コメンテータ
ランキング
HELP

KEIさんのお気に入りあらすじ(1/3)

暖流(1939/日)★5 経営の傾いた都下の病院に、日疋(佐分利信)が建て直しを図るべく新院長として着任する。彼は看護婦の石渡ぎん(水戸光子)に病院の内情を探らせるが、院長の娘啓子(高峰三枝子)と彼女を狙う医師(徳大寺伸)もからみ、彼ら4人の関係はやがて思いもよらない方向へ進んでゆく。[124分/モノクロ/スタンダード] [more] (Yasu)[投票(1)]
会議は踊る(1931/独)★5 時は1814年、ロシア遠征の失敗をきっかけにナポレオンが失脚し、エルバ島へと流されていた頃。混乱しきっていた欧州の秩序を回復するためにとウィーン会議が開かれ、その議長を担うオーストリア外相のメッテルニヒは、少しでも自国に有利な会議にしようと様々な策略を謀る。一方、そんなメッテルニヒが繰り出す謀略を交わすためにと、ロシア皇帝アレクサンダーは自分の影武者を連れて来墺。そして、彼の来維を祝うパレード中に起きたちょっとした事件を通し、生粋のウイーン娘クリステルと知り合う…。主題歌の「ただ一度だけ」が有名なドイツのオペレッタ、84分。もともとは「會議は踊る」という表記だったらしいブラックな笑いにも満ちたロマンス。 [more] (tredair)[投票(3)]
戦艦ポチョムキン(1925/露)★4 帝政ロシア末期、戦艦ポチョムキン号の船上では、乗組員たちが食事の悪さに不満を募らせていた。やがて食事を拒否した水兵を士官たちが処刑しようとするに及んで、ついに水兵たちは反乱を起こして戦艦を乗っ取る。この時犠牲になった水兵の遺体がオデッサの街に安置されたのをきっかけに、ロシアの圧政に対する革命の気運は街全体にも拡がってゆくが…。[74分/モノクロ/スタンダード] [more] (Yasu)[投票(3)]
光(2017/日)★2 視覚障害者の為の映画音声ガイドを生業とする美佐子(水崎綾女)は、ある映画の検討会で中村(永瀬正敏)という弱視のカメラマンから激しく仕事に対する姿勢を問われる。憤慨を覚えつつtも中村の指摘に納得せざるを得ない美佐子であった。後日、彼の家を訪ねた美佐子は、かつて天才カメラマンと言われた彼の作品に次第に興味を覚え始める。一方、中村は次第に失われていく視力という絶望に打ちひしがれていく…。『あん』に続き永瀬正敏と再タッグを組んだ河瀬直美監督第19作。 (けにろん)[投票(1)]
ティガー・ムービー プーさんの贈り物(2000/米)★5 …それは、ふゆがちかづいてきた、あるあきのひのことでした。トラのティガーはいつものようにとびはねてあそんでいます。でもくまのプーさんともりのなかまたちはふゆのしたくでおおいそがし。ティガーといっしょにあそべません。「ボクにはいっしょにとびはねてくれる…そぉ、かぞくがいない。」…とつぜんそのことにきがついたティガー。「でも、どこかにきっとボクのかぞくがいる!」と、ティガーはカンガルーのルーぼうといっしょにかぞくをさがしにでかけるのですが…。にんきもの、くまのプーさんシリーズはつのちょうへんえいがです!(えいがのながさは1じかん18ふんです。) (ガブリエルアン・カットグラ)[投票(1)]
人間の証明(1977/日)★3 「ヘイ!ジョニー!どこへ行くんだ?」「Kiss Me!」NYのハーレムに住む黒人青年ジョニー(ジョー・山中)が街を旅立った。しかし数日後、彼は東京のホテル・ニュー・オータニで殺された。最後に謎の言葉「ストウハ」と西条八十の詩集を残して・・捜査線上に見え隠れするデザイナー八杉恭子(岡田茉莉子)と息子(岩城滉一)。警視庁の棟居(松田優作)がNYへ派遣され、NY市警のシュフタン刑事(G・ケネディ)の協力を得て捜査を開始した。やがて暴かれていく事件の真相と棟居自身の過去。絡みあった過去はそれぞれの人間としての証明を求めているかのように・・・「母さん、僕のあの帽子どうしたでしょうね」 [more] (sawa:38)[投票(11)]
SOSタイタニック 忘れえぬ夜(1958/英)★5 1912年4月、世界最大にして最高の豪華客船「タイタニック号」がイギリスのサウザンプトン港から処女航海の旅に出た。出港から4日後の深夜、同船は氷山と衝突。設計主任のアンドリュ−スは船長に1時間半程度で沈没すると告げる。タイタニック号の二等航海士だったライトラーを主人公に据えてこの歴史的悲劇を追う。(モノクロ 123分) [more] (アルシュ)[投票(1)]
