コメンテータ
ランキング
HELP

ぽんしゅうさんのあらすじ: 点数順

★5運命じゃない人(2004/日)あらすじは書けません。筋を知ったとたん面白さが半減します。断言します。何も知らずに見るのが一番。だから書きません。しいて言えば、さっき携帯で話した友人との会話には、あなたが知らな全然別の意味があり、今脇をすり抜けていった車にはあかの他人が乗っているが、その人物はあなたにとって重要な人だ、という映画です。それじゃあ、何だか分からん?!。そうですか、じゃあちょっとだけ・・・。婚約者と別れた桑田真紀(霧島れいか)と、人の良い独身サラリーマン宮田(中村靖日)がいました。そして探偵の神田(山中聡)が出てきて、二人は・・・あ〜やっぱり書けない。早く、映画を見てください。 [more][投票(11)]
★5ラブホテル(1985/日)経営する出版社が倒産、取り立ての男たちに妻まで陵辱された村木(寺田農)。自暴自棄のまま、その夜ホテルに呼んだ女を道連れに世を去ろうとする・・・。数年後、タクシー運転手となった村木はその時の女・名美(速水典子)と出会う。思いつめた様子の名美は、夜の港で村木の車を降り自死を臭わせる・・・。落ちた中年男。這い上がろうとする女。ふたりが交錯した時、過去の葛藤の底から不器用な愛が生まれる。その愛は飛翔のあかしか、修羅への入り口か・・・山口百恵もんたよしのりの唄が閉じた心をこじ開ける。にっかつロマンポルノ。[投票(6)]
★5(秘)色情めす市場(1974/日)「うち、なんやさからいたいねん!」娼婦のトメは世話になった女将さん(絵沢萌子)の止めるのも聞かずフリーの街娼として独立する。トメは娼婦としてライバルでもある母親(花柳幻舟)と知的障害をもつ弟サネオ(夢村四郎)の三人で大阪、釜ヶ崎のドヤ街に暮らす。そんなトメに街の顔役で“真珠”が自慢の男(高橋明)が自分の女になって働くよう強要するがトメは激しく拒否する。次に男が目を付けたのは、どこからともなくこの街に落ちてきたOL崩れの女(宮下順子)と学生(萩原朔美)のいわく有りげなカップル。トメはまだ見ぬ父への思いを手配写真の男に重ねつつ、どん底の街を彷徨い続けるのだった。日活ロマンポルノ。(83分/パートカラー/シネマスコープ)[投票(4)]
★5アカルイミライ(2002/日)やり場のない苛立ちを隠さない雄二(オダギリジョー)は、子供のころ夢を見ると未来が見えたと言う。そんな雄二の兄貴的存在の温和な守(浅野忠信)。二人はおしぼり再生工場のアルバイト社員である。工場の社長藤原(笹野高史)からは正社員になるように勧められているのだが、二人とも藤原の生き方と過度の干渉が嫌で今ひとつ気乗りしていない。やがて守は自分が飼っている猛毒を持つクラゲの飼育方法を雄二に教え始める。そして突然、その凄惨な殺人事件は起きた。事件後、雄二は守の父真一郎(藤竜也)のリサイクルショップで廃品の再生を手伝いながら生活し始める。(115分/カラー/ワイド)[投票(2)]
★5無法松の一生(1958/日)酒と喧嘩と博打に明け暮れる九州小倉の人力車夫・富島松五郎(三船敏郎)は、ひょんなことからエリート陸軍将校・吉岡大尉(井川比呂志)一家と知り合い、その美しい夫人(高峰秀子)と息子(松本薫・笠原健司)のために生涯をささげ無償の愛を貫き通す。///////第二次大戦下に伊丹万作が地元作家・岩下俊作の小説「富島松五郎伝」を脚本化し、自ら映画化を試みるが病のため断念。メガホンを友人の稲垣浩たくすも公開時(43年)に内務省警保局、戦後の再公開時には米国占領軍総司令部の検閲のため11分に及ぶシーンのカットを余儀なくされた。その脚本での完全な映画化を再び稲垣監督が試みた。(104分/カラー/シネスコ) [more][投票(2)]
