コメンテータ
ランキング
HELP

シーチキンさんのあらすじ: 更新順

★5工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男(2018/韓国)北に潜入した韓国工作員の実話を映画化。1990年代、北朝鮮の核開発の動向を探るために韓国国家安全企画部は躍起になっていたが北京に潜入させた工作員は悉く消されていった。そして極秘に国軍情報少佐パクファン・ジョンミンを3年がかりで軍を退職して金目当ての実業家に仕立てあげ、北朝鮮の外貨獲得責任者のリ所長イ・ソンミンに接近させる。徐々にリの信用を得たパクは厳重な監視とチェックをくぐりついに「将軍様」との面会にこぎつける。そして1997年、大統領選で苦戦が報じられる韓国与党の思惑からパクに思わぬ密命が下された…(137分)[投票]
★3ピータールー マンチェスターの悲劇(2018/英)ナポレオン戦争直後の1819年のイギリスで、地主を保護するために輸入小麦に高関税を課した穀物法のために食料が高騰し苦しい生活を強いられた労働者階級の間で、穀物法廃止の要求が高まり、その実現のために参政権獲得をめざす運動が盛り上がりつつあった。その最中、マンチェスターのセント・ピーター広場で工場労働者たちが参政権を求めて著名な運動家をロンドンから招いて、女性や子どもも多数参加する平和的な集会を開いたが、そこへ軍隊が突入して多数の死傷者が出た「ピータールーの虐殺」事件の史実を、マイク・リー監督が映画化。(155分) [more][投票]
★3イソップの思うツボ(2019/日)カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督が、同作スタッフの中泉裕矢浅沼直也と共同監督、共同脚本で撮った一本。友達はペットの亀だけという超内気な少女・亀田美羽石川瑠華、彼女と大学同級生で日本一仲の良いタレント家族の一人娘・兎草早織井桁弘恵、そしてワケあり親父と代行業をしている戌井小柚紅甘。3人の少女が一堂に会するとき、何かが起こる。もちろん!本作も何かがあります。(87分) [投票]
★3記憶にございません!(2019/日)三谷幸喜監督・脚本の政治風刺喜劇。支持率2%台と史上最悪の嫌われ者となった黒田総理中井貴一。ある日、演説中に石をぶつけられなんと!政治家になってからの記憶をすべて失ってしまった。混乱を恐れて3人の側近秘書官は記憶喪失を極秘にして乗り切ろうとするが、それまでの品性下劣、傲岸不遜、金に汚かった総理がごく普通のおじさんみたいになって周囲は困惑。何もわからず苦しむ黒田はまず政治の勉強から始めようと小学校時代の恩師に一から学ぶのだが…一方で野心を秘めた秘書官ディーン・フジオカ、夫婦生活が破綻していた総理夫人石田ゆり子、実は政府の黒幕の官房長官草刈正雄の思惑が交錯するのであった。(127分)[投票]
★4SHADOW/影武者(2018/中国)チャン・イーモウ監督作。戦国時代、小国沛は隣国の炎に領地の一部を奪われた。沛の都督ドン・チャオは、かつて闘い敗れた炎の将軍・楊に奪われた領地を賭け再び決闘を求めた。しかしそれを知った沛国王チェン・カイは炎との同盟こそ国を守るとして激怒、ついには都督を解任する。しかし実は都督は前の戦いで楊から受けた傷が元で重い病にかかり満足に動けぬ身体であり、決闘に臨むのは密かに育てられていた彼の影(ドン・チャオ二役)であった。影を鍛える一方で都督は領地奪還の野望をめぐらせる。一方、都督の妻スン・リーは影の境遇に同情するのであった。そして沛国王は楊将軍に対してある働きかけをするが…(116分) [more][投票]
★4ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019/米)クエンティン・タランティーノ監督9作目。1969年ハリウッドの情景をある事件を背景に描く。1950年代TV西部劇シリーズで人気を博したリック・ダルトンレオナルド・ディカプリオとその専属スタントマンのクリフ・ブースブラッド・ピットも今や落ち目でリックには悪役しか回ってこない。自らの不遇を嘆き情緒不安定なリックを慰めるクリフ。そんな時にリックのハリウッド高級住宅の隣に、今をときめくポランスキー監督とその新妻シャロン・テートマーゴット・ロビーが越してくるのだが・・・(161分) [more][投票]
