コメンテータ
ランキング
HELP

シーチキンさんのあらすじ: 更新順

★5空飛ぶタイヤ(2018/日)池井戸潤原作の同名小説を映画化。従業員80人の赤松運送の大型トラックが、走行中に直径1m重さ160キロの大型タイヤが外れ、歩道を歩いていた母子連れを直撃し母親が死亡する事故が発生。トラック製造元の財閥系大手メーカー・ホープ自動車は国土交通省に対し運送会社の整備不良が原因とする報告書を提出した。しかし社長の赤松長瀬智也は整備員の記録を元にトラックの構造的欠陥を疑い、ホープに対し再調査を求める。執拗な赤松のクレームに対応していた販売担当課長沢田ディーン・フジオカは最初は相手にしなかったが、上層部の対応に「リコール隠し」があるのではと不審を感じるが…(120分)[投票]
★3笠置ROCK!(2017/日)京都府東南端にある人口1400人、日本で2番目に人口の少ない町・笠置町が製作しようとした同町PR動画を馬杉雅喜監督が「きちんとした映画でつくろう」と提案して完成。売れないロックミュージシャン裕也古舘佑太郎は「笠置ROCK」というポスターを見てロックフェスの下見に行く。がなんと、音楽ではなく巨岩を、一切の道具を使わずによじ登るボルダリング大会だった!役場の人に誘われて巨岩がごろごろしている会場に行った彼は、そこでボルダリングに打ち込む瑞希大場美和と出会って、とりあえずやってみることにするのだが…(50分) [more][投票]
★4万引き家族(2018/日)是枝裕和監督が本作で2018年カンヌ映画祭パルムドールを受賞。大都会の片隅の古ぼけた一軒家で暮らす5人の家族(樹木希林リリー・フランキー安藤サクラ松岡茉優城桧吏)。おばあさんの年金が頼りの生活で足りない分は親子で力あわせて「万引き」をしてまかなっていた。ある冬の寒い夕暮れ、近くの団地の廊下で今日も部屋を閉め出された様子の幼い女の子佐々木みゆに、「おいで」と声をかけ連れ帰り、女の子はそのままその家の暮らしに溶け込む。6人になった家族の日常はつづき、やがて夏が来てそれぞれの事情も少しだけ変わる中、ある事件をきっかけに…(120分)[投票]
★4妻よ薔薇のように 家族はつらいよ III(2018/日)山田洋次監督がお馴染みの出演陣で贈る『家族はつらいよ』シリーズ3作目。周造夫婦橋爪功吉行和子が墓参りで帰省中の平田家、2階を掃除中の史枝夏川結衣がついウトウトした隙に空き巣に入られ、長年貯めたへそくりを盗られてしまう。疲れて帰ってきた幸之助西村雅彦の心ない言葉にショックを受けた史枝は翌朝、家出をしてしまう。さあ大変だと、妹夫婦中嶋朋子林家正蔵、弟夫婦妻夫木聡蒼井優が集まるのだが…(123分)[投票]
★5のみとり侍(2018/日)老中・田沼意次が権勢を誇り「それで世に少しでも金が回るなら」と女が男を買うことも許された江戸の御世、長岡藩の江戸詰藩士寛之進阿部寛は些細な事で藩主松重豊の不興を買い「猫の蚤とりとなって無様に暮らせぃ」と追放された。藩主の御下命なれど何の事やらわからぬが「蚤とり屋」を掲げる店を訪れ人の好い主夫婦風間杜夫大竹しのぶに言われるまま仲間と共に市中に繰り出す。そこで初めての客おみね寺島しのぶは亡き妻と瓜二つ、ともかく勤めを果たしたと思ったが「下手くそ」と…これではいかんと偶々であった小間物屋の入り婿・清兵衛豊川悦司を手助けする代わりに「女の悦ばせ方を教えてくれ」と…(110分R15+) [more][投票]
★4ランペイジ 巨獣大乱闘(2018/米)ある巨大企業が、兵器開発のために行なった違法な遺伝子操作実験でつくられたウィルスが事故のために漏洩してしまった。その実験は、死ぬまで成長を続けるあるサメや、驚異的な治癒力を持つ生物など様々な動物の特性を遺伝子に組み込み、感染した生物のDNAすべてを書き換え急激に変貌させるのだ。そのウィルスに感染したゴリラ、狼、ワニはたちまち巨大化し狂暴になった!そしてその巨獣たちがいっせいに大都会・シカゴを目指して進撃を始めた。それを何とかしようと奮闘するのは、霊長類学者にして元特殊部隊の経歴を持つディビスドウェイン・ジョンソンだ!(107分)[投票]
★4モリーズ・ゲーム(2017/米)五輪出場も狙うスキー選手ながら怪我のため競技を断念、2003-11年にLAやNYでプライベートポーカールームのオーナーとして名をはせ、違法な運営としてFBIに全財産を没収され、さらに2年後、犯罪組織との関係を疑われ逮捕されたモリー・ブルームの手記を映画化。彼女のポーカールームの顧客はハリウッドスターや映画監督、トッププロスポーツ選手、実業家などセレブばかりで有名だった。厳格な父ケヴィン・コスナーに育てられたモリージェシカ・チャステインは競技を断念後、ロースクール進学を先延ばしにしてLAの有名店でウエイトレスをしていたがふとした事からポーカールームの運営に関わることに…(140分) [more][投票]
