也
あらすじ海洋国家「日本」、その守護神たる「連合艦隊」の興亡と時代の波に翻弄される家族を描く。海軍中尉本郷英一(永島敏行)は空母瑞鶴の搭乗員として闘いの最前線に身を投じ、学生である弟真二(金田賢一)に対し、後の世の「日本」を託す。が、その真二もまた召集され空母瑞鶴へ配属されてくる。また戦艦大和の乗組員である小田切(財津一郎)は息子の正人(中井貴一)の兵学校卒業に目を細めるも、その配属先に狼狽する。やがて戦局は悲劇のレイテ作戦を経て、大和の沖縄水上特攻へと向かっていく。生きて還ることの望めないふたつの家族は・・<東宝/145分/カラービスタビジョン> (sawa:38)[投票]
Comments
全12 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4戦争映画に対するコメントとしては不謹慎だが、20メートルの大和に対しての想いを込めたい。 [review] (プラスネジ)[投票(2)]
★4男たちの大和』がプライベート・ライアンならば、こちらはポセイドン・アドベンチャーの趣で、個々人の生存の可否に受け手の興趣を賦活させる手管に優れる。財津&中井親子の長生きネタなどは、論理志向が過ぎてブラックヒューモアに近い。 [review] (disjunctive)[投票(1)]
★4とりあえず気概は知れる。 [review] (tora)[投票]
★3「英霊論」か「犬死に論」かはともかく、我々は皆、後世を託された生き残り組の子孫であるという事実。その運命の分岐点を知る為のきっかけ程度にはなるし、そうしなければならない。 [review] (sawa:38)[投票(2)]
★3人間魚雷回天』や『世界大戦争』の松林らしい節操はここでも生きているが、通史大作の大雑把さはいかんともしがたく、特撮はジオラマとプラモデルにしか見えない。 [review] (寒山拾得)[投票]
★3特撮の神と称される円谷英二は、実は戦艦大和の最後を一度も撮ったことが無い。 [review] (荒馬大介)[投票]
★3観たのが小学校低学年だったこともあるのだろうが、そんなに悪くはなかった。むしろ結構いい出来だったように思う。森繁さんが、やっぱいいね。 (kazya-f)[投票]
★2太平洋戦争全体にわたる連合艦隊の興亡なんて、2時間ちょいで描けるワケないって。「群青」谷村新司はわりとマッチしてたが。 (水那岐)[投票(1)]
★2予算...。 (G31)[投票]
★2撃沈 (高橋慶彦)[投票]
★2汗と油に黒金の船。暑苦しく救いようの無いドラマの清涼剤は,凛々しき新人中井貴一。 [review] (もーちゃん)[投票]
★1巨視的なタイトルの割にはミクロな家族と許嫁との物語に大半をさき、皆冷静に反戦思想を皆持ったりしている。戦時に於いてのファナティックな狂気を描かずしては真の反戦も描けない。一方カタルシスも全くない。使い回しのフィルムも輪をかけて侘びしい。 (けにろん)[投票(1)]
Ratings
5点1人*
4点8人********
3点10人**********
2点11人***********
1点3人***
33人平均 ★2.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
堂々?日本史 (アルシュ)[投票(16)]特撮バカ一代 (荒馬大介)[投票(16)]
第二次世界大戦と映画 アジア編 (町田)[投票(15)]特撮監督・中野昭慶の仕事 (荒馬大介)[投票(4)]
戦争 (tora)[投票]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「連合艦隊」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Grand Fleet」[Google|Yahoo!]