コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] 今日(2012/仏)

おめでとう、サッチェ!次に死ぬのは君の番に決まったよ!拍手喝采のもと、故郷の人々に暖かく送り出された男は、生前最後の日を、生まれ育った街のあちこちを再訪したり、自分の人生で重要な役割を演じた面々を尋ねたりして過ごすことにする。幼少の頃から秀才の誉れ高く、親族の出資で米国留学を果たしたサッチェは、自分に対する人々の意見が一枚岩でないことに気づかされる。親戚たちは彼のよそよそしい態度を責め、元カノは彼の行儀のよさを嘲笑う。そして、なぜ、自分が選ばれたのか納得のいかないサッチェに対して、叔父は人知を超えた神の意志を説くのだった。最後に彼は長らく音沙汰がなかった妻と幼い子供のもとに立ち寄り、ささやかながらも、和解の歩み寄りを試みる
(★4 濡れ鼠)

投票

このあらすじを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。