少林寺(1982/中国=香港)★4 「ハッ!ハッ!ハッ!」中国-随の時代の末期。世は戦乱の中。王将軍に父を殺された小虎(リー・リンチェイ)は、少林寺の修行僧に助けられる。父の仇を打つため、小虎は少林寺に長く伝わる武術の修行の輪に加わり、腕を磨くのであった。「ハッ!ハッ!ハハッ!」のかけ声とともに。…そんな寺にも王将軍の魔の手は忍び寄る。中国と香港がはじめて手を組む初合作映画。のちにジェット・リーとなるリー・リンチェイの事実上のデビュー作。さああなたも御一緒に「ハッ!ハッ!ハハハッ!!」 (chilidog)[投票(2)]
名探偵登場(1976/米)★5 謎の人物ライオネル・トウェイン<Lionel(=Lionには人気作家の意も)Twain(=Two)>(『ティファニーで朝食を』の原作者トルーマン・カポーティ)に招待された5人の名探偵。そこには盲目の執事(アレック・ギネス)、耳の聞こえないコック(ナンシー・ウォーカー)などがおり、異様な雰囲気に包まれていた。トウェイン氏は、今夜12時丁度この屋敷で誰かが殺されるので、犯人を当ててみろと5人に挑戦して来た。そして問題の12時。しかし殺されたのはトウェイン氏自身だった!5人の探偵すべて小説の探偵のパロディというまさしく「名探偵」登場!あなたにこの謎が解けるか?! [more] (モモ★ラッチ)[投票(4)]
ランボー 最後の戦場(2008/米=独)★2 タイ北部の国境近くにアノ男は潜んでいた。少数民族への虐殺が深刻さを増す隣国ミャンマーへ医療品を届ける為、ボランティア団体は男に案内役を頼んだ。しかし数日後、男の元に届いたのは彼等が拉致されたという報せだった。救出の為の傭兵集団をボートに乗せ再び案内役となった寡黙な男。その男が本性を現した時、傭兵に言う「ムダに生きるか、何かの為に死ぬか・・お前が決めろ・・」男の名はランボー(シルヴェスター・スタローン)。82年アメリカ:自らの尊厳の為に、85年ベトナム:幾多の戦友の為に、88年アフガニスタン:唯一の理解者の為に戦い傷ついてきた戦士だった・・<90分> [more] (sawa:38)[投票(1)]
クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち(2011/仏=米)★3 ルイ・ヴィトン本店近くにあり62年の歴史を誇るナイトクラブ「クレイジーホース」。毎夜繰り広げられる官能的で高度なヌードダンス・ショウは芸術的にも高く評価され、徹底的に磨き上げられたダンサーたちの裸体から溢れるエロティシズムは男だけでなく女性客をも魅了する。その完成度の高さは意外にも演出家フィリップ・ドゥクフレや女性支配人アンドレ・ダイセンバーグら少数精鋭スタッフによる、熱意と誇りと手作りに近い努力によって支えられていた。『コメディ・フランセーズ 演じられた愛』、『パリ・オペラ座のすべて』に続き、パリのエンターテインメント界を題材にしたフレデリック・ワイズマンのドキュメンタリー。(134分) (ぽんしゅう)[投票(1)]
部屋(1968/チェコスロバキア)★5 今日は皆さまを「ヤン’sモデルルーム」にご案内いたしましょう。まずは恐れ入りますがご入室頂く前に二回ほど前転をお願いいたします・・・あっ奥さま!大丈夫ですか。申し遅れましたが、スカートのお客様はなにとぞ閉脚前転で・・・サテ、転がりましたら、表示に従ってお進み下さい。ええ、その矢印です。トイレがお済みでない方はいらっしゃいませんか?そうですか。それではいよいよこちらの扉から室内へお入りいただきます。・・・え?私?私はこちらまでのご案内となっておりますんで。いえいえ、それはお客さまが直接ご自分の目でお確かめ頂ければ。それでは、行ってらっしゃいませ。お気をつけて・・・ (はしぼそがらす)[投票(3)]
一心太助 天下の一大事(1958/日)★4 いつも通り活気溢れるお江戸の魚河岸。江戸の名物男、一心太助(中村錦之助)が出会ったのは幸吉(田中春男)という不幸な男。なんでも彼の愛する許婚を、奉公先である旗本が無理矢理に自分の側女にせんと企んでいるという。その旗本の名は天下のご意見番、大久保彦左衛門(月形龍之介)・・・。と聞いた太助は「親分、天下の一大事だ!」と一目散に彦左の元へ駆けつけたが、それは早とちりで隣家の川勝丹波守(進藤英太郎)のことであった。御城改築奉行という役職を笠に私腹を肥やす丹波守は、相模屋(原健策)と組んで隣の大久保家の庭地も取り上げて、そこに自身の別宅を建築せんと企んでいた・・・。(東映/91分) [more] (AONI)[投票(1)]