★5横道世之介(2012/日)1987年。長崎から上京した法政大学の新入生・横道世之介(高良健吾)という男がいた。入学式で出会った一平(池松壮亮)や唯(朝倉あき)と断りきれず同じサークルに入り、人違いで知り合った加藤(綾野剛)のアパートに何日も居座り続けたり。あか抜けないお人好しで、図々しいが笑顔が憎めない奴だ。ひょんなことで知り合った謎の年上の女・千春(伊藤歩)に心ときめかせる一方、成金のお嬢様・祥子(吉高由里子)から猛烈なアタックを受けて翻弄される。そして十数年の時を経て、そんな彼や彼女たちが、ふと世之介のことを思い出したとき、そこには必ず微笑み、苦笑、爆笑がつきまとう。世之介が人の心に残したものとは・・・(160分)[投票(1)]
★5白いリボン(2009/独=オーストリア=仏=伊)第一次大戦前夜のドイツの寒村。何者かによって張られた針金によって医者(ライナー・ボック)が落馬し大怪我をした。その事件が引き金のように不吉な出来事が頻発し始める。地主の男爵(ウルリッヒ・トゥクール)の納屋で小作人の妻が転落死したのだ。息子のマルティン(レオナルト・プロクサウフ)ら6人姉弟に厳しく接する牧師(ブルクハルト・クラウスナー)一家、男爵に仕える家令(ヨーゼフ・ビーアビヒラー)一家、障害児をかかえる助産婦(ズザンネ・ロタール)らの慎ましくも息苦しい日々が続く。季節が移ろうなか、やがて魔手は幼い子供たちにも伸び始める。カンヌ国際映画祭最高賞受賞(144分/白黒/ヴィスタサイズ)[投票(1)]
★5懺悔(1984/グルジア=露)ソ連時代のグルジア。市民から名士として尊敬されていた元市長のヴェアルラム(アフタンディル・マハラゼ)が死んだ。皆に惜しまれつつ葬儀も終わり、遺体は墓地に埋葬された。しかし、翌朝、事件が起きた。市長の遺体が掘り起こされ、息子のアベル(アフタンディル・マハラゼ・二役)夫婦の自宅前に放置されていたのだ。それは次の朝も、また次の朝も続いた。犯人は意外な人物だった。やがて、30年以上前に粛清されたバラテリ夫妻(エディシェル・ギオルゴビアニ/ケテヴァン・アブラゼ)と、その娘ケティバン(ゼイナブ・ボッヴァゼ)の人生とともに、冷酷非道な独裁者としての市長の姿が暴かれる。(155分/カラー/スタンダード) [more][投票(1)]
★5受取人不明(2001/韓国)米軍基地に隣接した70年代のある村。廃車となったバスで暮らす黒人兵との混血青年チャングク(ヤン・ドングン)は、犬商人(チョ・ジェヒョン)の屠殺助手として働いていた。母(パン・ウンジン)は、二人を残して帰国したチャングクの父親に今日も手紙を送り続ける。朝鮮戦争で敵を3人殺しながら足を失い没落した地主(ミョン・ケナム)。息子のジフム(キム・ヨンミン)は、学校をやめ下級生たちからも虐められる気の弱い青年だ。兄の悪戯で右目を失明した女子高校生ウノク(パン・ミンジョン)は、子犬だけが友だった。朝鮮戦争の傷跡と基地の村の青春を鬼才キム・ギドクが描く。(119分/カラー/ヴィスタサイズ)[投票(1)]
★5フリック(2004/日)東京で惨殺された女子大生・美知子(安藤希)の身元確認のため、刑事の村田(香川照之)と滑川(田辺誠一)は最果ての地、苫小牧にいた。それは、妻を亡くし自暴自棄で酒びたりの生活を送る村田刑事の復帰のための任務でもあった。そして村田は、失意の内に謎の死を遂げた美和子の遺族に対する地元市警の佐伯(田中隆三)と及川(松田賢二)の対応に不信を抱き越権捜査を開始する。聞き込みからたどり着いたバーで、雇われオーナー伸子(大塚寧々)に出会った村田は、絡み合った人間関係の中で現実と妄想の間を彷徨い始めるのだった。押し寄せる猜疑心の中で真実が錯綜する幻想ミステリー。(154分/カラー/ビスタサイズ)[投票(1)]
