コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ふんどし医者 (1960/)

[Drama]
製作田中友幸
監督稲垣浩
脚本菊島隆三
原作中野実
撮影山田一夫
美術中古智
音楽團伊玖磨
出演森繁久彌 / 原節子 / 山村聰 / 夏木陽介 / 江利チエミ / 志村喬
あらすじ大井川のほとりは島田の町医者、小山慶斎(森繁久彌)は、バクチ好きな妻(原節子)のため、しばしば着物を取られるゆえに「ふんどし医者」と呼ばれている。そんな慶斎の元に、喧嘩で瀕死の重傷を負ったヤクザ崩れの半五郎(夏木陽介)が担ぎ込まれた。大手術の末に助かった半五郎は、慶斎に弟子入りを願い出る。 (Yasu)[投票]
Comments
全6 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4ユーモアに品があり、大らかでありながらどこか威厳さえ漂っている。同じ菊島脚本でも黒澤明では、こんなに軽妙かつ人間臭い庶民性を持った人情話には仕上がらなかっただろう。戦前からの活動屋である娯楽職人稲垣浩ならではの大衆性の賜物だろう。 [review] (ぽんしゅう)[投票(3)]
★4森繁が尊大な黒澤っぽいシーンもいくつかあるのだが、なぜか涙が溢れて困ってしまうシーンが多くある。特に夏木陽介が弟子入りさせて欲しいと言い出し、座り込みをするシーン前後が泣ける。また家屋のセットと見せ方がいい。美術は中古智。カメラは稲垣浩らしい危うい高低感がある。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
★4原節子、こんなに丸髷の似合う人だったのか! 大年増の迫力でもっと活躍してほしかったなぁ。 [review] (Aさの)[投票(1)]
★4実はこのおっさん、ヤブ医者なんじゃないか?と思わせる匙加減がいい。 原節子ってお嬢さん役ばかりかと思いきや、博徒の姐さんもいけそうだね。 (TOMIMORI)[投票(1)]
★4青は藍より出でて藍より青し。(05・12・26) [review] (山本美容室)[投票]
★4稲垣浩ほどの巨匠が、どうしてこの時期に白黒なんだ。原節子をカラーで観たかったのに…。 (Yasu)[投票]
Ratings
5点0人
4点10人**********
3点1人*
2点0人
1点0人
11人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
ヒポクラテスたち (死ぬまでシネマ)[投票(5)]ディア・ドクター (ぽんしゅう)[投票(4)]
Links
検索「ふんどし医者」[Google|Yahoo!(J)|goo]