コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

妻は告白する (1961/)

[Drama]
監督増村保造
脚本井手雅人
原作円山雅也
撮影小林節雄
美術渡辺竹三郎
音楽真鍋理一郎
出演若尾文子 / 川口浩 / 小沢栄太郎 / 馬淵晴子 / 根上淳 / 高松英郎
あらすじ北穂高の岩壁で3人の登山者が遭難する。落下した薬学者の滝沢(小沢栄太郎)と妻彩子(若尾文子)を同伴した製薬会社社員の幸田(川口浩)が1人で支える形になってしまったのだ。ギリギリの状況下で彩子は自分と夫を繋ぐザイルにナイフを当てた。そして生還した彩子と幸田が裁かれるなか3人の関係が明らかにされて行く…。若尾文子がこの年のブルーリボン主演女優賞、キネマ旬報女優賞を受賞。 (けにろん)[投票]
Comments
全39 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5文子ちゃん、きゅ〜〜〜〜っ! [review] (ボイス母)[投票(17)]
★5もーお、時代を社会を男と女のサジ加減を気持ち悪いほど客観的に知り尽くしている増村のおいちゃんと、常に壁やら障子やらに取りついては「はァンァン」と胸を大きく喘がせる若尾のおねいちゃんにかかったら・・・うお〜ん、どうしろって言うんだよう〜(くねくね) [review] (はしぼそがらす)[投票(11)]
★5法廷でチラチラと恋人の様子を覗き見る落ち着きの無い若尾さん。婚約者の「私達結婚するんです」発言に反応する上目使いの若尾さん。ああ若尾さん、そんな目で人を見てはいけません。 (町田)[投票(10)]
★5情欲テンパった小沢栄太郎が、はっしと若尾を、、 [review] (べーたん)[投票(7)]
★5増村監督が執拗に若尾に演じさせる"女"に私は憧れる。愛おしくて、泣けてくる。例え愚かだろうと、夢見がちであろうと、自分の愛しか見えていないとしても。→ [review] (picolax)[投票(6)]
★5悪女なのか愛に生きる純粋な女なのか読めない若尾文子に拍手! [review] (torinoshield)[投票(6)]
★5久しぶりの感動作、息も付かせぬとはこの映画の事。ただし、主役は若尾文子より岸田今日子のほうが良かったように思える。ところで... [review] (りかちゅ)[投票(3)]
★4夫が辱める。検察官も、弁護士も、世間も、カメラまでもが辱める。辱められて、さらに輝く若尾文子。監督、分かってらっしゃる。 [review] (くたー)[投票(12)]
★4ずぶぬれで首を傾げてじっと見る。文子ちゃん、ぎえ〜〜〜〜っ! [review] (ピロちゃんきゅ〜)[投票(6)]
★4この若尾文子を「女優論」やら「女性論」で評することは無謀だ。「若尾文子」という「生物論」で論じなければ理解出来得ない。 [review] (sawa:38)[投票(5)]
★4女は「女優」に生まれるのではない、虐めぬかれて「女優」になるのだ。(by ヴォーボワール)なんてね。 (若尾好き)[投票(5)]
★4彩子の愛をまともに受けとめられる男などこの世に存在しない。増村保造若尾文子という稀代の憑依女優を使って魅惑のモンスターをつくりだすという荒業で愛憎の極みを描いてみせる。どんな男も彩子に憧れ魅了されるが決して近づくことはできない。 (ぽんしゅう)[投票(4)]
★4アヤコみたいな女って絶対許せない?だいじょうぶ、貴女も基本的にはアヤコです。女はオンナであるから魅力があるんです。この映画には、いいとか悪いとかじゃない「オンナであること」がつまってる。スゴい監督。 [review] (Shrewd Fellow)[投票(4)]
★4宿業とも言うべき執着の相が輝かしいオーラを放つ増村的女性の極致を見ることが出来る。しかし、登場する男にも女にもフォーカスを当てて見ることが可能な、カットされた宝石のような多面性もまたこの映画の魅力だ。 [review] (ジェリー)[投票(3)]
★4何で若尾文子の相手役に、あんなに大根の川口浩なんだろうかと考えたが、若尾が喰われない為に調度いい位の演技力って事だろうか? [review] (直人)[投票(2)]
★4云うまでもなく傑作。退屈になりがちなフラッシュバックを小沢栄太郎の怪演で支える前半。後半は若尾文子の「本性」で一気に勝負をかける。鬼気迫るフィルム・ノワール。というか若尾のオフィス襲来シーンに至ってはほとんど怪談。若尾演技の圧倒的な説得力と照明術がそれを正当化する。 [review] (3819695)[投票(1)]
★4白黒で情念の世界を浮き上がらせるのも興味深いけど、そういうのは『赤い天使』にもあるところだしなぁ。 [review] (----)[投票(1)]
★3山なんて行くもんじゃないね。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]
★3案外、馬淵晴子が尤もなことを言う。 (kenichi)[投票(1)]
★3若尾文子のM的なエロさが始めからプンプン。それにしても小沢栄太郎に水かけられた後の若尾文子のロングショットといったら! (もしもし)[投票(1)]
★3若尾文子を除けば琴線に触れるものはなかった。 (赤い戦車)[投票]
★2ただひたすらに愛を求める女。 それを受け止めきれない、器の小さな男。 [review] (たかやまひろふみ)[投票]
Ratings
5点23人***********************
4点34人**********************************
3点13人*************
2点5人*****
1点0人
75人平均 ★4.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
日本実録犯罪映画 (町田)[投票(22)]若尾文子〜美は乱調にあり (若尾好き)[投票(16)]
バイブル2 (けにろん)[投票(13)]ベスト・オブ「日本の映画音楽」(巻の一) (町田)[投票(9)]
あなたのコメントに10票! (ピロちゃんきゅ〜)[投票(8)]傍聴席から見た人生 (モモ★ラッチ)[投票(8)]
おじさんの恋。おばさんの愛。 (ぽんしゅう)[投票(6)]女のズンドコ節 (ボイス母)[投票(6)]
可憐にちょいずれ (ピロちゃんきゅ〜)[投票(5)]脳梗塞 (けにろん)[投票(2)]
女ターミネーター (ボイス母)[投票]
Links
検索「妻は告白する」[Google|Yahoo!(J)|goo]