コメンテータ
ランキング
HELP

死ぬまでシネマさんのあらすじ: 投票数順

★3踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003/日)湾岸署のマスコットは子供たちに大人気の湾岸君なのだ。お台場は6つのアクセスルートからますます「増殖」して大にぎわいなのだ。ボクら湾岸署観光者相談係をはじめとして青島君(織田裕二)・すみれちゃん(深津絵里)・雪乃ちゃん(水野美紀),それから和久さん(いかりや長介)も相変わらず噛みつき魔やスリ相手に大忙しなのだ。こんなに忙しいのに連続殺人事件なんかが起きたら本店(警視庁本庁)から,室井管理官(柳葉敏郎)や新城補佐官(筧利夫)や警視庁初の女性管理官(真矢みき)なんかが来そうで面倒なのだ。え?真下くん(ユースケ=サンタマリア)も来るって・・・。HPは www.wangansho.com だよ! [more][投票(3)]
★3ピアニストを撃て(1960/仏)今ではしがない酒場で弾いているが嘗ては名の知れたピアニストだったシャルリ(シャルル=アズナヴール)の処へ、追っ手に追われたならず者の兄シコ(アレベール=レミ)がやって来た。彼を逃がしてやる事でシャルリもギャングに付き纏われることに。コンプレックスのある男の物語に、ウェイトレスのレナ(マリー=デュポワ)や前妻のテレザ(ニコール=ベルジュ)・娼婦クラリス(ミシェール=メルシェ)などが花を添える。ゴダールの『勝手にしやがれ』に名の挙がっていたアズナヴールはこちらを希望し主演が決定、デイヴィッド=グーディスの小説「ダウン=ゼア」を、若干28歳のトリュフォーが映画化。音楽はジョルジュ=ドルリュー[投票(3)]
★3海の上のピアニスト(1998/伊)1946年,落ちぶれたマックス(プルート=テイラー=ヴィンス)は大事なトランペットを楽器屋に売り渡す。最後に演奏した曲を聴きとめて店長(ピーター=ヴォーン)が,古いレコードを取り出した。一度は粉々になったレコード。「この曲じゃないかい?」驚いたマックスは語り始める,かつて1900年に船上で生まれ「ナインティーンハンドレッド」と名付けられた,伝説のピアニスト(ティム=ロス)がいたことを・・・。[投票(3)]
★3ファイナル・カット(2004/カナダ=独)アラン(ロビン=ウィリアムズ)は死者の脳から取り出されたゾーイチップの記録を編集し「リメモリー=追悼上映会」を行う編集者(カッター)。他人の秘密を覗く聖職者のような存在。世間では追憶は残された者たちによってなされるべきだ、とチップ反対運動が巻き起こっている。アランは人々の悪行の記録をカットし、美しい想い出のみを紡いでゆく。しかしそんな彼自身にも少年の頃の忌まわしい記憶があった。… ◆ 94分 全洋画online: www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=323811 公式HP: www.finalcutfilm.com/ [more][投票(2)]
★3ビルマ、パゴダの影で(2004/スイス)観光番組の撮影と偽りビルマ(ミャンマー)政府の撮影許可を取り付けたスイス人監督の一行は、指定されたコースを離れジャングルの奥地へ入り、国境地域の少数民族部落や反政府軍の実情を映し出す。ビルマは軍事独裁政権による圧政下にあるが、大多数を占めるビルマ人による、カレン族やシャン族といった少数民族への排斥といった側面もあるのだ。… '07年9月にヤンゴンなどでの反政府デモ鎮圧で起きた流血の悲劇を受け、'04年制作のドキュメンタリーが'08年3月より日本で緊急公開された。配給=アップリンク〔カラー/74分/16:9〕 [more][投票(1)]