きつねと私の12か月(2007/仏)★5 美しい秋の夕、学校帰りの少女リラは一匹のきつねに出会いたちまち虜になる。名前を「テトゥ」と名付け、またきつねと会えるよう毎日森に出かける。心躍るテトゥとの再会、野生動物ゆえにはじめは警戒するテトゥだったが、徐々にリラと心を通わせていく。豊かな大自然の中、ため息の出るような美しい四季の移り変わりを背景に、切なくも感動的な物語。 (ルリマツリ)[投票(1)]
あなたへ(2012/日)★2 富山刑務所で定年後も木工指導技官をしている倉島(高倉健)のもとに、亡くなった妻洋子(田中裕子)の遺言状が2通届いた。 遺骨は洋子の故郷、長崎県平戸の海に散骨して欲しいという。そして、もう1通は局留めで平戸に郵送され現地で受け取らなければならない。墓ではなく海へ、という妻の思いに一抹の疑問を抱きながら倉島は手造りのキャンピングカーで長崎に向かう。道中、退職した国語教師(ビートたけし)や全国の物産展を回り弁当を売る販売員(草なぎ剛/佐藤浩市)たちと交流し、平戸では食堂の母娘(余貴美子/綾瀬はるか)の世話になる。そうして、手にした2通目の遺書に洋子が書き記した真意とは・・・。(111分) (ぽんしゅう)[投票(1)]
銀河鉄道の夜(1985/日)★4 ケンタウルの星祭りの夜、ジョバンニは親友のカンパネルラと銀河の旅に出る。本当のさいわいを探して・・・。若くしてこの世を去った最愛の妹トシへの鎮魂歌でもあり、28歳頃に最初の原稿を書きあげた後、37歳で亡くなるまで何度も書き換えられ、未完のままで終わった宮沢賢治の神秘的名作のアニメ化。 解説は細野晴臣氏と難解語について→ [more] (アルシュ)[投票(7)]
ダスト・トゥ・グローリー(2005/米)★5 メキシコ最西端のバハ・カリフォルニア半島で行われる世界一過酷なオフロードレース“バハ1000”を追った感動のドキュメンタリー。 ◆参加資格は一切無し。たった1人で1000マイルに挑む熱血ライダー、リベンジに燃えるプロライダー、元CART王者、元F1世界王者、親子3代でバハに挑むレース一家、女性だけのチーム等々、世界中から集まった熱き挑戦者達が、サボテン見守る未整備の砂漠を不眠不休でひた走る。 ◆監督は『ステップ・イントゥ・リキッド』のダナ・ブラウン。97min [more] (Pino☆)[投票(3)]
チェブラーシカ(1969/露)★4 オレンジの箱に入ってアフリカからやってきた正体不明の動物、チェブラーシカ(「すってんころりん」の意味)。アフリカから来たばかりだし正体不明なので友だちがいない。そこで「友だち募集」の広告を出すことに。それを見てやってきたのが、動物園に勤めるワニのゲーナだった。さらに謎のおばあさん・シャパクリャクも加わり、楽しくも賑やかな一大騒動が始まる。 [more] (Yasu)[投票(1)]
紙屋悦子の青春(2006/日)★5 敗戦に向けて日本が転げ落ちていった昭和20年・鹿児島。紙屋悦子(原田知世)は、初めてのときめきを感じた明石少尉(松岡俊介)の安否を気遣っていた。それを見かねた兄・安忠(小林薫)は、強気に明石の戦友・永与少尉(永瀬正敏)との結婚を悦子に勧める。ぎこちない出会いのなかで、剛毅木訥さゆえの珍妙な言動を繰り返す永与に、いつしか心を開いてゆく悦子。しかし、ふとした会話の中から、明石は生きて戻れぬ特攻隊員に志願したことを彼女は知る…黒木和雄監督の遺作は、近年憑かれたように描き続けた「戦争の悲惨」のもう一面を描くものである。〔113分/カラー/ヴィスタサイズ〕 [more] (水那岐)[投票(1)]
スモーク(1995/日=米)★4 作家ポール・オースターがクリスマスイブのニューヨーク・タイムズに実際に書き下ろしたクリスマス・ストーリーに感銘を受けた監督ウェイン・ワンが作家と共にこのストーリー(映画ではラストの部分)を取っ掛かりに、軸にして作成した映画。 作家(共同)作成の初映画なのでセリフ・言葉が命。吹き替えで鑑賞お奨めします。 (ムネノリフ)[投票(2)]