★3荒野の誓い(2017/米)1892年のアメリカ西部を舞台に描くウェスタン・ドラマ。かつてインディアン戦争で名を馳せたジョー大尉クリスチャン・ベールは、ニューメキシコに収監されていたシャイアン族チーフのイエローホークウェス・ステューディをその家族とともに故郷のモンタナまで護送して釈放せよという大統領令を受ける。しかしイエローホークとは互いに血で血を洗う戦いで、多くの親友を殺されてきたジョーは任務を渋るが、強引に引き受けさせられる。やむなく部下を率いて出発し途中、コマンチ族によって夫と子どもを皆殺しにされたロザリーロザムンド・パイクを保護し旅を続けるのだが…(135分) [more][投票]
★5ダンスウィズミー(2019/日)矢口史靖監督のミュージカル風コメディ。勝ち組OL静香三吉彩花はイケメンエリートに声をかけられ「やったぁぁぁぁ!」な時になんと!怪しい催眠術師宝田明のせいで、音楽が聞こえると思わずミュージカルスターのごとく踊り、歌いだしてしまう体質に。このままではせっかく掴んだチャンスもフイにと焦る彼女は、これまた怪しい興信所調査員ムロツヨシに件の術師の行方捜しを依頼し、日本縦断(北半分)の旅にでるが一癖も二癖もある人たちやしろ優chayのせいでてんやわんやに・・・(103分)[投票]
★2荒木栄の歌が聞こえる(2009/日)福岡県大牟田市出身で、1950年代後半から1962年に38歳で亡くなるまで、三井三池炭鉱で働きながら、当時の労働争議や労働組合運動の中で数多く歌われてきた「がんばろう」などの作曲家でもある荒木栄について、2007年春に神戸出身のシンガーソングライター hizuki港健二郎監督が、彼を知る人たちや、現代も彼の歌を歌い続ける人たちをプロ、アマ問わず、インタビューしていくドキュメンタリー。(95分)[投票]
★3武蔵-むさし-(2018/日)本格時代劇『蠢動』で注目された三上康雄監督が、史実に基づいたオリジナルストーリーで剣豪・武蔵を描く。父・新免無二斎に幼少より厳しく育てられた武蔵細田善彦は京で吉岡一門との死闘に挑むが、多くを殺め「殺人(せつにん)剣なのか」と苦悩していた。一方、豊前に国替えされた細川藩の澤村大学目黒祐樹は土豪の反発を抑えるため豊前の土豪出身の修験者である巌流・小次郎松平健を剣術指南役として迎える。だが徐々に小次郎は増長し藩政に口出しするようになる。手を焼いた大学は、小次郎を除くために武蔵と立ち会わせようと呼び寄せる。そして立会いの直前、場所は舟島へと変えられた…(120分)[投票]
★4僕たちは希望という名の列車に乗った(2018/独)ディートリッヒ・ガルスカの自伝小説「沈黙する教室」を映画化。1956年、ベルリンの壁以前の東ドイツ、二人の高校生が祖父の墓参を口実に鉄道で西ベルリンに行き、トップレス目当てで映画館に忍び込み、ハンガリー動乱を伝えるニュース映画を観る。彼らは西側から流れてくるラジオ放送を聴き、自らの「進学クラス」でその犠牲者のために授業最初の2分間は沈黙を貫く黙祷をしようと呼びかけた。そして授業が始まり誰も口を利かないクラスに教師は激高、それがハンガリー動乱に関係していると察知され、「国家への敵対だ」と大問題になりついには教育大臣がクラスに乗り込み「首謀者を明らかにしろ」と迫られる事態に発展する…(111分)[投票]
★412か月の未来図(2017/仏)パリ中心部のエリートが集う名門高校のベテラン教師フランソワドゥニ・ポダリュデスは、郊外の「困難校」についてつい「若い教師ばかりを郊外校にいかせるのがおかしい。そういう学校にこそ経験豊富な教師が赴くべきだ」と述べる。それを聞きつけた教育省から「素晴らしい提案だ。ぜひ自ら実績をつくってほしい。」と言われ已む無く1年間の期限付きで「困難中学校」の国語教師として派遣される事に。そこには移民や難民など多様なルーツを持ち貧困など困難を抱える生徒たちとその相手に疲れ果てた教師たちがいた。名門校とのあまりの格差に戸惑いつつフランソワは生徒に向き合うが…(107分) [more][投票]
★4ビリーブ 未来への大逆転(2018/米)1970年代「男は仕事、女は家庭」を前提にした法律が罷り通り女性はカードも作れなかった時代、女性差別是正を訴えた裁判は100年にわたり負け続けた時代、男女平等を求めて裁判を闘った実在の弁護士ルース・ギンズバーグの姿を映画化。1950年代末ハーバード大法科大学院に入学した500人中女性は9人。その一人ルースフェリシティ・ジョーンズは弁護士を志し、家事も育児も協力する税法の専門家の夫アーミー・ハマーの協力もあり首席で卒業するも、どの法律事務所も女性だからと採用を拒みやむなく大学教授に。そしてある日、夫が高齢の親の介護費用の税控除が男性には認められないのはおかしいと訴えた裁判の資料をルースに手渡す…(120分) [more][投票]
