コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] 花を喰う蟲(1967/日)

横浜の不良娘、奈美(太地喜和子)は中年紳士、香本(二谷英明)からファッションモデルにならないかと誘われた。香本のプロデュースで、奈美は数々の美女コンテストで女王を勝ち取りモデルとして活躍し始めた。そんな奈美のもとを不良時代の恋人リック(郷えい治)は訪ねるが無視されてしまう。やがて香本は、かつて自分が秘書を務めた政治家の斎村(富田仲次郎)や、財界の有力者(清水将夫)への貢物として奈美を利用し始めるのだった。謎の男、香本の本当の狙いとは・・・。原作は黒岩重吾のミステリー。不入りで上映打ち切りとなり鈴木清順監督の日活解雇のきっかけとなった『殺しの烙印』の併映作、だそうです。(99分/白黒)
(★4 ぽんしゅう)

投票

このあらすじを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。