コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] 八十日間世界一周(1956/米)

大陸横断鉄道がやっと通った、産業改革時代のお話。  堅物で時間に厳しい、いかにもイギリス紳士の代表みたいな主人公が、ひょんな事から「80日間で世界を一周する」という賭けに全財産を投じて自ら旅立つ。  いかにも陽気な従僕と、主人公を銀行強盗犯と間違えて世界を一周して追いかける刑事。  不屈の精神と札束で、あらゆる交通手段を用い(買収し)彼は無事イギリス鉄道ロンドン駅にたどり着くことができるのか!?  ・・・と、ハラハラドキドキしない、どこかのどかな展開の映画^^
(★3 YO--CHAN)

投票

このあらすじを気に入った人達 (3 人)KEI にくじゃが MUCUN

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。