コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(18/20)

★3 planetarian〜星の人〜(2016/日)
戦争によって文明の衰退した地球。地は雪に閉ざされ、空は厚い雲に覆われていた。そんな雪原を「星の人(大木民夫)」と呼ばれる老人が進んでいた。各所の村落を廻ってきた彼は道半ばで倒れ、ある村の子供たちに救われる。迎えた村長(竹口安芸子)は、彼の物語を知っていた…。数十年の昔、屑屋と呼ばれる青年兵士(小野大輔)は封印都市という地区に踏み入った。往時の面影を残すその街はロボット兵によって守られ、屑屋も苦戦しつつあるビルに逃げこんだ。そこで彼は、「ほしのゆめみ(すずきけいこ)」と名付けられた昔のプラネタリウムの解説少女ロボットに出会う。自らを壊れていると自覚する彼女は、屑屋を歓迎し星の映像を見せようとするのだった。〔117分〕
水那岐 (2019年02月08日)
[投票]
★4 ちょっとまて野球部!(2017/日)
県立神弦高校野球部は今年も3年生を送り出した。そして1年生部員たちは期待に胸を膨らませ部室に向かう。キング・オブ・バカの異名をとる自称天才の大堀(須賀健太)、乙女体質をもつ秋本(小関裕太)、所構わず光合成を行なう宮田(山本涼介)の3馬鹿トリオは、今日から憧れの部室に出入りでき、球拾いから解放されるのだ。絵に描いたような勘違い少年たちをよそに、野球部は妙に熱過ぎる新監督(福士誠治)を迎え、それなりに新たな風を呼び込む。だが、合宿を前にして3馬鹿のひとり大堀が試験で落第点をとったことが2年生を悩ませていた。このままでは合宿どころではない彼の追試に向け、部員たちはある計画に出る。〔76分〕
水那岐 (2019年02月08日)
[投票]
★4 ナイト・オブ・ザ・サンフラワーズ(2006/スペイン=仏=ポルトガル)
ピレネー地方のひまわり畑で未成年の娘の遺体が発見される。少女は前日の逢魔が時に隣町のバルに出掛けたはずだったが、路上で何者かの車に拾われた後に性的暴行を受けた形跡があった。同じ頃、地元の青年が入山中に洞窟を発見して村中を興奮に包み込む。高い失業率に苦しみ、住民流出に歯止めがきかない山間の村で、観光目的で開発できるのではと見込まれたのだ。早速調査のために地質学者のカップルが招聘される。一行が現場に向かう道筋から、廃村らしきものが見下ろされる。奇しくも村に残留する最後の住人は、隣人を蛇蝎のごとく憎んでいる老人二人だった。よそ者によって引き起こされた災厄がまた一つの奇禍を招き、偶々途上に居合わせた三組の人々をのっぴきならぬ状況に雪隠詰める
濡れ鼠 (2019年02月08日)
[投票]
★2 天下の快男児 万年太郎(1960/日)
ヴィーナス化粧品東京本社に、悪名高い男が九州支社より転勤してくる。万年太郎(高倉健)というその男は、喧嘩っ早く女にはすぐ手を出す野獣のような男だという。義憤に燃えて排斥を誓う皆のなか、モテモテだがプライドの高いOLの若子(山東昭子)は彼に興味を持ち、太郎の後輩増田(今井俊二)とともに駅に迎えにいった。ささやかな歓迎会にあって、日ごろ若子に執拗に言い寄ってくる宣伝課長の村田(大村文武)の嫌味に懲らしめの鉄拳を見舞った太郎に、彼女のハートは奪われてしまった。もっとも、社長の親族であり権力をもつ村田の恨みを買った太郎は、転勤そうそうに窓際社員の巣窟・参事室に配属させられる。だが、彼の評判は一気に好転した。〔118分〕
水那岐 (2019年02月08日)
[投票]
★4 バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015/インド)
インドで迷子になったムスリムの少女を、敬虔なヒンドゥ教徒が国境を越えてパキスタンの両親の元へ送り届ける、宗教対立がテーマのロードムービー。
もがみがわ (2019年02月05日)
[投票]
★4 チワワちゃん(2019/日)
東京湾でバラバラ殺人事件が発生。ミキ(門脇麦)は被害者の若い女性が遊び仲間だったモデルの「チワワちゃん」だと知る。千脇良子(吉田志織)という彼女の本名すらミキは知らなかった。メディアのセンセーショナルな報道が続くなか、雑誌記者(栗山千明)から取材を受けたミキは、かつての遊び仲間のカツオ(寛一郎)やユミ(玉城ティナ) 、ナガイ(村上虹郎)ら と改めて「チワワちゃん」との思い出をだとり始めるのだった。だが「チワワちゃん」の恋人で彼女を最初に仲間に引き込んだヨシダ(成田凌)とは連絡がとれないままだった。1994年の岡崎京子の原作を現代に置き換えた27歳の二宮健による監督・脚本作。(104分)
ぽんしゅう (2019年02月03日)
[投票]
★4 デイアンドナイト(2019/日)
