コメンテータ
ランキング
HELP

[POV: a Point of View]
刑務所もの・収容所もの映画

ほとんど見てなくて少しズレてる作品もあるかと思いますので二次利用歓迎
A★4抵抗〈レジスタンス〉 死刑囚の手記より(1956/仏)音(錠前、軍靴、汽車、鉄柵、砂利)で閉塞感や焦燥感を煽る演出が抜群にいい。 モーツァルトのミサ曲も最初と最後とではまるで違って聴こえる。 投票(1)
A★4大脱走(1963/米){問題} 収容所から脱走するのに必要なスキルとは? → [review]投票(4)
A★4アルカトラズからの脱出(1979/米)小さい頃にフトンをわざと膨らませてからどこかに隠れて、起こしに来る親を騙して楽しんでいたのを思い出す。投票(2)
A★4刑務所の中(2002/日)刑務所が本来の目的とはかけ離れた場に堕しているという、ある意味の告発映画。お上品なクラシック音楽が惰性で生活する囚人の俗物ぶりを引き立てているのだが、少し狙いすぎな気も。小松方正を彷彿とさせる村松利史の嫌らしい顔はクセになりそう。投票
A★4ショーシャンクの空に(1994/米)そろそろ内容を忘れたので15年ぶりに再見したがやはりいい。未見の人はこの映画を見る楽しみがあって羨ましい。 投票
A★4ザ・ロック(1996/米)
A★4暴力脱獄(1967/米)脱獄映画では『パピヨン』と双璧を成す作品かも [review]投票
A★4オールド・ボーイ(2003/韓国)15年間餃子を食い続けると体はどうなるか?という疑問に自らの肉体をもって体験し、答える超異色のドキュメンタリー(ウソ) [review]投票(2)
A★4休暇(2007/日)これもある種の「おくりびと」だろうか。 新婚旅行と刑務所の並列描写は原作と同じだが、原作にはない味付けもたくさんあって、しかもどれも的確だ。 [review]投票(1)
A★3脱獄広島殺人囚(1974/日)まるで脱獄コント。彼にとっては脱獄という手段が目的になってしまうのでしょう。 [review]投票
A★3父の祈りを(1993/米)
A★3穴(1960/仏)小物の使い方は確かに唸るが、同好会みたいな明るいノリが緊張感をなくしているので、地味で陰気な『抵抗』の方が好み。 投票
A★3パピヨン(1973/米=仏)長いわりに退屈しなかったがラストに不満が残る投票
A★3告発(1994/米)スリーパーズ』ではケビンがいじめ役なのでセットで観よう投票(2)
A★3ミッドナイト・エクスプレス(1978/米)実話ということで身につまされる。空港を舐めてはいけませんな投票
A★3デッドマン・ウォーキング(1995/米)テレビで観たのを猛反省投票
A★3ゴシカ(2003/米)画面が暗すぎて目が悪くなりそう。終わってみれば後味わるすぎ投票
A★3羊たちの沈黙(1991/米)これがオスカー獲れるのなら『セブン』にもあげたい投票(4)
A★3スリーパーズ(1996/米)告発』ではケビンがいじめられているのでセットで観ましょう投票(7)
A★3サード(1978/日)プロ野球界のサードといえば長嶋。映画界のサードは永島。青春は永遠に不滅です!投票
主な検索キーワード「刑務所」「囚」「脱獄」
この映画が好きな人達

このPOVを気に入った人達 (8 人)死ぬまでシネマ dov リア きわ 映画っていいね uyo yasuyon アルシュ