コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(15/20)

★4 リアリティのダンス(2013/チリ=仏)
1920年代。軍事政権下のチリの田舎町。少年アレハンドロ(イェレミアス・ハースコヴィッツ)はロシア系ユダヤ移民の両親と暮らしていた。オペラ歌手の母親サラ(パメラ・フローレス)は息子を父親の生まれ変わりと信じ長髪の金髪でいることを強いるが、父親ハイメ(ブロンティス・ホドロフスキー)はアレハンドロを男らしく育てるため鉄拳制裁も辞さず、抜歯も麻酔なしでさせるのだった。アレハンドロは学校でも疎外され、いつしか漂泊の行者(クリストバル・ホドロフスキー)と語らうようになるが…。アレハンドロ・ホドロフスキー23年ぶりの自伝的新作。
けにろん (2016年08月29日)
[投票]
★4 ロック・ザ・カスバ!(2015/米)
カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016の1本。落ち目の音楽プロデューサー・リッチービル・マーレイは高額ギャラにつられて戦乱続くアフガンの米軍慰問へ。ところが現地で歌手ズーイー・デシャネルに金とパスポートを持ち逃げされる。困り果てたリッチーは調子のいい武器商人の誘いにのり、怪しげな用心棒ブルース・ウィリスと一緒にとある集落へ武器を運ぶが、そこで素晴らしい歌声をもつ少女サリマリーム・リューバニを見い出す。彼女を売りだそうとアフガンで人気のTV公開オーディション番組「アフガン・スター」に出場させるが、厳格なムスリスにとって女性が人前で歌うなどとんでもない事だったのだ…(106分)
シーチキン (2016年08月29日)
[投票]
★4 独裁者と小さな孫(2014/グルジア=仏=英=独)
大統領(ミシャ・ゴミアシュウィリ)が君臨する独裁国家。だが、その全能の権力を真似して喜ぶ孫(ダチ・オルウェラシュウィリ)と玉座にあった彼の前で、突然その帝国は崩れ去る。クーデターを目前に妻子は国外に脱出し、期を逃した大統領と孫のみが混乱するこの国に残された。賞金首となったおのれの正体を偽り、大統領は床屋に忍び込み主人(ズラ・ベガリシュヴィリ)に変装の協力を強い、逃亡の旅に出る。旅芸人となった彼の道行きを前に、無罪嘆願も虚しく姉を処刑された娼婦(ラ・スキタシュヴィリ)や、愛する妻との間を引き裂かれた政治犯(ソソ・クヴェデリゼ)が現われ、彼の魂に揺さぶりをかける。そして大統領への包囲網は狭められてゆく。〔119分〕
水那岐 (2016年08月29日)
[投票]
★5 後妻業の女(2016/日)
黒川博行原作の「後妻業」をコミカルに映画化。高齢で資産家のやもめ男の後妻に入り最期を看取り遺産を根こそぎかすめ取る「後妻業」〜小夜子大竹しのぶは結婚相談所長豊川悦司と組んで次々と獲物を見つけモノにしてきた。そして今、小夜子の9番目の夫津川雅彦が多額の預金を解約した直後に脳梗塞で死去。義理の娘たちに家、土地などすべてを小夜子に譲るとした公正証書の遺言を見せるが、納得できない娘尾野真千子は元刑事の探偵永瀬正敏を雇い、小夜子の過去を調べ始める。一方、小夜子はすでに不動産業の男笑福亭鶴瓶を次の相手とさだめて…(128分)
シーチキン (2016年08月28日)
[投票]
★5 イレブン・ミニッツ(2015/ポーランド=アイルランド)
ある日の午後5時。女優パウリナ・ハプコは面接のためホテルの部屋を訪ねるが、女好きの監督リチャード・ドーマーは下心まるだし。嫉妬深い夫ヴォイチェフ・メツファルドフスキは女優を追ってホテルに潜入する。ホテルの外の気の好い屋台のホットドック屋アンジェイ・ヒラは実は刑務所帰りで、麻薬中毒のバイク便男ダヴィッド・オグロドニックは夫持ちの女と浮気中。とある部屋の男ピョートル・グロヴァツキのもとをポルノビデオを持った女アガタ・ブゼクが訪ね、救急隊の女医アンナ・マリア・ブチェクらは、異常者が暴れる火事現場へ向かっていた。11分後、そんな人々の運命が一瞬にして交錯するのだった。(81分)