★3LUCK-KEY ラッキー(2016/韓国)内田けんじ監督の『鍵泥棒のメソッド』を韓国でユ・ヘジン主演でリメイク。裏社会で目があえば殺されると恐れられる凄腕の殺し屋の男ユ・ヘジンは今日も一仕事を終え袖口の血が気になり銭湯へ。売ない役者で文無しの男イ・ジュンはすべてに絶望し自殺しようとするがせめて身をきれいにと銭湯へ。ところがそこでセッケンのいたずらか、気を失った殺し屋のロッカーの鍵を、つい出来心で自分のものとすり替えた役者。頭を打ち記憶を失った男はロッカーの荷物から自分が貧乏な役者であると思い、すり替えた男は豪華だが謎めいたマンションに入り込み・・・(112分)[投票]
★3サバービコン 仮面を被った街(2017/米)1950年代に米で起きた黒人排斥暴動に着想を得て、ジョージ・クルーニーコーエン兄弟の脚本をベースに手を加えて監督。50年代の典型的な郊外のニュータウン・サバービコンに住むガードナーマット・デイモンと、妻ローズとその双子の姉マーガレット(ジュリアン・ムーア二役)、そして息子ニッキーノア・ジュープ。ある日、一家に強盗が押し入りローズが命を落とす不幸に見舞われる。その頃、白人ばかりが暮らすその街に黒人一家が引っ越してきた事から、不穏な空気が漂い始める…(105分)[投票]
★5ラーメン食いてぇ!(2018/日)林明輝原作の同名Web漫画を映画化。ラーメンの名店「清蘭」の店主石橋蓮司は長年ともにラーメン作りに励んだ連れ合いを亡くし、かつての味を維持できないと生きる意欲を失っていた。その時、高校生の孫娘マリエ中村ゆりかが自殺未遂を起こしたと連絡、祖父の手作りのスープに感動したマリエは心機一転、「日本一のラーメンを作る」と奮闘。気まずくなったかつての親友コジマ葵わかなを誘う。その頃、有名な美食家・赤星宅間孝行は取材で訪れた中央アジアで事故に遭い荒地をさまよい「もうダメだ」と思ったその時、「清蘭のラーメン食いてぇ」という欲望がふつふつと湧き上がり…(102分)[投票]
★3馬を放つ(2017/キルギス=仏=独=オランダ=日)キルギスの巨匠アクタン・アブディカリコフが監督、主演を務めキルギスの伝承をモチーフに贈る。かつてキルギス人は「馬は人の翼だ」と馬を大切にし、欧州から「ケンタウロス」と呼ばれるほどであった。しかし時代の波の中で馬の扱いも変わる。昔からの言い伝えを大切にする男アクタン・アブディカリコフは、富者がレースのために購入した競走馬を密かに荒野へ放っていた。馬を盗まれた富者は馬泥棒を捕まえるために罠を仕掛けるが…(89分)[投票]
★4尚衣院 サンイウォン(2014/韓国)朝鮮王朝において王室専属の仕立師として、衣類、装飾のすべてを取り仕切った「尚衣院」、それを仕切るチョハン・ソッキュは裁縫職人から登りつめ、3代の王に仕えた。「衣服は地位を表し、王の着るものは掟と手順に従って仕立てねばならぬ」と確固たる美意識と伝統を貫く彼の前に、斬新な衣装を妓生宿の女に仕立て巷で天才仕立師と評判をとったゴンジンコ・スが現れる。ふとしたことでその自由奔放な衣が王と王妃に気に入られたゴンジンだが、裁縫職人としてチョに感服し、尚衣院で仕事に励む。しかし王室をめぐる権力闘争の中で王の寵愛をめぐり女たちはより美しい衣を求め、それは二人の間に微妙な波風を立てていく…(127分)[投票]
★4タクシー運転手 約束は海を越えて(2017/韓国)1980年5月、戒厳令下の韓国で起きた光州事件の際、密かに光州市に入り、そこでおきた軍部による暴圧をカメラにおさめ海外で事件の概要を報道したドイツ人ジャーナリストと、彼を助けたタクシー運転手の実話を基にした映画。ソウルで、男手一つで11歳の娘を育てる平凡なタクシー運転手マンソプソン・ガンホは家賃を4ヶ月も溜めて苦労していた。そんな時に夜間の通行禁止の時間までに光州まで往復すれば10万ウォンを支払うというドイツ人トーマス・クレッチマンの話を聞きつけ、報酬につられて彼を乗せて、通行禁止の検問を裏道を抜けてくぐり抜け光州市に入る。そこで彼らが見たものは…(137分)[投票]
