コメンテータ
ランキング
HELP

[POV: a Point of View]
君はデレカンを見たか!
ディレクターズカンパニーの仕事

ディレクターズカンパニー(通称ディレカン)。1982年、広告代理店出身のプロデューサー宮坂進を中心に、当時の新進若手監督たちによって結成された映画製作プロダクション。設立には、フリー助監督から監督デビューを果たし、それぞれ第一作が話題をよんだ長谷川和彦(36歳・以下全て当時)、相米慎二(34歳)、学生時代から自主制作映画作家として注目を集めていた大森一樹(30歳)、黒沢清(27歳)、石井聰亙(25歳)、同じ自主制作畑出身ながら独自にピンク映画界から一般映画への路を切り開きつつあった井筒和幸(30歳)と、若くしてピンクのベテランともいえる作品数を誇る高橋伴明(35歳)、さらに日活ロマンポルノ出身の池田敏春(31歳)と根岸吉太郎(32歳)が参加。大手映画会社の撮影所が若い作家達に門を閉ざすなか、全く新しい映画製作集団として注目を集める。以後、年に2〜3本の作品を世に送り出しながら、92年に資金難のため倒産。その10年の歴史を閉じる。
A★4神田川淫乱戦争(1983/日)黒沢清監督 劇場用作品デビュー [comment]
A★0狼(1982/日)高橋伴明監督 関根惠子主演
B★5台風クラブ(1984/日)相米慎二監督 キネ旬第4位 [comment]
B★4人魚伝説(1984/日)池田敏春監督 根岸吉太郎プロデュース [comment]
B★3逆噴射家族(1984/日)石井聰亙監督 長谷川和彦製作 [comment]
C★5ラブホテル(1985/日)相米慎二監督 [comment]
C★4ドレミファ娘の血は騒ぐ(1985/日)黒沢清監督 [comment]
C★0魔性の香り(1985/日)池田敏春監督
D★4ウホッホ探検隊(1986/日)根岸吉太郎監督 キネ旬第3位 [comment]
D★2犬死にせしもの(1986/日)井筒和幸監督 [comment]
D★0半分人間 アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン(1986/日)石井聰亙監督
E★3光る女(1987/日)相米慎二監督 キネ旬第9位 [comment]
E★2永遠の1/2(1987/日)根岸吉太郎監督 キネ旬第4位 [comment]
F★4死霊の罠(1988/日)池田敏春監督 [comment]
F★3妖女の時代(1988/日)長崎俊一監督 大森一樹脚本 [comment]
F★0スウィートホーム(1989/日)黒沢清監督 企画デレカン
F★0DOOR(1988/日)高橋伴明監督 高橋惠子主演
G★4東京上空いらっしゃいませ(1990/日)相米慎二監督 [comment]
G★3マリアの胃袋(1990/日)平山秀幸監督 監督デビュー作 [comment]
H★3風、スローダウン(1991/日)島田紳助監督 井筒和幸監修 [comment]
■未登録作品 『蒼い季節風』(87)高橋伴明
この映画が好きな人達

このPOVを気に入った人達 (13 人)いくけん ジョー・チップ HW けにろん ジャイアント白田 マッツァ moot 太陽と戦慄 ぱーこ トシ movableinferno TOMIMORI tkcrows