コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] 愛を積むひと(2015/日)

町工場の経営に行き詰まり、夫婦で第二の人生を過ごすべく自然に囲まれた北海道の家に移り住んだ篤史(佐藤浩市)と良子(樋口可南子)。そこにかつて住んでいた外国人が作り始め、未完成のままになっていた家を囲む石塀造りを、篤史は良子にねだられて、アルバイトの若者、徹(野村周平)の手助けで渋々ながら始める。しかし良子は石塀の完成を見ることなく、以前から患っていた心臓病を悪化させこの世を去ってしまう。悲しみにくれる篤史に良子が託した手紙が届けられたのに始まり、家のそこかしこに残した手紙が見つかる。 原作はアメリカのエドワード・ムーニー・Jr.の小説「石を積むひと」。
(★4 NOM)

投票

このあらすじを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。