ぽんしゅう (2016年08月28日)
[投票]
★3 コングレス未来学会議(2013/イスラエル=独=ポーランド=ルクセンブルク=仏=ベルギー)
惑星ソラリス』原作者スタニスワフ・レムのSF「泰平ヨンの未来学会議」をアリ・フォルマン監督が実写とアニメを融合させハリウッドへの風刺をきかせ映画化。一世を風靡したものの落ち目の女優ロビンロビン・ライトのもとにミラマウント社から最後のオファー、それはロビンの肉体、表情、感情などすべてをスキャンしCGキャラ「ロビン」をつくること、そしてロビンは今後どのような場であれ演技をしないことという契約。ポリシーを持って出演作を選んできたロビンは一度は断るが息子のために引き受ける。そして20年後、ロビンはミラマウント社の「未来学会議」へゲストとして招待される…(120分)
シーチキン (2016年08月28日)
[投票]
★3 マジカル・ガール(2014/スペイン)
アニメ『魔法少女ユキコ』に憧れる白血病の娘アリシア(ルシア・ポジャン)。高価なヒロインのドレスを着たい娘の最後の願いを叶えるべく、失業中の父ルイス(ルイス・ベルメホ)は遂に犯罪に手を染める。その時出会ったのが人妻バルバラ(バーバラ・レニー)だった。孤独に耐え切れず、ルイスを呼び止め一夜の契りを求めたバルバラを彼は抱きしめるが、翌朝ケイタイに不倫の事実を楯に大金を求める声を残した。夫を裏切れないバルバラは旧友アダ(エリザベト・ヘラベルト)を訪ね、一夜のみの仕事を世話してもらう。しかしそののちも脅迫はエスカレートし、応えきれず制裁を受けたバルバラのため、恩師ダミアン(ホセ・サクリスタン)が行動に出る。〔127分〕
水那岐 (2016年08月28日)
[投票]
★4 ケンとカズ(2016/日)
小さな自動車整備工場で働く整備工のケン(カトウシンスケ)とカズ(毎熊克哉)は、ヤクザの藤堂(高野春樹)のもとで覚醒剤の密売人として小金を稼いでいた。2人には互いに秘密にしていることがあった。ケンは恋人の早紀(飯島珠奈)の妊娠をきっかけに、今の生活を抜け出し親子3人で平穏に暮らすことを夢想していた。一方、カズは認知症の母親をかかえ、先の見えない暮らしに苛立っていた。そんななか、カズはさらに多額の金を稼ぐため、反対するケンを半ば強引に引き込んで、敵対グループの覚醒剤の販売にまで手を伸ばすのだった。小路紘史の初長編監督作で、東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞作。(96分)
ぽんしゅう (2016年08月28日)
[投票]
★3 ストップ・ロス 戦火の逃亡者(2008/米)
イラクの過酷な戦場から、ブランドン・キング軍曹(ライアン・フィリップ)は親友のスティーブ(チャニング・テイタム)、トミー(ジョセフ・ゴードン・レヴィット)らと共に故郷テキサスに帰還し、英雄として迎えられる。ブランドンは戦場で受けた心の傷から、兵役期間終了と同時に除隊する決意を固めていたが、有能な兵士であるが故に、戦場の兵士不足を補うための強制兵役期間延長策である「ストップ・ロス」が適用され、再度イラク出征を命じられる。命令に反し咄嗟に逃亡し、不名誉な脱走兵となリながらも、ブランドンは理不尽な制度に立ち向かう。
NOM (2016年08月28日)
[投票]
★3 図書館戦争 THE LAST MISSION(2015/日)
2019年(正化31年)に制定されたメディア良化法による検閲とそれに基づく武装組織・メディア良化隊に対抗すべく図書館が創設した防衛組織・図書隊。前作・『図書館戦争』に引き続きテレビドラマスペシャル『図書館戦争 ブック・オブ・メモリーズ』を挟んでの続編。今回は表現の自由をテーマとした展覧会に、今や自由の象徴となった世界に1冊しか残っていない希少本『図書館法規要覧』を貸出することになり、その展示を阻止しようとする良化隊と図書隊との攻防を描く。原作は有川浩のベストセラー図書館戦争シリーズ。