地方の町で自動車整備工場を営んでいた父が亡くなり息子の幸次(阿部進之介)が帰郷する。父は大手企業の部品不良を告発したために窮地に追い込まれ自殺したのだ。「善と悪はどこからくるのか。自分は今、善と悪、どちらのなかにいるのだろうか」―父の日記にはそう記されていた。そして幸次の前に、二人の男があらわれる。ひとりは告発された企業の幹部・三宅(田中哲司)。もうひとりは、北村(安藤政信)と名のる地元の児童養護施設オーナーだ。やがて幸次もまた善と悪の境界に引き込まれていくのだった。主演の阿部が企画・原案、俳優の山田孝之が製作し同世代の藤井道人が監督したオリジナル・クライムサスペンス。(134分)
ぽんしゅう (2019年02月03日)
[投票]
★0 火曜日ならベルギーよ(1969/米)
ヨーロッパを旅行するアメリカの団体客の話。どなたかあらすじ書いてください。
とっつぁん (2019年06月04日)
[投票]
★5 グレート・ワルツ(1938/米)
オーストリア。1845年。のちにワルツ王と呼ばれるヨハン・シュトラウス二世(フェルナン・グラヴェイ)は銀行に勤めていた。が、業務なんてやる気は無く、とうとうクビに。彼は、一途に愛してくれるパン屋の娘ポルディ(ルイーズ・ライナー)の所へ行く。彼女に「曲をもっと作って、友だちを集めて弦楽団を作るんだ」。そして、レストランホールの主人に頼み込み、楽団演奏をする事が出来るようになる。発表の場を持ったのだ。そのレストランに帝国オペラ劇場の歌姫カーラ(ミリザ・コージャス)がたまたま立ち寄る。彼の才能を認めた彼女はホーヘンフリード伯の夜会へ来るようにと言って、立ち去る。(まだ続きます) [more]
KEI (2019年02月03日)
[投票]
★4 ハイジ アルプスの物語(2015/スイス=独)
スイス、アルプス。両親が死んで幼女ハイジはしばらくの間、伯母のデーテに養われていたが、デーテは厄介払いしたいと思い、麓の村からも離れた山に住む偏屈者のおじいさん(おんじと言う)の所に連れて行き、そのままさっさと帰ってしまう。1人残されたハイジをおんじは持て余し、村の牧師の所へ連れて行くが、一緒に住みたいと言うハイジを見ている内に・・・。翌朝、ハイジが寝床の屋根裏から降りて行くと、新しい椅子が有った・・・。(まだ続きます) [more]
KEI (2019年01月30日)
[投票]
★2 サスペリア(2019/伊=米)
1977年、ベルリンは赤軍派のテロルに晒されていた。そんな中、心理療法士のクレンペラー(ルッツ・エバースドルフ)はマルコス舞踏団に属するパトリシア(クロエ・グレース・モレッツ)の訪問を受ける。彼女の言によれば、舞踏団の主催者たる女性たちは魔女であり、なにかを企んでいるというのだ。同じころ、アメリカから舞踏団の入団試験を受けるべくスージー(ダコタ・ジョンソン)がやってくる。才能を評価され入団を認められた彼女は、新作舞踏劇「民族」のリハーサルに立ち会う。振付師のブラン(ティルダ・スウィントン)の指示を受け、早速始まった舞踏のなか、自ら役を辞した団員の代役に抜擢されたスージーを異常な展開が見舞う。〔152分〕
水那岐 (2019年01月30日)
[投票]
★5 ニースについて(1929/仏)
南フランスのリゾート地ニースに集うブルジョア・バカンス客、瀟洒な街並、カーニバルの狂騒、庶民の営みをエネルギッシュなカッティングで描く皮肉と批判精神に富んだ短編映像スケッチ。以降、コンビを組む撮影者ボリス・カウフマンとの共同監督による、25歳のジャン・ヴィゴ初監督作品。(モノクロ/スタンダード/23分)
ぽんしゅう (2019年01月28日)
[投票]
★5 はかな(儚)き道(2016/独)
1984年、夏。ギリシアの観光名所。英国人と独逸人のカップルが、休暇中の資金を捻出するために、ギターと歌で路上演奏を企てる。男は音楽の道を志すものの、ヘロイン中毒に苦しみ、信仰に慰めを見出せない。病身の母が倒れたとの知らせに、急遽バカンスを中断して、ロンドンの実家へ舞い戻る。女はそんな男を温かく見送るが、将来の関係を視野に入れるほど真剣な付き合いをしているわけでない。卒業後は教師になろうと考え、最初の採用通知に飛びついて、郷里を後にする。30年後、舞台はベルリンに移る。中年の人類学者と女優の妻が離婚の危機に瀕している。じきに幼い娘は、別居した両親の間を行き来するようになるが、道々、30年前に袂を分かったカップルの現在の姿が垣間見える
濡れ鼠 (2019年02月01日)
[投票]
★4 夜明け(2018/日)