★5TOMORROW 明日(1988/日)昭和20年、長崎。その日、泰一郎夫婦(長門裕之馬渕晴子)の家では、新郎の中川(佐野史郎)を迎え娘ヤエ(南果歩)の結婚披露宴が催されようとしていた。出産間近の長女ツル子(桃井かおり)は宴の準備に追われ、、三女昭子(仙道敦子)は恋人のもとに召集令状が来たことを知らされる。中川の友人石原(黒田アーサー)は病気の捕虜のために食料を手に入れようと奔走し、新婚の市電運転手水本(なべおさみ)は愛妻に送られ空襲警報のもと仕事に励む。誰もが今日を精一杯生き抜こうとするいつもと変わらぬ戦時下の一日。ただ明日が、8月9日という原爆投下の日だという以外は。(105分/カラー/ワイド) [投票(1)]
★5美しい夏キリシマ(2003/日)昭和20年8月。満州の親元を離れ中学生の康夫(柄本佑)は、日高家の跡取りとして宮崎県の霧島連山の麓にある祖父母(原田芳雄・左時枝)の家で暮らしていた。沖縄に米軍が上陸し広島に新型爆弾が落とされ、村には本土決戦に備え日本軍が駐屯しのどかに見える人々の生活の中にも戦争の影は忍び込んでいた。夫を亡くした日高家の小作人イネ(石田ゆり)は駐屯兵(香川照之)との情事に溺れ、奉公人のはる(中島ひろ子)は戦地で足をなくした男(寺島進)のもとに心ならずも嫁ぐ。そして、康夫も空襲で親友を見捨てて死なせてしまったという心のしこりに悩み、その友人の妹のもとを訪ねた。(118分/カラー/ワイド) [more][投票(1)]
★5笑う蛙(2002/日)眼下に海を見おろす古びた伊豆の別荘。逸平(長塚京三)は、支店長をしていた自分の銀行の金を横領、警察に追われる身であった。逃走の末に逸平は妻・涼子(大塚寧々)の父の持ち物で、今は空家となっているその別荘に身を寄せる。しかし、そこにはすでに住人がいた。夫の事件のため世間から身を隠すようにひっそりと暮らす涼子だった。妻は離婚届を書くことを条件に別荘の納屋で夫を匿いはじめる。納屋にあいた節穴から射す光。その穴から垣間見える世界の中に、やがて涼子の恋人が、母が、逸平の不倫相手が訪れてくる。原作は藤田宜永の小説「虜」(96分/カラー/ビスタサイズ)[投票(1)]
★5「エロ事師たち」より 人類学入門(1966/日)スブやん(小沢昭一)はエロ事師である。男女のナニを8ミリフィルムで撮影したり、エロ小説を編集したり、スケベな合成写真を作ったり。それが、また飛ぶように売れるのである。スブやんはとにかく一生懸命稼ぐのだ。それは一緒に暮している戦争未亡人・春(坂本スミ子)と、その息子の幸一(近藤正臣)、中学三年生の娘・啓子(松田恵子)のためである。なのに幸一は未だに母離れできない甘ったれガキで、スブやんを金づるとしか思っていない。啓子にも小学生時代スブやんのことが遠因で、大怪我をした過去がある。でもスブやんは頑張るのである。原作は野坂昭如の同名小説。66年度キネ旬2位。(128分/モノクロ/ワイド)[投票(1)]
★5細雪(1983/日)大阪船場の名家・蒔岡家の四姉妹の物語。戦争の足音が忍び寄る昭和13年、鶴子(岸恵子)、幸子(佐久間良子)、雪子(吉永小百合)、妙子(古手川祐子)、そして幸子の夫・貞之助(石坂浩二)は、京都の料亭に花見のために集まった。全員が揃うなり幸子が雪子に持ちかけた縁談をめぐって鶴子と言い争いに。幸子の夫・貞之助がせっかく持ってきた縁談を、断われと言うのである。おっとりと、しかし激しい言葉のやり取りが続く。二人のそんな様子にも、雪子は全く意をかいさない。まるで他人事のように悠然としているのであった。・・・・谷崎潤一郎の名作「細雪」の三度目の映画化。83年度キネマ旬報・ベストテン第2位。[投票(1)]