IN4MATION (2016年08月25日)
[投票]
★3 ロスト・バケーション(2016/米)
医学生のナンシー(ブレイク・ライヴリー)は女友達と休暇旅行で亡き母から教わったメキシコの秘境ビーチを訪れた。現地の男とよろしくやってる友達を置いて案内人カルロス(オスカル・ハエナダ)の車で彼女は浜辺へ向かう。そして、カルロスと別れサーフィンの準備を整えると海に向かった。現地のサーファーが2人先に海に入っていた。言葉を交わす3人。各々来る波に身を委ねサーフィンに興じる。やがて、男たち2人は水から上がっていったがナンシーはもう1乗りと思い海に残った。しかし、何故だか言いようのない不安感が彼女を襲う。と、間もなく脚に打撃と激痛を感じた…。ハウメ・コレット・セラ劇場映画監督第7作。
けにろん (2016年08月25日)
[投票]
★3 ヤング・アダルト・ニューヨーク(2014/米)
NYに暮らす40代の夫婦、ドキュメンタリー監督のジョシュ(ベン・スティラー)と映画プロデューサーのコーネリア(ナオミ・ワッツ)。ジョシュは新作を長いこと完成させられず、行き詰まっていた。二人には子供がおらず、子育ての話題ばかりの友人たちの中で、疎外感を味わう。そんなある日、監督志望のジェイミー(アダム・ドライヴァー)と妻のダービー(アマンダ・サイフリッド)と知り合う。若い彼らは、LPやVHSなどの古いものを愛する風変わりなライフスタイルの夫婦。彼らとの出会いがとても新鮮で、刺激を受けた二人は影響を受ける。ジェイミーの企画したドキュメンタリーに快く協力するジョシュらだったが・・・
プロキオン14 (2016年08月22日)
[投票]
★4 ひな鳥の冒険(2016/米)
ぼくの名前はパイパー。鴫のひな鳥なんだ。ぼくの家は海岸の草むらの中にあって、お母さんと暮らしてる。目が覚めてお腹がすいたので、いつものようにお母さんを呼んで口を開けて待ってたんだ。そうするとお母さんは貝の身をぼくの口に入れてくれる。だけど、今朝は呼んでもお母さんは来てくれない。波打ち際に姿が見えるけど聞こえないのかな。少し怖かったけど、ぼくは生まれて初めて巣を出た。そして一目散にお母さん目がけて走りだしたんだ…。『ファインディング・ドリー』の併映作。アラン・バリヤーロの監督デビュー作。
けにろん (2016年08月21日)
[投票]
★4 ビッグ・コンボ(1954/米)
刑事のダイアモンド(コーネル・ワイルド)は、ギャング一掃を狙って首領のブラウン(リチャード・コンテ)と、その情婦スーザン(ジーン・ウォレス)の動きを追い続けていた。かつての支配者マクルア(ブライアン・ドンレヴィ)はブラウンの部下に甘んじ、関係を清算したがっているスーザンのそばには見張り役のファント(リー・ヴァン・クリーフ)とミンゴー(アール・ホリマン)が常につきまとっていた。そしてダイアモンドは、いつしか美しいスーザンに惹かれるようになっていた。捜査を続けるうちにダイアモンドは、ブラウンの過去の秘密を握るアリシアという謎の女の存在に行き当たるのだった。(84分/白黒/ビスタサイズ)
ぽんしゅう (2016年08月21日)
[投票]
★3 秘密 THE TOP SECRET(2016/日)
警察機構内部で存在の可否が問われる特別捜査機関「第九」にミッションが与えられた。一家惨殺事件を起こした死刑囚・露口(椎名桔平)の死体にアクセスし唯一行方不明になっている長女の絹子(織田梨沙)の手がかりを探れというのだ。室長の薪(生田斗真)は自らリクルートした新人、青木(岡田将生)に脳内潜入を命じた。青木はそこで思わぬものを見てしまう。薪は事件の捜査に当たった刑事、眞鍋(大森南朋)を脅迫まがいにチームに加わらせ捜査を進める。しかし、記憶喪失になった絹子が自ら名乗り出てきた…。清水玲子の大ヒットコミックスの映画化。
