コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] THE GREY 凍える太陽(2011/米)

酷寒の地。俺は石油会社に雇われているスパイナーだ。技術者たちがボーリングとか色々やっている最中に、狼熊等がいたら排除するのが仕事だ。こんな所迄流れて来る男たちは、どんな理由があるにせよ、社会のクズだ。ある日移動の為、俺たちは小型飛行機に乗り込んだ。途中大嵐に遭遇し、あえなく墜落。俺は投げ出され、奇跡的に助かる。何十人もの人間が死に、残ったのは7人。夜になり吹雪は止んだが、寒気は更にひどくなった。焚火をしようと、皆で燃えるものを探す。俺は向こうの方に、人影を見たと思った。近づくと・・・それは人を食っている狼だった。(もう少し続きます)
KEI

・・・皆の救けもあり撃退したが、需要な事が明らかになった。狼の行動範囲は500km、狩りは巣穴から50km圏内で行うのだ。その中に、我々は居るらしい。その夜、又1人が襲われた。明くる日、俺は遠くに見える森へ行く事を提案した。いつ来るか分からない、いやこんな俺達には来ないかもしれない救けを待つよりは、移動する方がいいと思ったのだ。6人の歩行が始まった。膝まで雪に沈み込みながら・・・。117分。

* Fangoria Chainsaw Awards(米ホラー映画雑誌‘ファンゴリア‘主催の映画賞)2013年最優秀男優賞リーアム・ニーソン受賞。

* Goiden Trailer Awards (優れた予告編を対象にした映画賞)2012年最優秀予告編賞受賞。

(世の中色々な賞があるもんだと感心する)。

(評価:★4)

投票

このあらすじを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。