コメンテータ
ランキング
HELP

jollyjokerさんのお気に入りあらすじ

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017/スウェーデン=独=仏=デンマーク)★4 現代アート美術館の学芸員クリスティアン(クレス・バング)は人道的で洗練されたインテリだ。次回の展示も“全ての人間は対等になる”をコンセプトにした作品「ザ・スクエア」を準備中。そんなとき、街中で親切心から女性を救ったところ携帯電話を盗まれてしまった。GPS機能で犯人の住む集合住宅を見つけたクリスティアンは、いささか乱暴な手段で携帯電話をとり戻すのだが、これが後々思わぬトラブルに発展。さらにクリスティアンに思いがけない出来事が次々と起きるなか、ついに展示会のPR動画が反社会的だと大炎上してしまった。個人と社会の善意とエゴイズムのギャップをブラックな笑いで突きつけるカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作。(151分) (ぽんしゅう)[投票(1)]
女神の見えざる手(2016/仏=米)★4 米議会で議員に働きかけ様々な法案の成立または阻止を請け負うロビイストの世界を描く。大手ロビー会社でも負け知らずにして随一のやり手サローンジェシカ・チャステインは会社上層部が持ちかけた銃規正法案阻止の案件を断る。さらに銃規正法案の成立をめざす弱小ロビー会社に自らのチームを引き連れて移籍する。法案成立のために手段を選ばぬキャンペーンを張る彼女に対し、大手ロビー会社も黙ってはいないのであった…(132分) (シーチキン)[投票(1)]
父の祈りを(1993/米)★5 [ネタバレ?(Y1:N1)] 俺は自分の状況がどうしても理解できなかった。イギリスでの俺の悪事は空き巣だけじゃないか。なのに逮捕されて拷問を受け、ギルフォードのパブで起きた爆破テロ事件の犯人だという。IRA? IRAから追い出されちまったというのによ。親父や叔母まで逮捕。あげく裁判の判決は何もしていないのに終身刑。そして親父は、冤罪を雪(そそ)げという遺言を残して獄死しちまった。そんな時、俺の前に現われたピアス弁護士(【エマ・トンプソン】)は話をよく聞いてくれる、どうも本気らしい……。世界的な関心を集めた冤罪〈ギルフォード四人組〉のひとりジェリー・コンロンの手記を映画化した実話。U2の【ボノ】が主題歌など4曲でこの作品に参加した。 [more] (Amandla!)[投票(6)]
ザ・ウォーク(2015/米)★3 僕の名はフィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン・レヴィット)。フランス人だ。子供のころに観たサーカス団の「綱渡り」に魅了された僕は、自分もこの芸術的な技術を習得すべく、独学で練習に励んだ。大人になった僕は、NYに、エッフェル塔よりも高い、ワールドトレードセンタービル(110階、411m)が建設中であると知り、そこで綱渡りをしたいと思ったんだ。その野望を実現するために、協力してくれる「共犯者」を集め、綿密な計画を立てる為に渡米をするが、それは思った以上に手ごわい相手だった。はたして僕の計画は成功するんだろうか? [more] (プロキオン14)[投票(1)]
の・ようなもの(1981/日)★3 落語を修業するしんとと(漢字不明・伊藤克信)はまだまだ駆け出しの話し手。23歳(もしかしたら24だったか?)の誕生日に仲間からのカンパでトルコ(現ソープ)へと正装して出掛ける。出迎えてくれたのはロングパーマがじゃまそうなエリザベス嬢(秋吉久美子)。なにげない会話の中にエリザベスの赤い下着とガーターベルトと腰つきが異様にいやらしくてそそる!お、おれも!  あとは、色んなキャラと色んな話の流れがだらだら、ほのぼの、しみじみ、たんたんと続く。森田監督の代表作の一つ。ま・そんなとこ。 (ピロちゃんきゅ〜)[投票(1)]
運命じゃない人(2004/日)★5 あらすじは書けません。筋を知ったとたん面白さが半減します。断言します。何も知らずに見るのが一番。だから書きません。しいて言えば、さっき携帯で話した友人との会話には、あなたが知らな全然別の意味があり、今脇をすり抜けていった車にはあかの他人が乗っているが、その人物はあなたにとって重要な人だ、という映画です。それじゃあ、何だか分からん?!。そうですか、じゃあちょっとだけ・・・。婚約者と別れた桑田真紀(霧島れいか)と、人の良い独身サラリーマン宮田(中村靖日)がいました。そして探偵の神田(山中聡)が出てきて、二人は・・・あ〜やっぱり書けない。早く、映画を見てください。 [more] (ぽんしゅう)[投票(11)]
インターステラー(2014/米)★5 鬼才クリストファー・ノーランが、弟ジョナサン・ノーランとの共同オリジナル脚本の下に描く、独創的かつエモーショナルなSF大作。一般相対性理論に裏打ちされている(らしい)。近未来、地球は劇的な環境変化により、砂漠化が進行し、人類は危機的な食糧難に直面していた。アメリカ中部で、トウモロコシ栽培を営むクーパー(マシュー・マコノヒー)家では不可思議な現象が起きていた。娘の部屋では、本が本棚からひとりでに落ちたり、吹きこんで来た砂塵が奇妙な文様を刻んでいたのだ。元宇宙飛行士でもあるクーパーは、検証を重ねた結果、砂の文様が「ある座標を示す2進数の信号」だと突き止める。砂塵の中、車で父と娘が辿り着いた「座標」の場所の意外な正体とは・・・。 [more] (いくけん)[投票(1)]
オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜(2013/米)★4 スマトラ沖3150キロの大海原の真っ只中、男は単独でヨットで航海していた。ある朝、船室内に海水が侵入し目が覚める。どうやら海上を浮遊していた物体に衝突し穴が開いたらしい。無線や航法装置はダメージを被ったものの、男は黙々と応急処置をして航海を続ける。しかし行く手に黒雲が立ちこめ、猛烈な嵐にさらされて・・・出演はロバート・レッドフォードただ一人で、台詞もほとんどなく、海上を漂流するヨットでの一人の男のすべてを描く異色作。(106分) (シーチキン)[投票(1)]