コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(20/20)

★4 サウルの息子(2015/ハンガリー)
第二次大戦期。ナチスのアウシュヴィッツ収容所に、同朋の死体処理を務めるユダヤ人特殊部隊、ゾンダーコマンドがいた。サウル(ルーリグ・ゲーザ)もそんな呪われた男たちのひとりだ。ガス室に閉じ込められ、為すすべもなく倒れたユダヤ人たちの死体を焼き、彼らの持ち込んだ貴重品を集めるのが彼らの日課だが、サウルは顔も背けず作業に没入していた。だが、彼の息子と思しき少年がここに運び込まれたことで彼の表情は一変する。毒ガスのなかを生き延びた少年は軍医(ジョーテール・シャーンドル)にとどめを刺されたものの、サウルは彼のために聖職者を探して奔走する。息子を正式に埋葬してもらうために。〔107分〕 [more]
水那岐 (2016年03月06日)
[投票]
★3 女が眠る時(2016/日)
デビュー作で賞を得ながら、その後書けなくなった作家の清水(西島秀俊)は編集者で妻の綾(小山田サユリ)と共に海辺のリゾートホテルに滞在していた。清水はプールザイドで見かけたカップルに目を留める。少女の無垢さを残した美樹(忽那汐里)と垢抜けない初老の男、佐原(ビートたけし)だ。親子にしては馴れ馴れしく恋人同士にしては不釣合いで、どこか不穏な雰囲気を漂わせていた。吸い寄せれるように二人をつけ回し始めた清水は、佐原がなまめかしい美樹の寝姿をビデオで撮影しているのを覗き見た。佐原が美樹の“最後の日”を記録しようとしていることを知った清水は、恐怖心を抱き激しい妄想に襲われるのだった。(102分)
ぽんしゅう (2016年03月03日)
[投票]
★3 ヘイトフル・エイト(2015/米)
タランティーノ監督の西部劇。雪山で賞金稼ぎサミュエル・L・ジャクソンが駅馬車に「乗せてくれ」と乞う。「生死問わず」の賞金首も生捕にする「首吊り人」の異名を持つ賞金稼ぎカート・ラッセルが1万ドルの賞金首ジェニファー・ジェイソン・リーを乗せ貸し切っていた。さらにもう一人ウォルトン・ゴギンズ「乗せてくれ」と頼む自称「保安官」が現れ、もしや女賞金首の仲間?と用心するが…そして馬車は猛吹雪で「ミニーの店」に足止めされるがそこに4人の男がデミアン・ビチルティム・ロスマイケル・マドセンブルース・ダーンがいた…(168分) [more]
シーチキン (2016年03月01日)
[投票]
★3 海難1890(2015/日=トルコ)
1890年、オスマントルコからの親善大使の天皇謁見のために、軍艦エルトゥールル号が日本へやってきた。任務を終え帰途に就いた矢先、紀伊半島沖で台風に遭遇。船は大破し、600人を超える乗組員たちは海へ投げ出される。すぐそばの大島の島民たちは、異変を察知、多くの船員たちが漂着しているのを見つける。ほぼすべての島民たちと、医師の田村(内野聖陽)らは、力の限り彼らを救助し、必死の治療をつづけるが、数多くの船員が犠牲になった。それでも69名の船員の生命を救うことができた・・・・・・。時は流れて1985年。イランイラク戦争が勃発し、テヘランに住む大勢の日本人たちに危機が迫る・・・ [more]
プロキオン14 (2016年03月01日)
[投票]
★3 ザ・ウォーク(2015/米)
僕の名はフィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン・レヴィット)。フランス人だ。子供のころに観たサーカス団の「綱渡り」に魅了された僕は、自分もこの芸術的な技術を習得すべく、独学で練習に励んだ。大人になった僕は、NYに、エッフェル塔よりも高い、ワールドトレードセンタービル(110階、411m)が建設中であると知り、そこで綱渡りをしたいと思ったんだ。その野望を実現するために、協力してくれる「共犯者」を集め、綿密な計画を立てる為に渡米をするが、それは思った以上に手ごわい相手だった。はたして僕の計画は成功するんだろうか? [more]
プロキオン14 (2016年02月24日)
[投票(1)]
★5 にっぽん戦後史・マダムおんぼろの生活(1970/日)
敗戦から25年を迎えた1970年。横須賀で米兵向けのバー"おんぼろ"を営む赤座悦子が、自らの半生を語るドキュメンタリー。敗戦の年、15歳だった悦子は女学校を辞めて働きだした。家業が精肉業のため、まともな結婚は望めないと言われ手に職をつけるためだった。やがて悦子は、闇商売で荒稼ぎする両親の役に立てばと、取り締まる側の巡査と結婚するが夫の暴力に愛想を尽かし自立を決意する。朝鮮戦争、砂川闘争、売防法、ベトナム戦争、大学闘争と戦後のニュースフィルムと重ねながら悦子は当時の生活を語る。その男遍歴や、やり手の母との確執、奔放な長女への思い、新天地アメリカでの夢は、あっけらかんと楽天的で力強い。(105分/白黒/スタンダード)
ぽんしゅう (2016年02月23日)
[投票]
★5 極私的エロス・恋歌1974(1974/日)
3年過ごした同棲相手の武田美由紀が、幼い息子を連れて沖縄に行ってしまった。突然の出来事に彼女への思いを清算できないドキュメンタリー作家の原一男はカメラを手に沖縄に向かう。地元の女性と暮らし始めた美由紀は、常に何かに苛立ち不満げで、周りに対して攻撃的な態度を崩そうとしない。そんな美由紀をまえに、原とその新しい恋人で映画製作のパートナーでもある小林佐智子は途方にくれる。そして美由紀は米兵相手の酒場の女たちの私生児を世話をするうちに、自らも黒人兵の子を身ごもり一人で出産する道を選ぶ。ちょうど同じころ小林も原の子を宿すのだった。原一男の名を一躍世に知らしめた伝説のセルフドキュメンタリー。(98分/白黒)
ぽんしゅう (2016年02月22日)
[投票]
★4 クリムゾン・ピーク(2015/米)
ギレルモ・デル・トロ監督作。20世紀初頭NYの大富豪の娘イーディスミア・ワシコウスカは幽霊の存在を信じていた。幼い頃に母を亡くしたその夜に、母の幽霊が寝室に現れ警句を告げたのだ。イーディスは作家を志すが書くものは幽霊ものばかりであった。その彼女の前に英国貴族トーマストム・ヒドルストンが姉ルシールジェシカ・チャステインと共に現れる。イーディスはトーマスと結婚し、英国片田舎の古い屋敷でルシールも共に暮らすが、その屋敷には得体のしれぬ何かもまたいたのである。やがて冬を迎え、屋敷の周囲は少し変わった地質と降りしきる雪のために異様な風景へ変わっていく…(119分)
シーチキン (2016年02月20日)
[投票]
★3 ディーパンの闘い(2015/仏)
スリランカの内戦で家族を失った兵士ディーパン(A・ジェスターサン)は、偽の妻子とともにフランスに流れた。妻ヤリニ(K・スリニバサン)と娘イラヤル(C・ヴィナシタンビ)の正体は、いずれも肉親を失った難民のひとりだ。それは、居住許可を求めるための方便だった。パリ郊外の団地に住処を用意されたディーパンは管理人の仕事を得、イラヤルも小学校へと編入される。だが、その団地は胡散臭い組織の常駐する場だった。ヤリニの家政婦としての勤め先も、ドラッグ密売組織を率いるブラヒム(ヴァンサン・ロティエ)の家庭なのだ。そして団地を故郷のように硝煙の臭いが包み始め、ディーパンは家族のため行動に出る。第68回カンヌ・パルムドール。〔115分〕
水那岐 (2016年02月17日)
[投票]
★5 キャロル(2015/英=米=仏)
1952年。写真家に憧れつつデパートの売り子を勤めるテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスプレゼントを選びに訪れた人妻キャロル(ケイト・ブランシェット)の美貌と、成熟した気品に魅せられる。そんなテレーズが、玩具宅送を頼んで去ったキャロルのもとに忘れ物の手袋を郵送したのは、ほんの親切心からのことであった。だが、感謝をこめて昼食に誘ってきた彼女を前に、テレーズは恋人リチャード(ジェイク・レイシー)との間では体験できない興奮を味わって戸惑う。そんなある日、すっかり親密になったテレーズを招くキャロルの家に現われたのは、わが子の養育問題で揉めているキャロルの元夫、ハージ(カイル・チャンドラー)だった。〔118分〕
水那岐 (2016年02月17日)
[投票]
★3 ザ・ガンマン(2015/米=スペイン=英=仏)
内戦で荒れるコンガ共和国。ジム・テリア(ショーン・ペン)は、他の2人の狙撃手ら共にと大臣暗殺の極秘指令を受け、実行した彼は、恋人の医師アニーを残し、国外へ逃亡する。8年後、ジムはNGOのスタッフとして、こっそりアフリカへ戻り、井戸掘りの事業を手伝っていたが、そこへ突然武装した何者かの襲撃を受ける。撃退したジムは、これが8年前の暗殺に関係していると考え、かつての仲間に会うが、他の2人はすでに殺害されている事実を知る。真相を探すために、ジムに狙撃の指示を出したフェリックス(ハビエル・バルデム)の元を訪ねるが、その隣には妻となったかつての恋人アニーがいた・・・。
プロキオン14 (2016年02月16日)
[投票]
★4 GAMBA ガンバと仲間たち(2015/日)
冒険大好きの町ネズミのガンバ(梶裕貴)は、仲間のマンプクと、「海がみたい」と港町へ。船乗りネズミのヨイショやガクシャたちと仲良くなり、宴を楽しんでいたが、そこへ一匹の島ネズミ・忠太がやってくる。凶悪な白イタチの「ノロイ」から、島の仲間を助けてほしい!と懇願されるが、勇敢な船乗りネズミたちも思わずたじろぐ。しかし、向う見ずなガンバは忠太のために、島へ行く決意をする。そして7匹のネズミたちは、忠太の仲間が暮らす島へと乗り込むが、ノロイは、ガンバの想像以上に凶悪で、狡猾で、冷酷な敵だった。はたして彼らは島のネズミたちを救うことができるのか・・・。 [more]
プロキオン14 (2016年02月15日)
[投票]
★3 とらわれて夏(2013/米)
アメリカの、とある田舎町。夫に捨てられたアデル(ケイト・ウィンスレット)と、その息子のヘンリー。ある夏の終わりの日に二人はショッピングモールに買い物に出かける。そこで出会った謎の男・フランク( ジョシュ・ブローリン)。彼は逃亡中の脱獄犯だった。脅されて彼を家に匿うことになった二人。初めは怯えていたが、優しく接するフランクにすこしずつ打ち解けてゆき、男手がなく困っていたアデルを助け、ヘンリーにとっては、父親のような存在となり、その距離を縮めていったが・・・。
プロキオン14 (2016年02月14日)
[投票]
★3 俳優 亀岡拓次(2015/日)
脇役専門の映画俳優、亀岡(安田顕)は37歳の独身。Vシネ、インディーズ、時代劇とロケ現場を飛び歩き、黙々と与えられた役をこなし監督(新井浩文染谷将太山崎努)たちからの信頼も厚く、大女優(三田佳子)相手の慣れない舞台も何とかこなす。楽しみは場末の飲み屋での一人酒。ある夜、長野の居酒屋で女将(麻生久美子)と意気投合、密かな思いを抱く。そんな亀岡に敬愛するスペインの巨匠監督の新作オーディションの話しが舞い込みチャレンジするが・・・。仲間の脇役俳優、宇野(宇野祥平)と飲み歩くうちに一大決心、ある行動を起こすのだった。奇才横浜聡子が俳優で作家の戌井昭人の同名小説を映画化。(123分)
ぽんしゅう (2016年02月11日)
[投票]
★5 オデッセイ(2015/米)
近未来、火星に派遣された6人の探査隊は巨大な砂嵐に見舞われやむなくミッションを中止し地球へ引き上げることに。その緊急避難の際に一人の隊員が突風に襲われ死亡したと思われ5人は捜索をあきらめたのであった。しかしその一人マークマット・デイモンはかろうじて生きていた!だが探査隊用ベースは無事だったものの砂嵐により通信装置は壊れ、しかも食料は1年分しかなかった。次の火星探査隊が来るのは4年後、この絶望的な状況でマークは植物学者としての知識を活用し生存のために挑んでいく…リアルな科学考証が話題になったSF小説「火星の人」をリドリー・スコットが映画化。(142分) [more]
シーチキン (2016年02月07日)
[投票]
★3 ブラック・スキャンダル(2015/米)
1970年代後半から90年代にかけてボストンに君臨した実在の犯罪王ジェームス・“ホワイティ”・バルジャーを描く。南ボストンを根城にするアイリッシュ系ギャングのジミージョニー・デップは北ボストンを支配するイタリア系マフィアと抗争。その時、FBIボストン支局にコノリージョエル・エドガートンが赴任。コノリーは手柄を挙げるため、幼馴染で上院議員にしてジミーの弟ビリーベネディクト・カンバーバッチにジミーとの「橋渡し」を依頼し、マフィア壊滅のための「情報提供者」にと持ちかける。見返りにFBIの免責を受けたジミーはコノリーとの癒着を深め、冷酷なやり方で急速に勢力を広げていく…(123分)
シーチキン (2016年02月06日)
[投票]
★4 嵐を呼ぶ友情(1959/日)
ジャズ界の人気を二分するトランぺッター、岡部(沢本忠雄)と川添(川地民夫)は、趣味趣向さえシンクロする仲の良さだ。恋の相手としてダンサーのマリ子(白木マリ)を選んだのも同じなら、現われた彼女の恋人「流しのアキラ(小林旭)」に喧嘩を挑み、呈良く叩き出されるのも一緒だった。そんな二人が師と仰ぐジャズマスターの旗(宇野重吉)と酒を呑んでいたとき、他者との衝突から喧嘩へとなだれ込むのを救ったのがアキラだったが、旗は彼を罵って追い出す。しかし、旗の家事を引き受ける娘、千秋(浅丘ルリ子)が二人組に語ったことには、アキラは旗の実の息子であり、理由あって反目しあっているというのだ。二人は仲裁に乗り出した。〔95分〕
水那岐 (2016年02月06日)
[投票]
★5 タイガー 伝説のスパイ(2012/インド)
インドとパキスタン。両国はこの60年間に4度交戦状態に入っている。そしてその諜報機関RAWとISIは今も秘かに戦っているのだ。これはRAWの伝説のスパイと言われたコード名‘タイガー’の物語。タイガーは裏切り者を始末した後、新しい任務の為にスコットランドへ飛ぶ。インドの対ミサイル攻撃を進めてきたキドワイ教授が、実は裏切っているのではという疑惑の解明だったが、教授には美人の助手ゾヤがついていた。ターガーとゾヤはいつしか惹かれあうようになる・・・。132分。インド・ピープルチョイス賞(作品、主演男優、女優賞)他多数受賞。またサルマーン・カーンは同年別の映画「Dabangg2」でガンタ(最低)賞の主演男優賞も受賞している。
KEI (2016年01月29日)
[投票]
★4 の・ようなもの のようなもの(2015/日)
脱サラして落語家の出船亭志ん米(尾藤イサオ)の内弟子になった志ん田(でん)(松山ケンイチ)は、いまだ前座修行の身。几帳面な性格が邪魔をして芸はさっぱり上達せず、思いを寄せる師匠の娘の夕美(北川景子)からも馬鹿にされっぱなし。おりしも一門は先代師匠の十三回忌公演の準備中。ワンマン後援会長(三田佳子)が、師匠の急死以来ゆくえ知れずの志ん魚(とと)(伊藤克信)の噺が聞きたいと言い出した。何がなんでも探し出せ!と志ん田に厳命が下り東へ西へ。やっと見つけた志ん魚は、便利屋として気ままに暮らしていた。故森田芳光監督ゆかりのスタッフ、キャストが結集した劇場デビュー作『の・ようなもの』の続編。(95分)
ぽんしゅう (2016年01月27日)
[投票]
★4 浅草の灯 踊子物語(1964/日)
オペラの花咲き誇る大正の浅草。日本座の役者山下(二谷英明)は乱暴者ながら、座長の佐々木(芦田伸介)から絶対の信頼を寄せられる好漢だった。だが山下は、佐々木の妻マリエ(山岡久乃)が女優たちをパトロンに抱かせていることに反感を募らせていた。心ならずもそんな運命に晒され、看板女優の紅子(朝風みどり)が泣いていることも知らず、麗子(吉永小百合)という新人が日本座の扉をくぐる。彼女の清冽な美貌に心を奪われ、その身を守ろうとする山下を、彼を慕う射的屋のお竜(奈良岡朋子)は危ぶむ。しかし意に介さぬ山下は、オペラ狂の青年ポカ長(浜田光夫)に麗子の護衛を頼むのだった。『浅草の灯』3度目の映画化。〔91分〕
水那岐 (2016年01月24日)
[投票]