コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] 燕山君日記(1987/韓国)

王位についた燕山君はやる気まんまんで徳治政治を目指すが、亡き母の法要の事で、祖母の後宮の一派の意見と直家臣の意見が分かれる。あちらを立てればこちらが立たず・・・。その後も何かにつけ、色んな意見が色んなところから出て、いつも彼は結局まとめきれない。そんなことが続き、彼もだんだんと嫌気が差し、女、酒と自堕落になってゆく。15世紀後半の実在の王、淫虐で有名な燕山君の生涯を描く、林権沢イム・グォンテクの渾身の大作。
(★5 KEI)

投票

このあらすじを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。