けにろん (2016年08月18日)
[投票]
★4 わたしの名前は...(2013/仏)
ファッションデザイナーのアニエス・ベーが本名で監督・脚本した長編映画。父親から虐待を受けていた11歳の少女は、学校の宿泊行事で訪れた海辺でたまたま停車中だった長距離トラックに乗り込んでしまう。少女に気がついたアイルランド人の運転手ピーターは、言葉が通じないまま、少女を連れてドライブを続けるのだが・・・(126分)
シーチキン (2016年08月17日)
[投票]
★3 人生は小説よりも奇なり(2014/米)
NYに暮らす画家のベン(ジョン・リスゴー)と音楽教師のジョージ(アルフレッド・モリーナ)は、39年連れ添うゲイのカップル。法律が改正され、NYでも同性婚が認められるようになったため、二人は皆に祝福されながら、結婚式を挙げた。しかしジョージが勤務するカトリック系の学校は、同性婚を理由にジョージを解雇。たちまち金銭的に追い込まれた二人は、ローンが支払えないために、アパートを出なければらなくなり、二人それぞれに居候をすることになり、新婚早々別居をする羽目に。果たして二人は元の戻ることができるのか・・・・。
プロキオン14 (2016年08月17日)
[投票]
★3 大菩薩峠 第一篇 甲源一刀流の巻(1935/日)
虚無の剣士・机龍之助(大河内伝次郎)は、大菩薩峠でお松(深水藤子)という孫とともに旅をしていた老爺を辻斬りにした。そのまま都に上った龍之助は、天覧試合で音無しの構えから繰り出される一撃で宇津木文之丞(黒川弥太郎)の命を奪い、その弟・兵馬(沢田清)に仇と狙われる。その一方、お松は叔母を頼って断られるものの、親切な芸師匠(衣笠淳子)に世話になるのだった。◆稲垣浩が監督を務め、応援監督として山中貞雄が立ち回り等の「凄みのある」場面を、荒井良平がつなぎを撮ったという。続編は現存していない。〔77分/モノクロ/スタンダード〕
水那岐 (2016年08月17日)
[投票]
★3 シング・ストリート 未来へのうた(2016/アイルランド=英=米)
不況に喘ぐダブリン。両親(エイダン・ギレン/マリア・ドイル・ケネディ)の衝突から、少年コナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は私立校から公立校への転校を余儀なくされた。学校では不良に目をつけられ、校長には風紀を乱すとしてファッションを咎められるコナーだったが、ただひとつの救いとして校舎の向かいに住む少女ラフィーナ(ルーシー・ボーイントン)に惹かれ、自分のバンドのヴィデオに出ないかと誘う。これが、コナーのバンド結成のきっかけだった。唯一の友であるダーレン(ベン・キャロラン)に声をかけ、メンバーをスカウトしてゆく日々。そんなコナーに、兄(ジャック・レイナー)は厳しいアドバイスを与えるのだった。〔106分〕
水那岐 (2016年08月17日)
[投票]
★4 疑惑のチャンピオン(2015/英)
重度のガンを患い大手術と過酷なリハビリから復活し、1999-2005年にツール・ド・フランスで奇跡の7連覇を達成したランス・アームストロング。絶えずドーピングを囁かれながらも検査では一度も陽性が出なかったが、引退後に発覚し7連覇をはく奪された。この実話を彼の疑惑を一貫して追求したジャーナリスト、デヴィッド・ウォルシュの著者を基に映画化。ツールに参戦したアメリカ人のランスベン・フォスターは才能はあるが山岳ステージに苦戦していた。ガンを発病したものの復帰した彼が訪れたのは「血液ドーピングのゴッドファーザー」と呼ばれるスポーツ医学者ミケーレギヨーム・カネだった…(103分)
シーチキン (2016年08月17日)
[投票]