コメンテータ
ランキング
HELP

[あらすじ] 夏時間の大人たち(1997/日)

冒頭ナレーション「僕はCCガールズの右から2番目が好きだ。おっぱいが大きいから好きだ」すると妄想の中の青田典子が言う「逆上がりのできない人は嫌い」。 小学4年生のたかしは逆上がりができない。「逆上がりは人生の勉強だ」と教師に特訓させられる。だけど人生ってなに?母は毎日メロドラマばかり見ている。事故で首にギブスをはめたままの父(岸部一徳)は一日中窓の外を眺めてばかり。父や母はどんな子供だったの?ねえ、人生って何・・・?劇中メロドラマのこと→
ペペロンチーノ

題名は「愛欲の彼方に」。 そのたたずまいだけでどうやら三角関係のこじれらしい。根津甚八とその妻らしき石田えり、浮気相手らしき余貴美子

根津「俺って、だめな男なんだ…」。

しまいには妄想の中で根津甚八がたかしに変わる。

たかし「俺って、だめな男なんだ…。逆上がりもできないし」。

石田・余「あなた逆上がりできないの!?」

CM界の鬼才中島哲也の長編第一作は大人のための子供映画。

(評価:★5)

投票

このあらすじを気に入った人達 (2 人)ぽんしゅう uyo

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のあらすじに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。