コメンテータ
ランキング
HELP

シーチキンさんのあらすじ: 更新順

★2修道士は沈黙する(2016/伊=仏)海辺の高級リゾートホテルで開かれるG8財務相会合。その会合にIMF理事のロシェダニエル・オートゥイユは3人のゲスト〜絵本作家・作家にして修道士・ミュージシャン〜を特別に招いた。会合の前夜、ロシェの誕生パーティが開かれたがその夜更け、ロシェはゲストの一人、修道士のサルストニ・セルヴィッロを自室に呼び、自らの「告解」を受けてほしいと告げる。そして翌朝、ロシェが死体となって発見される。自殺か他殺か、判然としないまま、それぞれの思惑が交錯する中、ロシェはサルスに何を話したのかに各国要人の関心は集まるが…(108分)[投票]
★4女は二度決断する(2017/独)ドイツ人のカティヤダイアン・クルーガーは、ハンブルグの外国人街で起きた爆弾事件で最愛の夫ヌーリと幼い息子を殺された。警察はトルコ系移民のヌーリの事務所前で爆発した事や、彼に薬物犯罪の前科があった事からヌーリを狙った外国人同士の抗争事件を疑う。しかし容疑者として逮捕されたのはネオナチの若いドイツ人夫婦だった。そしてその二人の裁判が始まり、カティヤは親しい弁護士の力を借りて被害者参加制度を利用し、その裁判にかかわっていくのだが…(106分)主演のダイアン・クルーガーは本作でカンヌ映画祭で主演女優賞を獲得。[投票]
★4パシフィック・リム:アップライジング(2018/米)巨大ロボットと海から現れる「カイジュー」との戦いを描いた『パシフィック・リム』の続編。「カイジュー」との戦いから10年後の世界、海底にある「カイジュー」の出現口を防いだものの人類は復興とともに警戒を怠らず、巨大ロボット“イェーガー”の建造とそれを操る新たな世代のパイロットたちの育成と、警戒態勢の強化に余念がなかった。しかし「カイジュー」を送り込んできた敵の新たな企みはすでに始まっていた…(111分)[投票]
★3ラブレス(2017/露=仏=独=ベルギー)ロシアのアンドレイ・ズビャギンツェフ監督による2017年のカンヌ国際映画祭審査員賞受賞作。ジェーニャマリヤーナ・スピヴァクとボリスアレクセイ・ロズィンの夫婦の結婚は完全に破綻し、離婚を決めたが顔を合わせばののしりあうばかり。二人の間には12才の息子がいるが、互いに新しいパートナーができた二人は、双方とも子どもを引き取ろうとはしないのであった。そしてある日、息子が行方不明になる。警察に届けるも強盗や殺人で手が回らないといわれ、行方不明の子どもの捜索を手がける市民ボランティアに頼み、息子を探すのだが…(127分)[投票]
★5ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(2018/米)1971年、ベトナム戦争が泥沼化していた時期に、NYタイムスが政府機密文書「マクナマラ文書」を入手し過去20年にわたり時の米大統領がベトナム政策について国民を欺いていたと報道し政府から差し止め命令を受けるが、その直後に同様の文書を下にワシントンポスト紙も報道した史実をスピルバーグ監督、メリル・ストリープトム・ハンクス共演で映画化。亡き夫からワシントンポスト紙発行人を引き継いだキャサリンは、株式公開を控え会社経営に微妙な時を迎える。その時に編集主幹ベンがNYタイムス紙に続いて政府機密文書の内容をスクープしようとするが、その記事を掲載する事はWP社の将来を左右しかねない問題だった…(116分)[投票]
★4あなたの旅立ち、綴ります(2017/米)広告会社を起業しビジネス面では大きな成功を収め、今は一人暮らしながら裕福な老後を過ごすハリエットシャーリー・マクレインは、ふとしたことを契機に自分がもし死んだらどういう訃報記事が載るのか気になった。それで過去に恩を売った地元新聞社に強引に押し込んで訃報専門ライターのアンアマンダ・サイフリッドに知人のリストを渡して、取材して自分の訃報記事を書かせるが、自己中心的な彼女の評判は散々でアンの記事も今ひとつ。ここに至ってハリエットは完璧な訃報をアンに書かせるべく、自らの人生を変えようと決意する。それに巻き込まれたアンはいい迷惑ながら彼女にも変化が…(108分)[投票]
