コメンテータ
ランキング
HELP

[POV: a Point of View]
ウディ・アレンも選んだ、それぞれの「映画史上最高の10本」
whatta foolish question, buddy!

「映画史上最高の10本は何か?」―この究極のテーマに答えるべく、1952年に「Cinematheque Belgique誌」が世界中の100人の映画監督にこの質問をぶつけてみた。すると、ルイス・ブニュエルをはじめオーソン・ウェルズまで9ヶ国から63人からの回答があった。(A)はそのベスト20●同じ質問をイギリスの「Sight&Sound誌」が批評家と監督に送りはじめた。(B)は1992年度批評家が選んだベスト20●(C)はウディ・アレン選出ベスト10●D:(A)(B)(C)重複●E:(A)(B)●F( A)(C)●G:(B)(C)■未登録作品→A:キング・ヴィダー監督『ハレルヤ!』(29)/G・W・パブスト監督『三文オペラ』(31)/エリッヒ・フォン・シュトロハイム監督『愚かなる妻』(21)
A★5天井桟敷の人々(1945/仏)
A★4グリード(1925/米)
A★4街の灯(1931/米)
A★4黄金時代(1930/仏)
A★4散り行く花(1919/米)ほとんどまばたきしない眸が、涙とともにこぼれおちそうなリリアン・ギッシュ。あの満ちすぎた月のような空ろな目は、いつの日か鯨を見る。 [review]投票(8)
A★3イントレランス(1916/米)
A★3チャップリンの 黄金狂時代(1925/米)コレ、いかりや長助や志村けんは繰り返し観たんだろうな。ドリフ世代としては「そのネタ、もう見ちゃったよー!」投票(1)
A★0アラン(1934/英)
A★0ル・ミリオン(1931/仏)
A★0國民の創生(1915/米)
A★0肉体の悪魔(1947/仏)
A★0アジアの嵐(1929/露)
B★5東京物語(1953/日)【和】:わ、かス、なごム、にき、にこ、のどカ、やわらカ ―人間と人生、ことばと関係、文化と風習、世間と社会、親と子、そして生と死、そういう凡そ凡てのものの「輪廻」が、この作品にはある。 [review]投票(4)
B★52001年宇宙の旅(1968/米=英)サイマフの解釈:タイムワープ、そして、1955年7月7日七夕、→ [review]投票(9)
B★5雨に唄えば(1952/米)
B★4ゲームの規則(1939/仏)初手、名手、妙手、好手、俗手、迷手、愚手、悪手、鬼手、嵌手、新手、秘手、軽手、鋭手、奇手、強手、緩手、勝負手、友達をなくす手、勝手、…そして禁じ手。 [review]投票(6)
B★4アタラント号(1934/仏)カットされていたと思しきセリフのないシーンが実に詩的で美しく、思わず身を乗り出してしまう。子どもの頃の迷子になった時のキュンとした気持ちを思い出した。 [review]投票(1)
B★3市民ケーン(1941/米)我が家の物置の片隅で、牙むき佇む、埃まみれの北○道の熊の木彫りを思い出した。 [review]投票(3)
B★3めまい(1958/米)今は亡き淀川長治先生の『日曜洋画劇場』でヒッチコック特集をやってて、全四作品中、唯一これだけ途中で寝たのを覚えている。その子どもならではの直感を信じて。 [review]投票(3)
B★3サンライズ(1927/米)「映画史に燦然と輝く名作」とは思うが、悲しい哉、後光が眩しすぎて…、僕の感受性や美意識とはフィットしない。ヴィスコンティも苦手だモン。投票
この映画が好きな人達

このPOVを気に入った人達 (15 人)緑雨 ina Santa Monica マッツァ なつめ ナッシュ13 Kavalier ころ阿弥 くたー たかやまひろふみ 若尾好き ドド ペペロンチーノ