コメンテータ
ランキング
HELP

[POV: a Point of View]
私は日活ロマンポルノのファンである

70年代から80年代。斜陽のどん底で輝き続けた不滅の作品群にふたたび光をあたえたまえ!  A・・70年代前期  B・・70年代後期  C・・80年代前期  D・・80年代後期   E・・2016〜17年(ロマンポルノ・リブートプロジェクト)
A★5四畳半襖の裏張り(1973/日)愛が前提の性行為だけが正当だとか、貧困が性の奴隷を作る、などと言う幻想は純粋な肉体の欲求の前では何の意味も持たない。制度の下に隠蔽されている「本来のSEXと人間」を、神代辰巳宮下順子の肉体を使ってスクリーン上に再現してみせた。投票
A★5(秘)色情めす市場(1974/日)幻影でしかないが確かに存在するはずの父を、手配写真の殺人犯に重ねてトメ(芹明香)の欠落感が浮遊する。「ゴム人形」と「ニワトリ」の交わりは、人であることの確認行為でもあり放棄でもあるのだ。ニワトリとともに飛翔を挑むサネオの通天閣シーンは圧巻。投票(2)
A★5一条さゆり 濡れた欲情(1972/日)業界の権威として君臨するが故に警察権力の矢面に立たされ、かつ羨望の裏がしとして成り上がる若手から標的にもされる一条さゆりの矛盾に権利と権威の地続き的階級制のアヤが透ける。伊佐山ひろ子の憑かれたような目が怖い。それにつけても、ヒモ達の可愛いこと。 投票(3)
A★5恋人たちは濡れた(1973/日)逃げるという行為は行き場があってこそ成立する。しかし大方の逃避は、過去を否定することで未来までも失うという矛盾に気づかずになされる。「今」しか持たない男(大江徹)が迷い込んだ空回り回路に、女(絵沢萌子中川梨絵)たちも誘い込まれる。投票(2)
A★4赤線玉の井 ぬけられます(1974/日)盲目的一途さをみせる宮下順子のシマ子が切なく、不遇と幸福の境目をなくした芹明香の公子もまた悲しい。閉塞的な新記録に挑む直子(丘奈保美)の無意味な意地と、もはや意地すらない繁子(中島葵)の諦観。森進一が唄う「花嫁人形」がすごい。投票
A★4女地獄 森は濡れた(1973/日)山中の館の闇に、そして男の背徳に依存しながら生きる女・中川梨絵。シーンごとに変わる口調と声のトーンに精神の不安定さがにじみ出る。不気味な好演。投票
A★4生贄夫人(1974/日)肉体の快楽への無条件降伏と精神の破壊こそが嗜虐の愉悦。若い二人は肉体の失効によって精神の幸福を成就させ嗜虐の連鎖を断ち切った。だらしなく緩んだネクタイと悲しみをたたえた目。ことさら猟奇性を誇張しない男(坂本長利)の静かな振る舞いが不気味。投票
A★4エロスは甘き香り(1973/日)自らの力で前進不能。70年代初頭の閉塞感と足踏みを続ける若者の焦りを高橋長英が好演。目の上のタンコブである団塊世代山谷初男の何かを悟ったような根拠なき余裕は、彼らにとって憧れであり脅威なのだ。桃井かおり伊佐山ひろ子共演の貴重な1本。投票
A★4濡れた欲情 特出し21人(1974/日)男が稼ぎ、女、子供を養うという形態が幸福の標準値になったのはいつ頃からだろう。どの時代にも、定住を前提とした定型からはみ出す生き方を自然に選んでしまう男と女がいる。そんな漂泊者達の存在を自然に受け入れる神代辰巳のまなざしが実にやさしい。投票(1)
A★4(秘)女郎責め地獄(1973/日)死の臭いを放つ女が、望みと諦めの間を揺れ動くさまを中川梨絵は声で演じ分ける。時に低く唸るように、時に微かに囁くように、そして甲高く嘲るように。これだけの女優が、スクリーンを去って久しいのは日本映画にとって大損失。 投票(1)