★5ROMA/ローマ(2018/メキシコ=米)1970年。メキシコシティのローマ地区。クレオ(ヤリッツァ・アパラシオ)は医者のアントニオ一家で働く若い家政婦だ。一家は4人の子供と祖母、そして夫妻の7人家族。クレオは同僚とともに住み込みで一家の家事を切り盛りし、小さな子供たちからは家族のように慕われていた。そんななか家長のアントニオが学会のためカナダへ長期出張に出かけてしまった。出張が長引きなかなか戻らない夫に、妻のソフィア(マリーナ・デ・ダビラ)は不安がつのる。そしてクレオにある事件が起き、さらに一家もまた大きな転機を迎えることになる。アルフォンソ・キュアロンが実家での幼少期の思い出をベースに描くベネチア&アカデミー受賞作。(白黒/135分) [more][投票]
★5岬の兄妹(2018/日)小さな港町で暮らす兄妹。造船所で働く良夫(松浦祐也)は片足が悪く妹の真理子(和田光沙)には知的障がいがあった。しばしば真里子は家を抜け出し行方不明になってしまう。その日も良夫は妹を探し回っていた。夜になり戻った真里子のポケットには一万円札。そして下着は汚れていた。激怒する良夫をよそに真里子はこれを「冒険」と呼んだ。やがてリストラされ生活に困窮した良夫は、罪悪感にさいなまれつつも真里子の「冒険」を「お仕事」にして客をとらせ始めた。真理子は「お仕事」を苦にするどころか出会いを楽しむかのように嬉々としてこなしていく。ポン・ジュノ山下敦弘らの助監督を務めた片山慎三の長編初監督作。(89分)[投票]
★5非情の男(1961/日)情けはいらない。その代り情けはかけない。それが愚連隊のチンピラ・五郎(三上真一郎)が生まれ育ったドヤ街を抜け出すための信念だ。労務者のピンハネ、競馬のノミ屋、素人相手のユスリ。踊り子の恋人みつみ(芳村真理)がいながら、女の間を渡り歩き、みつみのライバルのりこ(瞳麗子)にも手を出す五郎。昔の仲間・深津(上田吉二郎)から、今どきは政治結社の方が儲かると聞かされた五郎は、何の政治信条もなしにボスの山井(城所英夫)と、胡散臭い元高校教師の犬丸(三井弘次)を思想顧問してに右翼団体を起ち上げて、名前を挙げるために世の中で話題の安保反対デモに殴り込みをかけるのだが・・・。(81分/白黒/シネマスコープ)[投票]
★5二階堂家物語(2018/日)奈良県天理市。二階堂家は代々続く地元の名家だ。ところが、土地の農作物を扱う会社の社長でもある家長の辰也(加藤雅也)は、跡取りの息子が他界し、それが原因で妻も家を去り落胆していた。家系が途絶えることに耐えられない母親のハル(白川和子)は、気心の知れた地元の娘、美紀(伊勢佳世)との再婚を半ば強引に薦めるが、辰也は秘書の沙羅(陽月華)に想いを寄せていた。一方、辰也の会社で働くやり手の洋輔(町田啓太)は、婿養子として娘の由子(石橋静河)と結婚してもよいと考え始めていた。二階堂家の跡継ぎ問題は、それぞれの思いを秘めながら地元の住人を巻き込んで、家族の軋轢と行き違いを生むのだが・・・。(105分) [more][投票]
★5ニースについて(1929/仏)南フランスのリゾート地ニースに集うブルジョア・バカンス客、瀟洒な街並、カーニバルの狂騒、庶民の営みをエネルギッシュなカッティングで描く皮肉と批判精神に富んだ短編映像スケッチ。以降、コンビを組む撮影者ボリス・カウフマンとの共同監督による、25歳のジャン・ヴィゴ初監督作品。(モノクロ/スタンダード/23分)[投票]