★3アンロック 陰謀のコード(2017/チェコ=スイス=英=米)ノオミ・ラパス主演のスパイアクション。かつてCIAの凄腕の尋問調査官だったアリスノオミ・ラパスは、テロの首謀者を尋問し自白を引き出したもののテロを防ぐことができなかったことをひきずり、今ではロンドンで囮捜査をこなすだけにしていた。ある日、ロンドンでバイオテロの計画を察したCIAは連絡役の男を押さえ、彼から必要な情報を引き出すために尋問。CIAの直属上司から尋問の要請を受けた時、アリスはすでに…(98分)[投票]
★5レディ・プレイヤー1(2018/米)アニメ、コミック、ゲーム、映画など1970年代以降のポップカルチャーのキャラクターなどが続々登場するアーネスト・クライン原作小説「ゲームウォーズ」をスピルバーグ監督が映画化。2045年、閉塞感に満ちた社会では、VR技術を駆使した仮想ゲーム空間「オアシス」が人々の唯一の拠りどころだった。ゲーム参加者はつらい現実を忘れ、憧れのヒーローなどなりたいキャラクターになって好きなことができる。そして「オアシス」創始者がゲームに隠した鍵とエッグを手に入れた者に巨額の遺産とともに「オアシス」そのもの譲ると言い残して亡くなった。いま、プレイヤーたちや「オアシス」の権利を狙う巨大企業による争奪戦が始まる。(140分)[投票]
★2修道士は沈黙する(2016/伊=仏)海辺の高級リゾートホテルで開かれるG8財務相会合。その会合にIMF理事のロシェダニエル・オートゥイユは3人のゲスト〜絵本作家・作家にして修道士・ミュージシャン〜を特別に招いた。会合の前夜、ロシェの誕生パーティが開かれたがその夜更け、ロシェはゲストの一人、修道士のサルストニ・セルヴィッロを自室に呼び、自らの「告解」を受けてほしいと告げる。そして翌朝、ロシェが死体となって発見される。自殺か他殺か、判然としないまま、それぞれの思惑が交錯する中、ロシェはサルスに何を話したのかに各国要人の関心は集まるが…(108分)[投票]
★4女は二度決断する(2017/独)ドイツ人のカティヤダイアン・クルーガーは、ハンブルグの外国人街で起きた爆弾事件で最愛の夫ヌーリと幼い息子を殺された。警察はトルコ系移民のヌーリの事務所前で爆発した事や、彼に薬物犯罪の前科があった事からヌーリを狙った外国人同士の抗争事件を疑う。しかし容疑者として逮捕されたのはネオナチの若いドイツ人夫婦だった。そしてその二人の裁判が始まり、カティヤは親しい弁護士の力を借りて被害者参加制度を利用し、その裁判にかかわっていくのだが…(106分)主演のダイアン・クルーガーは本作でカンヌ映画祭で主演女優賞を獲得。[投票]
★4パシフィック・リム:アップライジング(2018/米)巨大ロボットと海から現れる「カイジュー」との戦いを描いた『パシフィック・リム』の続編。「カイジュー」との戦いから10年後の世界、海底にある「カイジュー」の出現口を防いだものの人類は復興とともに警戒を怠らず、巨大ロボット“イェーガー”の建造とそれを操る新たな世代のパイロットたちの育成と、警戒態勢の強化に余念がなかった。しかし「カイジュー」を送り込んできた敵の新たな企みはすでに始まっていた…(111分)[投票]
★3ラブレス(2017/露=仏=独=ベルギー)ロシアのアンドレイ・ズビャギンツェフ監督による2017年のカンヌ国際映画祭審査員賞受賞作。ジェーニャマリヤーナ・スピヴァクとボリスアレクセイ・ロズィンの夫婦の結婚は完全に破綻し、離婚を決めたが顔を合わせばののしりあうばかり。二人の間には12才の息子がいるが、互いに新しいパートナーができた二人は、双方とも子どもを引き取ろうとはしないのであった。そしてある日、息子が行方不明になる。警察に届けるも強盗や殺人で手が回らないといわれ、行方不明の子どもの捜索を手がける市民ボランティアに頼み、息子を探すのだが…(127分)[投票]
★5ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(2018/米)1971年、ベトナム戦争が泥沼化していた時期に、NYタイムスが政府機密文書「マクナマラ文書」を入手し過去20年にわたり時の米大統領がベトナム政策について国民を欺いていたと報道し政府から差し止め命令を受けるが、その直後に同様の文書を下にワシントンポスト紙も報道した史実をスピルバーグ監督、メリル・ストリープトム・ハンクス共演で映画化。亡き夫からワシントンポスト紙発行人を引き継いだキャサリンは、株式公開を控え会社経営に微妙な時を迎える。その時に編集主幹ベンがNYタイムス紙に続いて政府機密文書の内容をスクープしようとするが、その記事を掲載する事はWP社の将来を左右しかねない問題だった…(116分)[投票]