コメンテータ
ランキング
HELP

とっつぁんさんのあらすじ: 更新順

★3ファースト・キル(2017/カナダ=米=英)息子タイ・シェルトンがイジメにあっていることを知った父親ヘイデン・クリステンセンは、自分が父から教わったように鹿狩りを教えようと叔母の家にやって来る。街で、顔見知りの警察署長ブルース・ウィリスから「二人組の銀行強盗が逃走しているから気をつけるように」と注意喚起される。親子が鹿狩りをしていると男ゲシン・アンソニーがもう一人の男に銃を突きつけられて言い合っているのを目撃する。銃を持った男は、相手の男を撃ち、親子の存在に気づき、親子にも発砲してくる。[投票]
★4家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018/日)前の結婚が3年で終わった夫安田顕は妻榮倉奈々との結婚の際に3年目にお互いの気持ちを確かめ合おうと決める。その3年目のある日、夫が家に帰ってくると妻が死んだふりをしていた。手を変え品を変え、死んだふりは続けられた。[投票]
★1アフターマス(2017/米=英)2機の旅客機が飛行中に衝突事故をお越し全員死亡してしまう。その飛行機に乗っていた妻と妊娠中の娘を空港に迎えに行き事故を知らされた男アーノルド・シュワルツェネッガー。遺族の中でただ一人航空会社を訴えてまで謝罪を要求しようとする。一方、事故機を誘導していた管制官スクート・マクネイリー。少しは過失はあったかもしれないが、重大な過失や職務怠慢であったわけではないのに、自責の念に押しつぶされ、世間からも糾弾される。[投票]
★4世界は今日から君のもの(2016/日)かつて引きこもりだった主人公門脇麦は、父マキタスポーツと二人暮らし。母YOUは家を出て行ったが連絡は取っている。父の勧めでゲーム会社のデバッガーのバイトを始める。たまたま制作部のディレクター三浦貴大が依頼していたイラストの手直しを手伝ったことからイラストの才能を認められる。[投票]
★1マザー!(2017/米)人里離れた一軒家に暮らし始めた詩人ハビエル・バルデムとその妻ジェニファー・ローレンス。B&Bだと聞いたという男エド・ハリスが訪ねて来る。やがて、男の妻ミシェル・ファイファーや息子たちもやって来る。妻は嫌がるが、夫は次々受け入れる。[投票]
★2ラプラスの魔女(2018/日)2つの離れた温泉地で硫化水素中毒で死亡した「事故」の調査を依頼された教授櫻井翔。最初の被害者の妻 佐藤江梨子が犯人ではないかと考えている刑事玉木宏が教授に事故ではなく事件ではないかと聞いてくるが硫化水素の流れを予測して殺人を行うことは不可能だと答える。「ラプラスの魔女」と名乗る女広瀬すずも教授に接触してくる。捜査が進むと、最初の被害者とつながりがある映画監督豊川悦司の家族が「硫化水素自殺」を図り、生き残った息子福士蒼汰が記憶をなくしていることが分かる。[投票]
★3フェリシーと夢のトウシューズ(2016/仏=カナダ)同じ孤児院にいる少女エル・ファニングと少年デイン・デハーンは日頃脱走するときは一緒と約束していた。ある日2人は脱走しパリにたどり着く。パリではエッフェル塔が建設中だった。少年は発明家に、少女はオペラ座のバレリーナに憧れ、どちらが先に夢を達成するか競争する。少女はオペラ座の掃除をしている女性に助けられ、オペラ座のバレエ教室に潜り込むことに成功する。[投票]
★3火曜日ならベルギーよ(1969/米)ヨーロッパを旅行するアメリカの団体客の話。[投票]
★4マーシャル 法廷を変えた男(2017/米=中国)上流階級の白人女性ケイト・ハドソンが使用人の黒人スターリング・K・ブラウンにレイプされたと訴え裁判が始まる。全米黒人地位向上協会(NAACP)の弁護士チャドウィック・ボーズマンが代理人を務め、白人の弁護士ジョシュ・ギャッドが手伝うことになる。検事ダン・スティーヴンスの父親と親しい判事ジェームズ・クロムウェルが取り仕切るという被告人不利の状況の中、州外の弁護士という理由で黒人弁護士には発言も許されない。[投票]
★3ストレンジャー(1995/米)連続殺人犯ハリー・ディーン・スタントンの精神鑑定をしている精神科医レベッカ・デ・モーネイ。買い物中に見知らぬ男アントニオ・バンデラスに声をかけられ付き合い始める。その頃から、音信不通だった父レン・カリオーが訪ねてきたり、不審な贈り物が届いたりするようになる。[投票]
