コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] ミニオンズ(2015/米)

生物ミニオンは太古の昔から居た。普通の生物の進化につれて彼らも少しだけ進化し、今の形になった。が、その性質:凶悪なボスに仕えるのが喜び、は変わっていない。他にバナナが大好きだ。大魚、恐竜、原始人、ファラオ、ナポレオンと仕え続けて・・・40年(いや、これは別の人)。そして雪山中の洞窟に何百年もいたが、今ここに洞窟を出て従来の希望、ボス探しを再び行おうとする者が出て来た。ケビン、ステュアート、ボブの3人。山を越え、野を越え、流れ流されて、着いた所は1968年のアメリカだった。(もう少し続きます)
KEI

彼らは下町でオーバーオールを盗み、街へ繰り出す。そしてTVで観たのは、‘大悪党大会’だった。ゲストの極悪犯罪人のスカーレットに目を付けた彼らは、早速フロリダのオークランドに向かう。大会が開かれ、登場したスカーレットは、実は・・・と切り出す。「今、私は右腕になる人を探しているの」えっ、えっ、グルーじゃないの―91分。

「怪盗グルー」のスピンオフ作品。アニメーション映画では、興行収入世界2位[「アナと雪の女王」(13)が1位]。全映画では第13位にランクされている[サイト「世界歴代映画興行収入」2017.8.15]。

(評価:★4)

投票

このあらすじを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。