コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

突入せよ! 「あさま山荘」事件 (2002/)

[Drama]
監督原田眞人
脚本原田眞人
原作佐々淳行
撮影阪本善尚
美術部谷京子
音楽村松崇継
出演役所広司 / 宇崎竜童 / 伊武雅刀 / 天海祐希 / 椎名桔平 / 山路和弘 / 矢島健一 / 遊人 / 街田しおん / 豊原功補 / もたいまさこ / 藤田まこと
あらすじ 1972年連合赤軍メンバーが軽井沢にあるあさま山荘に人質を取って立てこもる。事件解決まで2人の警察官が殉職。人質交換を申し出た一般人まで巻き込む。だが、現場の指揮権をめぐり、警視庁と長野県警の足並みは揃っていなかった。国際世論が沸騰し、様々な問題を内包したままついに機動隊による突入が行われるのだが… (甘崎庵)[投票]
Comments
全88 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5何の変化もない遠景の山荘の映像に釘付けになった10日間。苛つきながらもリアルタイムの「戦争」に狂喜した当時の自分を恥じて号泣。Reviewは余談&余談・・・長文です。 [review] (sawa:38)[投票(24)]
★5幻想革命を目指した若者を描くのではなく、権力を行使する側の人間の集団の痛み、滑稽さを、コミカルにしかもシニカルに明るく描き切った秀作。 [review] (セント)[投票(2)]
★4まだまだ反体制を自称する輩が跋扈するこの業界で体制側(警察)から事件を描いた映画を撮るのは勇気が要ったと思うが何も考えてなかっただけかもしれない。絶頂期の市川崑や最近の森田みたくあざとさを感じても有無を言わせぬ編集のパワーがある。 (けにろん)[投票(11)]
★4群像劇として秀逸。これだけ多くの人間を登場させていながら、登場人物のストーリー上の役割分担が明確になっている。浅間山荘事件、機動隊物語として観るよりも、新プロジェクトに否応無しに取り組まなければならなくなったにわか仕立ての組織の苦悩として観れば、共感できる人も多いはず(私は大いに共感)。(02/05/16) (秦野さくら)[投票(10)]
★4重いテーマにも拘らず、ユーモアと迫力の突入シーンで観客を堪能させる見応え抜群の娯楽作。それでいて警察の英雄的行為を称えるだけの映画ではないのは嬉しい。 [review] (Keita)[投票(6)]
★4重い話を軽やかに娯楽作品に仕立て上げる原田眞人の手腕は前作で実証済み。いっそのこと「あさま山荘」も佐々淳行も全て仮名の純粋フィクションにすれば、余計な誤解や深読みをされることもなかったのに・・・ [review] (ぽんしゅう)[投票(5)]
★4先行して放送された「プロジェクトX」が、史実を脚色していたことへの反発が形になってしまったか。佐々淳行役が役所広司ではカッコ良すぎで、ケビン・コスナー調オレ様映画の雰囲気……にしても、単なる「警察プロパガンダ」ではないはず。 [review] (かける)[投票(4)]
★4一応、作品の冒頭でフィクションだと謳っているのだが、史実をフィクショナイズした作品を「これはフィクションだからねえ」と楽しむ余裕は日本人には少ない。 [review] (BRAVO30000W!)[投票(4)]
★3最寄と手ぶれによる細かく乱雑なカット割は、マイケル・マンインサイダー』気取りがバレバレで、解り易いというか、可愛げがあるというか。そんな演出家をまんまと利用したこの作品の真の演出家は、原作者の佐々淳行であったわけだが… [review] (kiona)[投票(14)]
★3この映画に対する批判として… [review] (イリューダ)[投票(4)]
★3メジャー会社の主張:経験重視・実力主義。 [review] (町田)[投票(4)]
★3佐々のオヤジの自慢話をこれだけの映画にすれば立派なものだ [review] (ペペロンチーノ)[投票(4)]
★3この作品のメインテーマは「管理職の悲哀」。それはそれでいいのだけれど、何だか高級食材で家庭料理を出された気分。不味くはないけど勿体無い。 [review] (ごう)[投票(3)]
★3上質の社会派「風」映画。エンターテイメントとしてはまぁまぁやってると思うけど、色々不満点が・・・。 [review] (HW)[投票(2)]
★3ゴジラのように闘う対象が見えているわけではない、共産主義シンパも今より格段に多い時代のこと、「政府のイヌ」と見られるだけの戦いに赴く警官たちの存在はなんと報われぬものだったことだろう。飄々としたシーンが救いだが、そうしなければやっていけなかった筈だ。 (水那岐)[投票(2)]
★3面白かった。迫力あった。リアルさに唸った。作品の良さは素直に認めよう。・・しかし,あの事件をこう楽しむのか? [review] (死ぬまでシネマ)[投票(2)]
★3緊張感・緊迫感とは裏腹の、凍ったクツにお湯をかけるリアリティ。最近の日本映画には少ない、細やかな表現に驚く。 (茅ヶ崎まゆ子)[投票(2)]
★2プライベートライアン+踊る大捜査線×ダブル権力(警察庁、県警)のバックアップなプロパガンダ仕立ての全く連合赤軍の籠城に至るまでを描かなかった佐々淳行武勇伝映画(自慢話)124分一本勝負なプロジェクトX崩れ仕立てに唖然呆然絶句…。 [review] (ジャイアント白田)[投票(15)]
★2凄いリアルな作品。あの事件を巡って、裏ではこんな事が起こっていたのか。と思わせられる。そう言う意味では貴重な映画だと思う。思うんだけど… [review] (甘崎庵)[投票(5)]
★2事件は会議室で起こってるんだー!!っておい!社会派でもなんでもない娯楽作の仕上がりにショック!! [review] (さむさむらい)[投票(4)]
★2誰もが知っている事件を機動隊の側から描いた発想と、しっかり隅々まで丁寧に作られた舞台の世界観、妙に落ち着くゆったりした映像は評価。しかし…映画なのに「プロジェクトX」より面白くないってのは問題ある。 [review] (TOBBY)[投票(3)]
★2予告編の緊張感は何処へ・・・。 [review] (kenjiban)[投票(2)]
★1ひさびさに見たこころの入っていない表面映画。つまらなすぎる。 監督さんおまえの映画は二度と見ないかもしれん。 [review] (ヒロ天山)[投票(4)]
Ratings
5点10人*****
4点49人************************.
3点73人************************************.
2点35人*****************.
1点8人****
175人平均 ★3.1(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
日本実録犯罪映画 (町田)[投票(22)]実際に起きた事件や犯罪、犯人をモチーフとした映画 (脚がグンバツの男)[投票(17)]
映画で俯瞰(ふかん)する世界史・人類史  (いくけん)[投票(16)]堂々?日本史 (アルシュ)[投票(15)]
私の嫌いな映画 (ジャイアント白田)[投票(15)]映画で日本の旅をする (TOBBY)[投票(11)]
メジャー指向の男達 (けにろん)[投票(6)]背の高い(長身)女優さん (HILO)[投票(4)]
War Simulation in JAPAN 〜誰がこの国を守るのか〜 (ペペロンチーノ)[投票(4)]
Links
検索「突入せよ! 「あさま山荘」事件」[Google|Yahoo!(J)|goo]