コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] 魂のゆくえ(2017/米=英=豪)

従軍牧師の家系に育ったトーラー(イーサン・ホーク)は息子を亡くし妻と別れて、今は小さな教会の牧師をしていた。ある日、妊娠中の信者メアリー(アマンダ・サイフリッド)から、環境活動家の夫(フィリップ・エッティンガー)の悩みを聞いて欲しいと頼まれる。地球の将来を悲観する夫は、生まれてくる子供が苦しむことに耐えられないという。「我々が世界を破壊しても神は赦しくれるのか」という問いに確信を持って答えることができないトーラー牧師は、さらに大きな「矛盾」のなかに自分がいることを知るのだった。『タクシードライバー』、『愛のメモリー』の脚本家ポール・シュレイダーの構想50年に及ぶ監督作。(スタンダード/113分)
(★4 ぽんしゅう)

投票

このあらすじを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。