★2こどもつかい(2017/日)子供を虐待していた親が死亡した事件を取材していた新聞記者有岡大貴は、子供が一時的に行方不明になると3日後に親が死ぬという噂を耳にする。新聞記者の恋人の保育士門脇麦は子供のころに虐待を受けており、虐待されている園児中野遥斗の親が迎えにこない際に家まで送っていくが親は留守のようだった。保育士は園児に「本当のママがいない間はママになってあげる。」と約束してしまう。滝沢秀明は「こどもつかい」。[投票]
★3ボーン・レガシー(2012/米)定期的に2種類の薬を服用し採血しながら山中で一人訓練を続けるCIAエージェントジェレミー・レナー。同じ薬ケースを持ち番号で呼ばれる被験者の血液など体調検査を受け持つ研究員レイチェル・ワイズ。「ジェイソン・ボーン」の記事が出るという情報をえたCIA長官スコット・グレンは他の作戦への影響を危惧し、USAFの局員エドワード・ノートンに作戦の「中止」対策を依頼する。マット・デイモンは書類の写真のみ登場。[投票]
★2紀元1年が、こんなんだったら!?(2009/米)紀元1年?。狩猟主体の生活を営む村。口だけは達者だが実力の伴わない男ジャック・ブラック。男の妹ジュノー・テンプルに惚れていて、頭はいいが実行力の伴わない、男の親友マイケル・セラ。他の村人にバカにされることが多い男は、見返してやろうと禁断の果実に手をだし、村を追い出される。心配してついていく親友と二人で、未知の世界への冒険が始まる。[投票]
★3光をくれた人(2016/米)兵役を終え離れ小島の灯台守を引き受けた男ミヒャエル・ファスベンダーは、対岸に住む女アリシア・ヴィキャンデルと結婚する。2回妊娠するがいずれも流産となる。2度めの流産の直後に一人の死んだ男と生きた女の赤ちゃんがボートで流れ着く。流産もボートのことも誰にも知られていないことを利用して夫婦は流れ着いた赤ちゃんを自分たちの娘として育てることにする。[投票]
★3トロールズ(2016/米)歌って踊ってハグして幸せに暮らすトロールたち。トロールを食べることだけが幸せになる唯一の方法だと信じているベルゲン。ベルゲンたちから、王の活躍で逃れたトロールたちは隠れて暮らしていたが、姫アナ・ケンドリック主催のパーティでトロール料理担当のベルゲングウェン・ステファニーに見つかり数人のトロールたちが連れ去られてしまう。姫は救出に向かう。[投票]
★4あさひなぐ(2017/日)中学では文化系のクラブだった旭西野七瀬は高校で2人の新入生桜井玲香松村沙友理とともに薙刀部に入部する。2年生ながらエースの先輩白石麻衣に憧れ、彼女を目指して練習を始める。[投票]
★1ダーク・クライム(2016/英=ポーランド=米)今は閑職に追いやられた刑事ジム・キャリー、昔担当し未解決の殺人事件を再捜査しようとする。長官ロベルト・ヴィエツキーヴィッチも当時同じ事件を担当していたが、再捜査には消極的。刑事は事件を追っていて、ある作家マートン・ソーカスに行き当たる。作家の本には、事件の内容が詳細に記述されていて、刑事は犯人だと確信する。[投票]
★468キル(2017/米)ある金持ちが6万8千ドルを屋敷内の隠し金庫にしまっていることを知った女アナリン・マッコードは気弱な恋人マシュー・グレイ・ガブラーを盗みに誘う。誰も傷つけないこと条件に男は同意する。しかし、2人で屋敷に忍び込むと女は金持ちを殺してしまう。動揺している男の前に見知らぬ女アリーシャ・ボーが現れる。2人は金を盗み、見知らぬ女を車のトランクに押し込み屋敷を後にする。[投票]
★2ウソはホントの恋のはじまり(2013/米)映画会社の依頼でノベライズ本を書いている作家ジャスティン・ロングは、行きつけのカフェの店員エバン・レイチェル・ウッドに恋をする。ある日店員がいなくなっていて、別の店員に彼女の名前を聞き出す。名前を頼りにSNSのアカウントを探し当て、その書き込みを読んで、彼女の理想の男を目指す。ギターや料理を習い、そして偶然を装い彼女と再会する。[投票]
★3ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017/仏=ベルギー=独=米)紛争中のボスニア・ヘルツェゴビナ。将軍J・K・シモンズ直下のネイビーシールズサリヴァン・ステイプルトンチャーリー・ビューリージョシュア・ヘンリー。メンバーの一人の恋人シルヴィア・フークスは地元民。彼女は、祖父の話しを元に1本の金塊を手にしていた。祖父の話によると近くの湖に沈む村の中にナチスがフランスから奪った金塊が多数残されている。彼女は祖国の復興の基金として、その金塊を手に入れることをネイビーシールズに依頼する。[投票]