コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] ハウス・ジャック・ビルト(2018/デンマーク=仏=独=スウェーデン)

1970年代、アメリカの田舎町に住むジャックは最初の人殺しに手を染めて以降、ひとびとを殺しては大型冷凍庫に死体を保管していた。彼はあたかも自らの行いが貴腐ワインや、廃墟としてはじめて完成する建築を醸成しているかのような愉悦に陥り、犯行は大胆になっていった。ある日彼が犠牲者の頭を狙って引き金を引こうとしたとき、今まで彼と心の対話をしていた男が部屋の片隅に現れた。誰も入ることのできないはずの冷凍庫の片隅に… これは良識への挑戦なのか、あるいは映像美の追求なのか、耽美と戦慄の155分。
(★4 サイモン64)

投票

このあらすじを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。