コメンテータ
ランキング
HELP

KEIさんのあらすじ: 点数順

★3若草物語(1933/米)米、南北戦争時代。父は従軍牧師で出征。銃後の4人の娘と母と女中の中産階級のマーチ家。キリスト教団体の慈善活動をする母親。4人姉妹[長女マーガレット(メグ)、次女ジョセフィン(ジョー:K.ヘプバーン)、三女エリザベス(ベス)、四女エイミー]もそれぞれの立場で活動をしている。ジョーはお金持ちの伯母さんに本を読んでやっていた。その伯母さんから皆にと言って4$もらう。何に使おうかとはしゃぐ4人だったが、結局ママにプレゼントしようという事になる。香水、手袋、ハンカチ―喜ぶ母親。食事もいつもより豪華だった。ソーセージ、パン―。しかし母親が言う、とてもお腹を空かせている子供たちがいるの・・・。(更に続きます) [more][投票]
★3ひばり捕物帖 自雷也小判(1958/日)江戸。夜半。南町番所与力の渡辺宅を御高祖頭巾<おこそずきん>、振り袖姿の岡っ引き阿部川町のお七が訪ねる。大塩(平八郎)騒動の残党を取り調べたい、と云う。この夜更けに、と思ったが、お七が実は老中 阿部伊予守(尾上)の実妹妙姫であることを知っていた渡辺は、伝馬町の牢に案内する。二人を見送った奥方は、路上に懐紙に包まれた、立派な散らし小判の彫り物がある小柄<=小刀>を見つける。(まだ続きます) [more][投票]
★3続・さすらいの一匹狼(1965/伊)西部。谷の森を行くブレント(G.ジェンマ)。その前に牛の群れと昔馴染みのジル(N・パッツァフィーニ)が現れる。「競売で手に入れた牛だが、お前になら安く売るぜ」。調べると良い牛だ。書類を受け取り、金を渡す。牛を連れて町へやって来ると、牧場主スタンが奥さんと通りかかる。「おおっ、私の牛だ。お前が盗んだのだな!」「言いがかりは止せ。買った書類を見ろ」。さっと目を通すと、「お粗末な偽造書類だ」と破り捨てる。そして、「さっさと返せ。牛泥棒は殺してもいいんだぞ」と銃を抜く。(まだ続きます) [more][投票]
★3ひばり捕物帖 ふり袖小判(1959/日)街道。幕府へ献上する太田藩御用金一万両が強奪される。宰領役奥田十兵衛(原健策)はその責を取り入牢。娘の美鈴(中里)に賊から奪い取った印籠を渡し、捕まえてくれと頼む。その傍に健之進(里見)がいた。江戸。舞踊祭りに出演中の、岡っ引きでもある阿部川町のお七[実は老中阿部伊代守(若山)の妹 妙姫(ひばり)]の楽屋へ阿部家随一の使い手と言われる佐々木兵馬(東)が訪ねて来る。「酒でヘマをやり、家を追い出された。今は料亭の用心棒だ」という。数日後料亭に兵馬を訪ねたお七の前に現れたのは美鈴という娘だった。(もう少し続きます) [more][投票]
★3てんやわんや(1950/日)戦後、昭和21年。総合日本社という出版社に勤務するヒ弱な男犬丸(佐野)は病気で3か月の休みの後、出社すると社長は雲隠れし社内は騒然としていた。犬丸を好きな秘書花輪(淡路)はこっそり彼にだけ社長の居場所を教える。ピンクキャバレーだった。‘喧噪な東京は向いていない。北海道に帰りたい’という犬丸に社長(志村)は、それなら私の故郷伊予(愛媛)に行け、知り合いの有力者がいる、のんびりして来いと云う。また書類包みを手渡し、保管してくれと頼まれる。(まだ続きます) [more][投票]
★3新婚道中記(1937/米)出張でフロリダへ行った(実は行っていなかった)ジェリー(ケイリー・グラント)が帰宅すると、妻は居なかった。机の上には彼が送った手紙が未開封のまま。叔母の家でも行ったかと思っていると、妻ルーシー(アイリーン・ダン)が、習っている歌の先生、ダンディなアルマンと帰って来る。「送ってもらう途中車が故障して・・・」。見えすいた嘘を―と思うジェリー。一方ルーシーも、土産のオレンジを見ると‘カルフォルニア産’とあり―嘘ばっかり―と思う。(もう少し続きます) [more][投票]
★3ひばりのおしゃれ狂女(1961/日)老中首座に就いた松平定信(徳大寺)は贅沢禁止令を出し、江戸の引き締めを図った。が、それに従わぬ者が2人。1人は将軍の父一橋家の隠居(北)と町中のおしゃれ狂女(ひばり)だった。狂女ながらその美しさにまいった女好きの隠居は家来戸山(吉田)に、屋敷につれて来いと命じる。その狂女お美津は、オランダの貿易物を扱う近江屋五兵衛の娘で、父五兵衛は倹約令で売り上げが激減、大川に身を投げ自殺した。又その兄はバクチに入れ込み、勘当になっていた。今その兄伊之吉(高田)が帰って来た。(もう少し続きます) [more][投票]