★3ちいさな独裁者(2017/独=仏=ポーランド)1945年4月敗戦直前の混乱が広がるドイツでは脱走兵が多発した。その一人二等兵ヘロルトマックス・フーバッヒャーは偶々ひろったナチス高級将校の制服を身にまとい、それを大尉と信じ込んだ上等兵を従え「ヒトラー総統の勅命で後方の実情調査を行っている」とでまかせを言い、道中でであったはぐれた兵士たちを自らの配下におき「ヘロルト親衛隊」と名乗り始めた。さらに脱走兵の収容所へ乗り込んだ彼はその権力をますます肥大化させていき、ついには…(119分) [more][投票]
★3ザ・フォーリナー 復讐者(2017/英=中国=米)ジャッキー・チェン主演のクライム・アクション。ロンドンの爆弾テロでたった一人の家族であった娘を失った元特殊部隊員の男ジャッキー・チェンが、復讐に挑む。男はかつてテログループにいた大物政治家ピアース・ブロスナンに、犯人の名前を教えろと執拗につきまとい、大物政治家はまだつながりのある組織のメンバーを呼び寄せるのであった。(110分) [投票]
★4記者たち 衝撃と畏怖の真実(2017/米)9・11同時多発テロを受けたアメリカは、テロ首謀者はイラクとつながっていたとし、さらにイラクは核兵器等の大量破壊兵器を保有していると断定し、2003年にアメリカを中心とした多国籍軍によるイラク侵攻に踏み切った。当時、アメリカ大手マスコミの大半が米政府の発表にもとづきイラクが大量破壊兵器を保有していると報道する中、ほとんど唯一、政府の発表は疑わしいとして、その情報操作や捏造を批判する記事を発信し続けた新聞社ナイト・リッダーのワシントン支局長ウォルコットロブ・ライナーと二人の記者、ジョナサンウディ・ハレルソンとウォーレンジェームズ・マーズデンの孤独な戦いの実話を映画化。(91分) [more][投票]
★3マイル22(2018/米)CIAトップエージェントのシルバマーク・ウォールバーグ率いる特殊部隊は、緊急時には辞表を提出し、遠く離れた地点にあるビショップジョン・マルコヴィッチの情報分析チームのサポートを受けて危険な任務をこなしてきた。いま彼らは東南アジア某国の大使館を拠点に紛失した核物質の探索にあたっていた。その在り処を知る警官イコ・ウワイスが亡命と引換えに情報を渡すと現れたが、某国は強行に警官の引渡しを求める。かくて大使館から空港までの22マイルを敵の妨害をはねのけて突破する作戦が開始される。(95分)[投票]
★2エル・クラン(2015/アルゼンチン)軍事独裁政権から民政移管をしつつあった1980年代のアルゼンチンで、情報機関にいた男が一家ぐるみで身代金目的の誘拐を繰り返していたという実話を映画化。(110分)[投票]
★3いのちの山河 〜日本の青空II〜(2009/日)日本国憲法をテーマにした『日本の青空』シリーズ2作目。一年の半分は雪に埋もれる豪雪の地・岩手県沢内村は貧困と病気に悩み、老人の自殺が多く1956年の1才児未満の乳児死亡は11/158人で全国最悪の水準だった。1957年に村長になった深澤晟雄は、憲法第25条をもとに医療・保健対策をすすめ、1961年に日本初の老人と赤ん坊の医療費無料化を実施。1962年には1歳未満の乳児死亡ゼロを全国の市町村で初めて達成した。深澤晟雄の半生を 長谷川初範主演で映画化。(120分)[投票]
★4歌声にのった少年(2015/パレスチナ)2013年アラブ世界のTV公開オーディション「アラブ・アイドル」で、ガザ地区出身のムハンマド・アッサーフが優勝、パレスチナの希望となった。この実話を『オマールの壁』のハニ・アブ・アサド監督が映画化。05年ムハンマドカイス・アタッラーとヌールヒバ・アタッラーの姉弟は友達とバンドを組んで「スター歌手になって世界を変える」と夢見ていた。だがヌールは満足な治療を受けられず帰らぬ人に。7年後、タクシー運転手になっていたムハンマドタウフィーク・バルホームは「絶望に負ける前にここを出たい」とガザを脱け出し「アラブ・アイドル」出場を目指す。(98分) [more][投票]