木工場社長・哲郎(小林薫)は、自動車で川沿いを移動中、若者がなかば川に浸かって倒れているのを見る。さっそく彼は若者を助け、独り暮らしの自宅へと連れていった。青年はシンイチ(柳楽優弥 )と名乗り、意識に異常はないものの事故の詳細を語ろうとしない頑なさを明らかにした。そんなシンイチは、哲郎によって木工場の新入りとして迎え入れられる。作業員たちの歓迎もさることながら、哲郎の恋人である事務員の宏美(堀内敬子)も、彼の世話を焼く積極性を見せた。だが、先輩に火災跡地に建ったパチンコ店に誘われたシンイチは、なぜか酷い拒絶感を示す。どうやらシンイチにはこの街に住んでいた過去があったようで、彼の周りには噂が立ち始める。〔113分〕
水那岐 (2019年01月22日)
[投票]
★4 マーシャル 法廷を変えた男(2017/米=中国)
上流階級の白人女性ケイト・ハドソンが使用人の黒人スターリング・K・ブラウンにレイプされたと訴え裁判が始まる。全米黒人地位向上協会(NAACP)の弁護士チャドウィック・ボーズマンが代理人を務め、白人の弁護士ジョシュ・ギャッドが手伝うことになる。検事ダン・スティーヴンスの父親と親しい判事ジェームズ・クロムウェルが取り仕切るという被告人不利の状況の中、州外の弁護士という理由で黒人弁護士には発言も許されない。
とっつぁん (2019年01月21日)
[投票]
★3 マイル22(2018/米)
CIAトップエージェントのシルバマーク・ウォールバーグ率いる特殊部隊は、緊急時には辞表を提出し、遠く離れた地点にあるビショップジョン・マルコヴィッチの情報分析チームのサポートを受けて危険な任務をこなしてきた。いま彼らは東南アジア某国の大使館を拠点に紛失した核物質の探索にあたっていた。その在り処を知る警官イコ・ウワイスが亡命と引換えに情報を渡すと現れたが、某国は強行に警官の引渡しを求める。かくて大使館から空港までの22マイルを敵の妨害をはねのけて突破する作戦が開始される。(95分)
シーチキン (2019年01月20日)
[投票]
★3 マダムのおかしな晩餐会(2016/仏)
アメリカからパリに移り住んだアン(トニ・コレット)とボブ(ハーヴェイ・カイテル)の夫婦。知り合いのセレブたちを集めて豪華なパーティーを開催しようとするが、出席する人数が急きょ増えたために、13人になってしまう。それを嫌がったアンは、スペイン人のメイドのマリア(ロッシ・デ・パルマ)を「レディ」に仕立てて乗り切ろうとするが、酔ったマリアは下品なジョークを連発し、意外にも大ウケで人気者に。慌てたアンはパーティーを早めに打ち切るか、出席者の一人がマリアに恋をしてしまう・・・。
プロキオン14 (2019年01月19日)
[投票]
★3 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018/米)
囚われの黒い魔法使いグリンデルバルド(ジョニー・デップ)が逃げ出した。英国魔法省は行方を追うために、同等の力を持つホグワーツの教師ダンブルドア(ジュード・ロウ)に協力を求めるが、その依頼を断ったために拘束されてしまう。しかし彼は、動物使いのニュート(エディ・レッドメイン)にグリンデルバルドを探すように頼む。そして舞台はパリへ・・・。そこにはニュートのケンカ中のティナ、そしてティナが行方を追うグリーデンス、そしてグリーデンスを仲間に引き入れようとするグリンデルバルドが暗躍していた・・・。
プロキオン14 (2019年01月19日)
[投票]
★3 処女の生血(1974/米=仏=伊)
1930年代。地元ルーマニアでは顔が知れ渡り、食料の確保もままならなくなったドラキュラ伯爵(ウド・キアー)は、 棺を屋根に括り付けた車に乗り込み、秘書のアントン(アルノ・ジュエギング)と処女の血を求めて一路イタリアへと旅立った。 カトリックの国イタリアでは、良家の娘たちは結婚まで貞節を守っているはずだったのだが、、、 『悪魔のはらわた』でフランケンシュタインを葬ったアンディ・ウォーホルポール・モリセイコンビが今度はドラキュラを血祭りにあげる。
さず (2019年01月17日)
[投票]
★4 迫り来る嵐(2017/中国)
1997年、中国。地方の古い国営製鉄所。仕事熱心な保安部員ユィ(ドアン・イーホン)は独自の調査で工場内の不正をあばき“名探偵”と呼ばれ悦に入っていた。そんななか猟奇的な連続女性殺人事件が発生する。工場の人間が関係しているとにらんだユィは、警察のジャン警部(トゥ・ユアン)の捜査に首を突っ込み始めるのだった。やがて、リストラで職を失ったユィは、厳しい現実から目をそらすように犯人探しにさらに没頭し、ついに真犯人の出現を期待して自分の恋人イェンズ(ジャン・イーェン)を監視し始める。そして歳月は流れ、2008年。あの時の出来事は、記憶と現実と幻想の境で混沌としていた。ドン・ユエの初長編監督作。(119分)
ぽんしゅう (2019年01月17日)
[投票]