★3いろは若衆 花駕籠峠(1959/日)江戸大川の祭りの日、ある料亭で年寄林肥後守(阿部)が米問屋大津屋(富田)と密会していた。大津屋から‘将軍家御買い上げ米の買い占め’に加担する大阪の米問屋の連名状を受け取った林は「くれぐれも内密にな」と念を押す。その席には芸者お仙(星)もいた。料亭を出た彼らは、町中で少年三太(花房)とぶつかる。切り捨てようとした家来の小幡(吉田)たちの前に現れたのは、め組の辰五郎のやんちゃ娘お雪(美空)。その大立ち回りの最中に、お仙が林から連名状を盗み取る…。その後帰宅した雪は辰五郎(大河内)に叱られ、バツとして蔵へ。しかし三太の助けで抜け出し、婆やのいる浜松へ向かう。実は雪の実父は老中水野越前守(加賀)で…(まだ続きます) [more][投票]
★3沈黙の帝王(2016/米)2029年アメリカは戦争の教訓から、1人の指揮官(S・セガール)が全国民を監視し支配する社会となっていた。すべての犯罪はなくなり平和にはなったが、自由を求める人々は 、未だ居た。指揮官の下には管理官がおり、工作員を統率している。工作員は、自由を求め国家転覆を企む国家犯罪人の暗殺が仕事だ。コードネーム、コンドルは今日もそんな自由主義者の家に忍び込んでいた。そして相手を射殺したが、傍にいた情婦を見た時、ハッとした。亡き恋人ニーナに生き写しだったからだ。(もう少し続きます) [more][投票]
★3タルサ(1949/米)オクラホマ平原。チェロキー・ランシング(スーザン・ヘイワード)の父親は全財産を抵当に牛を買い、牧場を営んでいた。が、タナー石油会社が掘った隣りの土地に石油が出て、油井やぐらが立ち、水飲み池を汚染し、牛が30頭も死ぬ事態になる。父は文句を言いに、その施設に行くが、その時石油の放出が始まり、倒れて来た資材の下敷きになり、彼は死んでしまう。チェロキーはタナーに会いに町へ行くが・・・(もう少し続きます) [more][投票]
★3右門捕物帖 片目の狼(1959/日)五人の武芸者の首つり死体が野原で発見される。騒ぎ立てる八丁堀同心‘あばたの敬四郎’(進藤)と子分‘チョン切れ松’(喜味)をしり目に‘むっつり右門’こと同同心近藤右門(大友)は現場で弓のつるを拾う。首の跡と一致し、他殺と断定。そのつるは普通のものではなく、大弓堂の主人六郎衛門作と目を付けた右門は、早速乗り込むが、屋外からの矢で主人は殺されてしまう。逃げ出した番頭(夢路)を追いかけた右門の子分‘おしゃべり伝六’(堺)だったが、追いつく前に番頭も殺されてしまう。(まだ続きます) [more][投票]
★3シシリーの黒い霧(1962/伊)第2次大戦直後の伊シチリア独立運動に加担した山賊サルヴァトーレ・ジュリアーノを描く。1950年7月1人の男が街中の家の中庭で、射殺死体で発見される。それはサルヴァトーレ・ジュリアーノだった。話は1943年に遡る。連合軍がシチリアに上陸。ムッソリーニのファシスト党から解放されると、伊からの独立を目指す政党‘シチリア独立運動’そしてそれを支える軍隊組織‘独立義勇軍’の動きが活発になる。45年本国の臨時政府国民解放委員会は、その動きを封じるために指導者らを逮捕。一方党は‘独立義勇軍’強化のために、山賊ながら未来のある若いジュリアーノ(時に23歳)とその一味に接触。山賊の罪の取消しを約し、軍の隊長に任命する。(続く) [more][投票]
★3モネ・ゲーム(2012/米)英国。ハリー(C・ファース)は絵画の鑑定家。事業家で大金持ちの雇い主シャバンダー(A・リックマン)にひどく侮辱されたのを根に持ち、モネの絵画の偽物を掴ませようと企む。シャバンダーの事業の1つ、雑誌‘馬ファン’に米テキサスでロデオをやっている娘PJ(C・ディアス)を掲載させ(予め彼女は仲間に引き入れておく)その家の居間で本人写真を撮ると、彼女の後ろの壁にモネの絵が掛かっていた、たまたまハリーがこの雑誌を見て、これは!・・・という計画だ。(まだ続きます) [more][投票]
