コメンテータ
ランキング
HELP

[POV: a Point of View]
☆☆≡あめりかよ!アメリカよ!≡☆☆

好きで嫌いで好きなアメリカ。ノモもシンジョーもダイマジンもゴジラもみんなアメリカを目指した! タイトルは敬愛するノビー(信彦)落合大先生の著作より借用。A:アメリカ万歳!な映画。 B:アメリカをお勉強する映画。 C:アメリカへ行こう!(あるいはアメリカへの憧憬?)な映画
A★5バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985/米)社交的空想映画の頂点。 [review]投票(8)
A★5雨に唄えば(1952/米)ミュージカル映画の素晴らしさは、映画というメディアのあらゆる特質を、とまでは言わないが、様々な特質を同時に掴んで、すべて外側に押し広げているところにある。その代表作がこれ。 [review]投票(6)
A★4ザ・コンテンダー(2000/米)発する言葉だけでなく、沈黙もまた雄弁な言葉なり!政治の決着はそんな「言葉」でつける、という高潔な理想を、見事ドラマ化! 素晴らしい! [review]投票
A★4大脱走(1963/米)テーマ音楽が『戦場に架ける橋』と似てる。どーでもいいこと書いてすいません。投票(1)
A★4アメリカ万歳(1984/米)日本国憲法を題材に映画が撮れるか?んー、やっぱりアメリカ万歳!! 追伸“コメディエンヌ”ゴールディ・ホーン超可愛い!投票(1)
A★3アメリカン・プレジデント(1995/米)「ジャパニーズ・プライム・ミニスター」じゃ映画は作れんわな、と思っていたが?! [review]投票
B★5レインマン(1988/米)これほどアメリカ社会の大切な価値観を教えてくれる映画も珍しい。ホフマンの独り善がりな演技をクルーズの熱演が支えた。 [review]投票(13)
B★4ドゥ・ザ・ライト・シング(1989/米)ラジオ・ラヒームの強烈なキャラクターが、当時密かに大受けだった。 [review]投票
B★413デイズ(2000/米)ケビン・コスナー要らない・・・・ [review]投票(1)
B★4フルメタル・ジャケット(1987/米=英)迫真の「狂気」がここにあります。 [review]投票(3)
B★4スタンド・バイ・ミー(1986/米)原作を忠実に映像化するだけでも名作になるとは思うが、選曲が抜群だった。 [review]投票(1)
B★4ハスラー(1961/米)“Just like that?”“Yeah! Just like that!” [review]投票
B★4パーフェクト・カップル(1998/米)アメリカの熱狂を一歩引いて眺めるキャラクターを初めてみた(でも曲者だが)。かえって原作の甘えた部分がなくなってる。投票
B★3フィールド・オブ・ドリームス(1989/米)リメイク流行りのハリウッドに対抗して、日本でも撮るべき1本。相撲好きが高じた農家の親父が田んぼを潰してつくる『夢の土俵』。ドスコイドスコイ。投票(3)
B★2評決のとき(1996/米)理由はどうあれ、殺した奴は有罪。投票(5)
C★5カサブランカ(1942/米)「ぴあ」をよくチェックしていると、何年かに一回は劇場でかかる。ビデオで何度観ていても、それより格段に素晴らしい。劇場でぜひ。 [review]投票(4)
C★5タイタニック(1997/米)普段は一観客でいることに満足してるけど、さすがにこれは監督に羨望を感じる・・・ [review]投票(2)
C★4クローサー・ユー・ゲット(2000/英)「自由の国」アメリカがこの地球上に存在することによって、世界中の閉塞感はこんなにも和らいでいるんだね。 [review]投票(2)
C★4ニューヨークの王様(1957/英)チャップリンの、愛憎相半ばする“アメリカ” [review]投票
C★4ゴッドファーザーPARTII(1974/米)なんだ、これって普通に面白い映画じゃん。 [review]投票(5)
この時期に公開する意味は不明だが。
この映画が好きな人達

このPOVを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません