コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] 帰郷(1950/日)

太平洋戦争末期のシンガポール。ダイヤの買い付けのため滞在していた佐衛子(木暮実千代)は、守屋(佐分利信)という男と知り合う。彼はかつて海軍の士官だったが、上官の罪をかぶる形で軍を去り、世界各地を放浪する旅に出ていたのだ。そんな彼に魅かれる佐衛子。やがて終戦を迎え、東京に戻った彼女は、偶然守屋の娘・伴子(津島恵子)と出会う。守屋もまた帰国していることを知っていた佐衛子は、この父娘を引き合わせようと考えるが、伴子には母の再婚相手である隠岐(山村聰)という養父が既にいるという事実を、彼女は知る。
Yasu

同年の毎日映画コンクールで、佐分利信山村聰はそれぞれ主演男優賞・助演男優賞を受賞。またこの作品は後年西川克己監督によってリメイクされた。

(評価:★3)

投票

このあらすじを気に入った人達 (1 人)寒山

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。