A★4牝猫たちの夜(1972/日)あの怪作『天使の恍惚』のなれの果てのような本多(吉沢健)のシニカルさに向ける、美形とは言えない昌子(桂知子)の笑顔と困り顔のギャップがいじらしいのだが、その振幅が田中登一流の幻想のなかで、いまひとつ突き抜けないのがもどかしい。投票
A★4真夜中の妖精(1973/日)自らもその原因が判然としない憎悪をたぎらす反逆者一夫(風間杜夫)と、その理不尽な闖入に向けられる冴子(潤ますみ)の強烈な憎悪の視線。カナリヤ(山科ゆり)が浮遊する「深紅」と「純白」の端境期は、エロスではなくタナトスに支配されている。投票
A★4夜汽車の女(1972/日)シナリオの行間に、溢れんばかりに詰め込まれたイメージの連鎖。庭で戯れる姉妹のカット群、夜汽車内から湖へ、さらに森を彷徨う姉妹。それは、就寝中の夢のように不確実に連なる映像の連鎖が、確実に物語を形づくっていくのに似ている。理屈を越えた推進力。 投票
A★4必殺色仕掛け(1973/日)東映、松竹あざ笑い、次々飛び出すギャグの切れに呆然。色香漂う二條朱実市川亜矢子の思わぬコメディエンヌぶり。色道三兄弟の紹介はぶっ飛び、丹古母鬼馬二の暴走は止まらない。「黒の舟歌」合唱には苦笑。びっくり仰天の拾いもの怪作コメディ! [review]投票
A★4色情姉妹(1972/日)下降するわけでもなく漂いながら、ささやかな上昇を試みたところで、しょせん頭打ち、成りゆきまかせのどん底姉妹たちに、関東版『(秘)色情めす市場』が匂う。セックスシーンの感度が抜群に好く、真剣にワイセツさを追求する曾根中生演出の真摯さに感嘆。投票
A★3性談 牡丹燈籠(1972/日)たとえ低予算とはいえ、大手映画会社日活のプライドに満ちたロマンポルノ。裸よりも和服姿の小川節子の悲しくも妖艶なお姫様を撮らんとするスタッフの心意気。そんな女体露出不足のなか、悪役と過激濡れ場を一手に引き受ける原英美の目力にもプロ魂をみる。投票
A★3性盗ねずみ小僧(1972/日)世間の落ちこぼれで、ただの押し込み強姦野郎、次郎吉(五條博)が権力にたぶらかされて義賊に仕立て上げられるという長谷川和彦脚本のアンチ権力志向が描ききれづ、終盤に炸裂する遠山金四郎とのアナーキーな顛末が放つ「馬鹿力」が空回りするのが残念。投票
A★3濡れた唇(1972/日)仕事干されへの反動か、前半は妙にかしこまった正当演出が続くのだが、唐突な刑事の発砲から始まる四人の逃避行は軽やかに現実社会を超越する。概念としてのしかかる女(絵沢萌子)を引き受けるには、現実か女のどちらかを捨てるしかないという男の苦悩物語。投票
A★3花と蛇(1974/日)男と女の存在が拮抗しなければロマンポルノは成立しない。男優の非力さは30歳にして始めって勃った男の話しをサブストーリーにおとしめ、本能に連動しない肉体は勃たせた女に説得力を与えることができない。そして物語は、唯の笑艶小話としてうわ滑りする。投票(1)
A★3白い指の戯れ(1972/日)伊佐山ひろ子のデビュー作だが、このウブで感受性の強い娘といった役どころでは、伊佐山の個性がまだまったく引き出せていなかったとうことが、次作『一条さゆり 濡れた欲情』以降の怪演で判明する分けである。若いスリ集団の奔放さや刹那感もいまひとつ。投票
この映画が好きな人達

このPOVを気に入った人達 (16 人) 山本美容室 Yasu けにろん sawa:38 ぱーこ 寒山 若尾好き ペペロンチーノ 青二才 picolax マッツァ 夢ギドラ worianne 町田 peacefullife