コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] 北緯15°のデュオ(1991/日)

一人旅でマニラ空港に降りた俳優の川谷拓三は、阿部寿美子に似たおばあさんに声をかけられる。私、あなたのファンよ。甥の写真を持って、彼が戦死したマニラで線香を上げに来たという彼女と川谷は旅を共にすることになる。激戦地コレヒドール島には、その頃の日本軍の陣地、砦、砲台がそのまま今尚残っている。その現実に圧倒される二人。そしてマバラカット。ここのクラーク飛行場からあの「神風特別攻撃隊」(正式にはシンプウと呼ぶ)の1番機が飛び立ったのだ。昭和19年10月25日。川谷はそれにまつわる一枚の写真を持っていた。その為に来たのだ。おばあさんの甥というのも実は恋人だった。二人は戦争のゆかりの地を次々と巡って行く。
KEI

神宮球場での学徒出陣壮行会、真珠湾攻撃、航空母艦から発進失敗炎上する飛行機、マニラの市街戦・・・等貴重な未公開フィルムが多数挿入されている。91年日本映画復興会議奨励賞受賞。101分。

(評価:★5)

投票

このあらすじを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。