★4はじめてのおもてなし(2016/独)ドイツ発アフリカ難民を自宅に受け入れた一家に巻き起こる騒動をユーモラスに描く。ミュンヘンのハートマン一家、夫ハイナー・ラウターバッハは大病院医長、妻センタ・バーガーは定年退職した元教師。裕福ではあるが、夫はなかなか引退しようとせず妻は何か物足りない。子ども二人、長男は仕事人間で離婚して小学生の息子を引き取るがろくに話す時間もない、娘は30を過ぎても大学生で自分探し。何かと問題あるが、ある日、いきなり妻が難民を自宅で受け入れると宣言しディアロエリック・カボンゴがやってくる。しかし極右はくるわ、テロ容疑者者としてマークされるはで、亡命申請を出している彼の行く末はどうなる!?(116分)[投票]
★3ジュピターズ・ムーン(2017/ハンガリー=独)父と二人でシリアを脱出し難民としてハンガリーにたどり着いたアリアンジョンボル・イェゲルは銃撃を受けたことがきっかけになったか、重力がないかのように空中に浮揚しさらに傷まで治してしまった。難民キャンプに来ていた医師のシュルテンメラブ・ニニーゼは医療ミスで失ったキャリアを取り戻すため多額の賠償金を背負っていたが、彼を診察しその天使のような「力」を利用して金儲けを企み彼を違法に難民キャンプから連れ出すのだが、やがて追跡の手が迫ってくるのであった。(128分)[投票]
★4スリー・ビルボード(2017/米=英)米ミズリー州の田舎町エビングの郊外、使われていなかった道路脇に立つ巨大広告用看板3枚にある日、警察署長ウィロビーウディ・ハレルソンをなじるメッセージが掲げられた。広告主は7ヶ月前に看板の近くでレイプ殺人事件の犠牲になった少女の母親ミルドレッドフランシス・マクドーマンド。捜査が手詰まりになり何の進展も見せないことから強烈な抗議の意志を示したのだ。ウィロビーは温厚で人望もあり、看板に対する周囲の反応は冷ややかで反感を買う。とりわけ彼を父親のように慕う暴力的な警官ディクソンサム・ロックウェルは露骨な態度をとるが…(116分)[投票]
★4デトロイト(2017/米)1967年7月、アメリカ第5の都市デトロイトで発生した暴動事件の最中に起きた黒人男性射殺事件をキャスリン・ビグロー監督が、事件の記録と当事者の証言などを基に映画化。1967年夏、デトロイトで発生した暴動は大規模化し、州軍まで出動する事態になり混乱が広がる。そして夜間外出禁止令が引かれた中で、あるモーテルから銃声が聞こえたとデトロイト市警の警官や州兵が押し寄せ、たまたま居合わせた黒人男性らに常軌を逸した取調べを行なうが…(142分)[投票]
★5嘘八百(2017/日)中井貴一佐々木蔵之介のW主演で、大阪は堺の町で骨董の世界を舞台に繰り広げられるコメディ。冴えない行商専門の古物商と、おちぶれた陶芸家が、かつてそれぞれに煮え湯を飲まされたことがある、有名古美術店と大物鑑定士にいっぱい食わせようと、幻の千利休の最後の茶碗を仕立てあげようとするのだが・・・(105分)[投票]
★3レディ・ガイ(2016/米)ストリート・オブ・ファイアー』のウォルター・ヒル監督が70年代に持ち込まれた原案を自らグラフィックノベルにし、ついにミシェル・ロドリゲス主演で実写映画化。裏社会の殺し屋フランク・キッチンはギャングのボスの依頼を受けて街へやってくるが、裏切りにあい、捕らえられた。そして気がつくとなんと!性別適合手術を全身に施され女になっていた。彼(彼女?)を手術したのは、天才的な技術を持つ狂気の医師シガーニー・ウィーバー。いったいなんでこんな事に?そしてここからフランクの闘いが始まるのであった…(96分) [more][投票]
★3キングスマン:ゴールデン・サークル(2017/英)スパイアクション映画『キングスマン』の続編。ハリーコリン・ファースなき後、エグジータロン・エガートンは「キングスマン」のトップエージェントとして活躍していたが、世界最大の麻薬組織ゴールデンサークルの女ボス・ポピージュリアン・ムーアが仕掛けた攻撃で組織が壊滅し、かろうじて生き残ったマーリンマーク・ストロングとともに、万一の事態に備えた金庫の中身に導かれて米ケンタッキーのウィスキー製造会社へ、そここそ「キングスマン」同様の独立諜報組織「ステイツマン」の本拠地だった。彼らの協力をえ、さらにまさかの遭遇をへて、ゴールデンサークルの巨大なたくらみに立ち向かうのであった!(140分) [more][投票]
★4フラットライナーズ(2017/米)1990年製作同名サスペンスのリメイク。研修医コートニーエレン・ペイジは「死後の生」はあるか、それを司るのは脳のどこかを調べるため、自らの心臓を停止させ1分後に蘇生させる危険な実験に臨む。同期の4人の研修医(ディエゴ・ルナニーナ・ドブレフジェームズ・ノートンカーシー・クレモンズ)の協力を得て、実験は成功し蘇生した彼女は目に見えて能力の向上が見られた。そして同期生も次々に臨死実験をするが、やがて彼らは異様な経験をしていく…オリジナルでは実験をする方だった医学生を演じたキーファー・サザーランドが本作では研修医らの指導教官を演じている。(110分)[投票]