★3ラストベガス(2013/米)下町で‘フラットブッシュ4人組’という名を付けて少年たちは我がもの顔に町を駆け回っていた・・・そして、58年後。サム(K・クライン)は膝痛の為スイミングスクールに通っており、アーチー(M・フリーマン)は離婚後脳梗塞で倒れ、今は息子夫婦と暮らしている。パディ(R・デ・ニーロ)は3年前に妻を亡くし、その後家に引きこもっている。最後にビリーは現役バリバリで仕事をして、娘のような32歳のリサとの結婚が間近だ。そこでビリーは結婚式に出てもらおうと皆にTELするが、独身お別れパーティをラスベガスでやろうぜという話になる。(もう少し続きます) [more][投票]
★3ウィンターピープル(1989/米)時計職人のウェイランドは妻を亡くし、娘ローラと飼いブタを連れて、フィラデルフィアに行こうとするが、真冬の山中で車がエンコ。2人で歩き出す。山の向こうに見つけた家に住んでいたのは、未婚の母コリー・ライトとその赤ん坊だった。2人はベッド付きの納屋に泊めてもらうことになる。翌日、車の所に行くと、馬に乗った荒くれ男たちキャンベル一家が車を壊し、荷物を盗んでいた。銃で脅され、何も出来なかった。コリーは実は、町の大きな雑貨屋ライト家の娘で、ライト家は川向こうのキャンベル家と昔から争っていた。 [more][投票]
★3わたしのハワイの歩きかた(2014/日)みのり(榮倉)は26歳(榮倉本人と同じ歳)。雑誌出版社の編集者だ。ハワイの観光ガイドなんかも出しているが、社内で誰もハワイで取材した事がないという。大学時代の友人愛子(中村)から、ハワイでの結婚式の2次会のセッティングを頼まれたみのりは、社内の不倫相手田嶋(池松)に奥さんとの間に子供が出来た事でクサクサしてもいたので、社長を脅し、新雑誌の現地取材と遊びとそのセッティングの場所探しを兼ねて、日本から脱出、ハワイへと飛ぶ。(まだ続きます) [more][投票]
★3新・刑事コロンボ マリブビーチ殺人事件(1990/米)売れっ子小説家テレサと俳優志望の男ウェインはつき合っていた。テレサは50歳近いが美人で、ウェインは所謂遊び人、見てくれだけの男だった。ウェインは結婚を急ぎたかったが、テレサは年の差とか環境とかを考えたいと思っていた。しかし、ファンの間で徐々に有名になって来ていて、ある日TV番組でファンに詰問され「あの人はウェインといって・・・結婚を考えています」と言ってしまう。ところで、テレサには出版代理店をやっている実姉のジェスがおり、ジェスはウェインにテレサの他に夫ある女マーサがいる事を探偵を雇って突き止めていた。(まだまだ続きます) [more][投票]
★3沈黙の処刑軍団(2013/米)アレクサンダー(S・セガール)は悪の組織のボス。目をかけている若いハースト(B・フォスター)に殺しの仕事をやらせる。それは、ニューメキシコ刑務所の囚人ベニーを殺る事。刑務官に化け、休憩中の囚人に近づき・・・、その時ガラス向こうの囚人アイスマン(V・レームズ)がベニーは後ろの男だと指さす。振り返り、そいつを射殺する。が、結果それはベニーではなかったのだ。(まだ続きます) [more][投票]
★3怪盗グルーのミニオン危機一発(2013/米)南極に突如、巨大な磁石が空から現れる。そして極秘研究所を施設ごとさらって行く。そこではPX−41という変身薬(動物を狂暴化させる)を研究していた。それが悪事に使われるととんでもない事になると、秘密組織‘反悪党同盟’が動き出し、悪党の事は悪党に任せようとグルーに犯人捜しを依頼する。相棒は女捜査官のルーシー。一方グルーは3人姉妹とミニオンたちとネファリオ博士と暮らしていたが・・・(もう少し続きます) [more][投票]
★3裏切りの荒野(1967/伊=独)スペイン、セルビア。軍曹ホセ(フランコ・ネロ)はロマ族の娘カルメンがケンカでナイフを振り回している所を捕まえる。が、警察へ連行中に逃げられ、降格になってしまう。ある日酒場で、カルメンが踊っているのを見つける。詰め寄るが「明日来て。この前の償いをするわ」と丸め込まれる。翌日2人は売春宿にしけ込む―この女を愛していると思うホセ。ある夜、ホセが城門で歩哨に立っていると、カルメンが現れる「仲間をこっそり通してやって」えっ、密輸か?ダメだダメだ、と言いながら結局頼みを聞いてやるホセだった。(まだ続きます) [more][投票]