コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] モアナ 南海の歓喜(1980/米)

1926年にドキュメンタリー映画の父と呼ばれる英国地誌学会々員ロバート・フラハティと妻のフランセスが、当時の英領サモア島の原住民の生活をカメラに収めたサイレント作品『モアナ』を完成させた。その50年後に娘のモニカ・フラハティが現地を再訪し住民の協力を得て音声を収録。1980年に製作したサウンド版が本作(2014年にデジタル復元)である。サモアの青年モアナには村一番の良家の娘ファンガセという婚約者がいた。二人が結婚式を挙げるまでのようすを、漁や衣服や食料づくりといった日常生活や、のどかだがときに過酷な自然、そして伝統の歌や踊り、成人を迎える儀式を紹介しながら描く長編ドキュメンタリー。(98分/白黒/スタンダード)
(★3 ぽんしゅう)

投票

このあらすじを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。