コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] あのこは貴族(2020/日)

東京の松濤の開業医の三女華子(門脇麦)は名門女子大出のお嬢様。27歳になるが仕事はせず家事手伝いと称し日々を送っている。一族がそうであるように結婚こそが幸せと信じているが良縁に恵まれず薦められるままに見合いを重ねていた。一方、富山の平凡な家庭で育った美紀(水原希子)は努力のすえ慶応大学に進んだが父親が失業。夜のバイトで学費を稼ぐが行き詰り中退。今は仕事にやりがいを見いだせないまま惰性で東京暮らしを続けていた。そんな住む世界の違う二人が、政治家も排出する名門家の独身弁護士幸一郎(高良健吾)を接点に出会い、一瞬交錯する。山内マリコの原作を長編二作目となる岨手由貴子監督が映画化。(124分)
(★4 ぽんしゅう)

投票

このあらすじを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。