★2ウィンター・ドリーム -氷の黙示録-(2016/米)時は2307年、地球は300年前から氷河期に突入し雪と氷に覆われた世界へ変貌した。ほとんどの生物が死滅する中、わずかに生き延びた人類は地熱を頼りに地中に閉じこもり、苛酷な環境の地表での労働のために、人造人間<ロイド>を大量に製造し奴隷としていた。やがてロイドから異常進化したミュータントが生まれ始め、その1人ASH-393は人類に反乱を起こし仲間を連れて雪原へ逃亡した。それから5年後、反乱の際に最愛の妻を殺されたビショップは再びロイドを鎮圧するための精鋭部隊スパルタン7の部隊長として、雪原に逃げたロイドを追跡するが…(101分)[投票]
★4否定と肯定(2016/英=米)米国大学教授でホロコースト研究家リップシュタットレイチェル・ワイズがその著書で、「ホロコーストはなかった」とする英国歴史学者アーヴィングティモシー・スポールを手厳しく批判。アーヴィングは英国王立裁判所に彼女を「名誉毀損」で訴えた。英国では訴えられた側に立証責任があるため彼女はジュリアスアンドリュー・スコット、ランプトントム・ウィルキンソンら弁護団とともに立ち向かう。だが弁護団はホロコーストが事実だと証明する戦術をとり、裁判では彼女はおろか生存者にも証言させない方針を打ち出した。納得いかないリップシュタットを弁護団は「勝訴のためだ」と説得するが…(110分) [more][投票]
★4永遠のジャンゴ(2017/仏)ジプシー・ジャズの先駆者にして数々の名曲を残し、後世に多大な影響を与えた天才ギタリストジャンゴ・ラインハルトの第二次大戦中の知られざる秘話を描く。1943年ナチス占領下のパリでジャンゴレダ・カテブ率いる楽団は名門ホールを連日満員にしていた。彼の人気に目をつけたナチス高官はベルリン公演を企画する。一方、ナチス支配地域ではジプシーたちは圧迫され、収容所へ送られはじめていた。そしてジャンゴの周辺にも暗雲が立ち込め、協力者の手配でスイスへ逃れようとするのだが…(117分) [more][投票(1)]
★4探偵はBARにいる3(2017/日)東直己の探偵小説「ススキノ探偵」シリーズを、大泉洋主演で映画化した「探偵はBARにいる」シリーズ3作目。探偵大泉洋の相棒・高田松田龍平が大学の後輩を連れてきた。そいつの彼女・麗子前田敦子が連絡取れなくなったので探してほしい、というよくある依頼だ。安易に引き受けちょっと調べたところ、麗子は怪しげなモデル事務所でバイトしてたらしい。そこへ軽く探りを入れるといきなりヤクザ風の男たちに絡まれた。その事務所の社長マリ北川景子にはどうも見覚えがあったのだが、なんとその背後には最近めきめきと売り出し中の凶暴なヤクザ北城リリー・フランキーがいて、とんでもなくヤバイ話に…(122分) [more][投票]
★3オートマタ(2014/ブルガリア=米=スペイン=カナダ)近未来、太陽の異常な活動により地球では砂漠化と環境汚染が進行し、人類はわずか2千数百万人に減っていた。残された人類はROC社が開発した人工知能を備えた人型ロボット「ピルグリム」によってかろうじて文明を維持。人工知能には「生物に危害を加えてならない」「自ら修理、改造してはならない」という変更不能なプロトコルが組み込まれていた。ところがある日、ジャンキーの警官が自ら修理するロボットを銃で破壊する。本当にロボットがプロトコルを無視していたのか、それとも?真相を究明するためにROC社のヴォーカンアントニオ・バンデラスは調査を進めるが…(110分)[投票]
★5KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016/米)コララインとボタンの魔女』製作陣が日本の昔話をモチーフに製作したストップモーション・アニメ。10歳のクボアート・パーキンソンは三味線で様々な形に折られた折り紙を自在に操る能力をもち、不思議だが終わらない物語を演じて、母と二人で隠れるように暮らしていた。ある日、闇の姉妹ルーニー・マーラに襲われ、母は最後の力を振り絞ってクボを逃がした。そしてクボは言葉を話すサルシャーリーズ・セロン、途中で出会った記憶を失ったクワガタマシュー・マコノヒーらとともに、生き延びる為に三つの宝を求めて旅に出る…(103分) [more][投票]