★3映画監督って何だ!(2006/日)1936年2月26日の大雪の中、帝都を揺るがすクーデター事件が起こった。その夜が明けやらぬ同じ日、神田駿河台の「駿台荘」でとある会合がもたれていた。これぞ「日本映画監督協会」の産声である。…◆ 著作権について国際的にはヴェルヌ条約、日本に於いては著作権法というモノがあるが、この29条こそがクセモノ。実は映画の著作権は著作者である監督らに帰属せず、完成と同時に製作会社のものとなる。この日本の黒くて深い闇に、監督協会を代表して伊藤俊也が切り込む!◆ 日本映画監督協会創立70周年記念作品。協会所属の監督60人がスタッフ、90人がキャストとして関わっている怪作。90分。[投票(1)]
★3帰らざる河(1954/米)ゴールドラッシュに湧くロッキー山麓の田舎町に、マット=コルダー(ロバート=ミッチャム)が子供を探しに来る。彼は或る事情で別れ離れになっていた息子マーク(トミー=レティグ)を町まで呼び寄せていたのだ。酒場で歌う歌姫ケイ(マリリン=モンロー)は、ひとから金鉱の権利を騙し取った恋人ハリー=ウェストン(ロリー=カルホーン)と金鉱の登記をするため筏で河を下りカウンシルの都会へ出ようとするが、激流に翻弄されてコルダーの農園に流れ着く…。◆ 監督は『ローラ殺人事件('44)』『栄光への脱出('60)』のオットー=プレミンジャー。モンローは公開時28歳。◆ 91分 テクニカラー[投票(1)]
★3トントンギコギコ図工の時間(2004/日)ここは東京品川にあるとある小学校の図工室。ウチノ先生からもらった課題で、子供たちがトントンギコギコ。すると出てくるわ出てくるわ独創性にあふれた素晴らしくも可愛らしい作品たちが。… ◆ '59年生まれのお母さん、野中真理子監督が、夏海光造(撮影)・米山 靖(音響)と3人で内野 務先生のいる品川区第三日野小学校図工室に乗り込み、そこで見つけた子供たちの輝きを、前作『こどもの時間』に引き続き見事で可愛らしいドキュメンタリーにまとめた。◆ 2004年キネマ旬報文化映画第3位/2004年第2回文化庁文化記録映画優秀賞 ◆ 公式HP http://www.tontongikogiko.com/[投票(1)]
★4煙突の見える場所(1953/日)緒方隆吉・弘子夫婦(上原 謙田中絹代)はおばけ煙突の見える川辺に月3千円の家を借り、2階を久保健三(芥川比呂志)と東 仙子(高峰秀子)にそれぞれ千7百円と千円で貸している。それでも暮らし向きは苦しく、荻野法で避妊しなくてはならない。と、最近隆吉は姉さん女房の弘子がよそよそしく感じられてきた。妻は昔の事を何も語らない…。◆ 夫婦や男女の心の機微を優しく描いた好篇。穏やかな暮らしにも戦争の記憶は翳を落としている。[108分 白黒] [more][投票(1)]
★3アンブレイカブル(2000/米)132人の乗客の内1人だけ生存という悲惨な列車事故が起きた。その男,デヴィッド=ダン(ブルース=ウィリス)はかすり傷一つ負わなかったのだ。「なぜ俺だけが?」そんな彼に謎のメッセージが届く。「これまでの人生で何日間病気に罹ったか?」ダンには自分が病気になった記憶が,ない!メッセージの送り主,イライジャ=プライス(サミュエル=L.ジャクソン)を捜し出したダンに,イライジャは言う。「君こそ私が長年探し求めてきた人間だ。君は決して壊れない体を持っているのではないか?」・・・[投票(1)]
★0モチモチの木(1972/日)家の外にあるモチモチの木を恐くて見る事が出来ない臆病な少年マメ太と、彼を見守るお祖父さんの物語。浄瑠璃調の語りと半立体の和紙を使った人形アニメーションの労作。原作は文=斉藤隆介・切り絵=滝平二郎の同名絵本(岩崎書店'71年)。◆ '73年キネマ旬報文化映画第1位[投票]
★4無法松故郷へ帰る(1973/日)未帰還兵を追って タイ篇』に続く第3弾。今回は、前作に登場した「気骨のひと」、長崎出身でタイ国で農業を営む藤田松吉氏に焦点を当て、その30年振りの帰郷と家族との再会にまつわるドラマチックな展開を記録する。録音=武重邦夫〔カラー/スタンダード/16mm/47分〕[投票]
