コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] 空飛ぶゆうれい船(1969/日)

平凡な少年である隼人は父母とボートで海釣りを楽しんでいたが、崖から転落した自動車から、父の勤める造船所の親会社であり大企業の黒潮コンツェルン会長夫妻を救出する。夫妻は目の前に骸骨の幽霊が現れた、と言う。折りしも謎の幽霊船が世界各地で船を襲い、沈没させると言う事件が頻発していた。とりあえず無人の屋敷に避難するが、そこで隼人たちの前にも骸骨船長が出現する。骸骨船長は妻子とともに殺された恨みを晴らすために幽霊船とともにこの世にとどまったのだ、と言うと空のかなたに消えていった。 翌日、隼人はボアジュースを飲みながら父と自動車で帰宅するが、その途上で大惨事に遭遇する。そして隼人は国家レベルの壮大な冒険に巻き込まれることになるのだった。 (カラーワイド、60分)
(★4 ジョー・チップ)

投票

このあらすじを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。