★4未帰還兵を追って 第二部 タイ篇(1971/日)東京12チャンエル(現=テレビ東京)制作のテレビドキュメンタリー。『マレー篇』に続く第二弾。タイに残った3人の未帰還兵に、今村昌平本人が様々な質問を投げかける。祖国からの訪問者に対し、3人はそれぞれ異なった有り様を見せる。〔49分/16mm/カラー〕[投票]
★3未帰還兵を追って 第一部 マレー篇(1971/日)京12チャンネル(現=テレビ東京)の「金曜スペシャル」で放送されたテレビドキュメンタリー。政府公式見解では「マレーに未帰還兵はいない」。しかし現実はそうではない、と聞いた今村昌平本人が、未帰還兵を探しにマレーに赴き、方々を探し歩く様を描く。日本語を解する中国華僑から情報を得て、マレー奥地に住むという日本人を訪ねる。しかし解するようでそうでない華僑との意思疎通は困難、インド人部落やマレー現地人とのやり取りでは今村本人が言う通り「何だか訳が解らない」事態へ陥る。製作=今村プロダクション/東京12チャンネル 録音=紅谷愃一 編集=岡安 肇 ◆〔カラー/スタンダード/16mm/47分〕[投票]
★0絵図に偲ぶ江戸のくらし 吉左衛門さんと町の人々(1977/日)江戸後期安政年間、「将軍の日光御成道」と言われた現在の文京区本郷通りに住んでいた髪結い「えび床」の主人、伊せや吉左衛門。彼により当時の暮らしや町の様子、風習を生き生きと記録した詳細な絵図が残されている。伊藤惣一のユーモラスな語りにより、現在と対比しながら往事を偲ぶ記録映画。32min./企画=文京区/製作=岩波映画製作所 ◆ '78年キネマ旬報文化映画第1位[投票]
★0彫る 棟方志功の世界(1975/日)日本が誇る版画家・棟方志功(1903生~75没)。その作品や生まれ育った津軽の風土を通して、彼の芸術世界を描き出したドキュメンタリー映画。語りは鈴木瑞穂。38min./カラー/製作=美術映画製作協会・毎日映画社/文部省特別選定 ◆ '75年ベルリン国際映画祭短編部門グランプリ受賞/'75年芸術祭大賞/'75年キネマ旬報文化映画第1位 [more][投票]
★0明治の洋風建築(1972/日)28min./カラー/制作=英映画社 ◆ '72年毎日映画コンクール教育文化映画賞/'72年キネマ旬報文化映画第1位[投票]
★01952年メーデー(1952/日)「血のメーデー事件」が起きた1952年5月1日皇居前広場の記録。◆ 1946年の再開以来メーデーの中央会場は皇居前広場であったが、この年政府はその使用を禁止。抗議した第23回メーデー参加者は自然発生的に皇居前広場に向かい、待機していた多数の武装警官と乱闘となった。警官隊が(威嚇?)発砲し、デモ隊から2名死亡・740名以上の重軽傷者を出した。デモ隊の1000名以上が逮捕、うち261名が騒擾罪により起訴された。◆ 旧日本映画社出身者らによる日映作家集団などを母体として結成された記録映画製作協議会による第1回作品。20min./白黒/16mm[投票]
★0にんげんをかえせ(1982/日)アメリカ国立公文書館に眠っている記録映画フィルムを、10フィート1単位で市民からのカンパにより日本に買い戻そうという市民運動、「10フィート運動」映画3部作の第一作。語りは大竹しのぶ。製作は子供たちに世界の被爆の記録を贈る会映画製作委員会/青銅プロダクション、配給は大映インターナショナル。◆ アメリカン・フィルムフェスティバル1984年度ブルーリボン賞受賞。〔20min/カラー/16mm〕 [more][投票]
★3裁判員制度 もしもあなたが選ばれたら(2005/日)自分には一生縁がないだろうと思っていた裁判所の法廷に、小林靖雄(西村雅彦)はいた。刃傷沙汰の裁判員に選任されたのだ。裁判員候補者としての面接から2日間にわたる裁判を、裁判長との予想外のやり取りや他の裁判員(榊原あや(加藤夏希)・小林孝子(川俣しのぶ)・井上正樹(樋口浩二)・杉田佳子(橘 ユキコ)・山本治雄(野沢太三))たちとの評議、息子の晴彦(浜上竜也)との葛藤を通して成長する小林を通して描く。◆〔法務省/カラー/58分〕 [more][投票]