コメンテータ
ランキング
HELP

[POV: a Point of View]
月刊 水野美紀
Monthly Mki Mizuno

水野美紀。1974年6月28日、香川県高松市生まれ。身長167cm。●福岡県在住時の1987年、東鳩オールレーズンプリンセスコンテストに準優勝し上京、芸能界入りし、1990年の地球戦隊ファイブマンのミリア星人ソーラ役でデビュー。その後スポット的に仕事はあったが1992年のコーセー化粧品ルシェリのCMで唐沢とキスシーンを演じ話題に。1996年の映画『ガメラ2』出演、1997年からのTV『踊る大捜査線』のレギュラー出演で認知度アップ。2000年の映画『千里眼』で俺は彼女のアクション女優としての才に刮目した。中学生から少林寺を習い芸能界入り後も「倉田アクションクラブ」で修行を積んだという。志穂美悦子以来の希有の人材であり、その美貌は類い希なる。大袈裟ではなく日本映画界の至宝であろう。どうか、彼女が輝いている今のうちに、その才を銀幕に残せる監督が現れて欲しい。●2009/10/30:第1刷発行
A★4あん(2015/日=仏=独)ドン詰まりの男と行き場ない女子高生のゆっくり死んでゆく如き日常をそれでも慈しむかのようなカメラ使いが良い。そして再生リアクターとしての樹木の苛烈な一生も呑んで溜める佇まい。水野の使い捨ても許せる包容力だが永瀬の2度泣きが致命的。投票(2)
A★3恋の罪(2011/日)過去のトラウマに解を求めるようなことをやっては後退としか思えないし、禍々しいアナーキズムも所詮はバブル前のロマンポルノの形骸的トレースに見える。堕ちる堕ちないのグダグダが水野のドラマに侵食もしないのではヘアを晒した甲斐もない。投票(7)
A★3ガメラ2 レギオン襲来(1996/日)細部で伊藤の政治性・樋口の画心・金子のミニスカ趣味がせめぎ合い予断を許さないし、毎度臨死まで痛めつけられるガメラの超M本質は外してないが、レギオンが凡庸。そのバトルは何故か「ドラゴンボール」めいて元気玉まんまの決着は点睛を欠く。投票(1)
A★3踊る大捜査線 THE MOVIE(1998/日)平成無責任男的なキャラ付けと刑事ドラマがリミックスされたシリーズ根幹を鮮やかに提示したオープニング。そのオリジナルアイテムで自走すればいいのに『羊たち』をパクったような設定が安い。土台キョンキョンでは意外性だけで魔も圧力も足りないのだ。投票
A★3恋人はスナイパー 劇場版(2004/日)ウッチャンのマジかシャレかで戸惑うキャラは一応は了承したが、空中での1アクションで左右の蹴りを同時に入れるカットだけが唯一では水野美紀の使い方として宝の持ち腐れとしか言えない。一刻も早く香港ででも代表作を撮って欲しい。投票(2)
A★3さそり(2008/日)水野美紀を堪能するという点ではかなり満足したが、アクションが細切れ過ぎなジョー・マの演出には欲求不満もたまる。前半は一応、原『さそり』的世界が描かれるが後半は完全に『キル・ビル』。大体これ日本映画か?吹き替え安すぎ。投票
A★2雷電(1994/日)どう転がしてもロクな話になりそもない設定からしてシャレにもなりよがないカス話は仕方ないが、それにしてもプログラムピクチャーの枠組みに安住し切っている。下降曲線を自覚せぬ赤井の昼行燈では為す術もないにせよ何かやったろうの気概が微塵もない。投票
A★2現実の続き 夢の終わり(2000/日=台湾)水野美紀の復讐アクションに特化して欲しかったのだが、何故か台湾マフィアの内輪揉めの話が延々と繰り返されるのでイライラしてくる。監督の描きたいことは観客の要求に応じていない。ルーティーン且つアクションも凡庸。投票
A★2千里眼(2000/日)冒頭の米軍との遣り取りの子供じみた描写で気が滅入り、その後の展開の安直さにも辟易。要するに実体験を伴わないメディアガキの戯れ言の羅列に過ぎない。水野美紀のワイヤーアクションは寧ろ封印さえして欲しい。こいつには手に余る。投票(1)
A★0踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望(2012/日)
A★0俺はまだ本気出してないだけ(2013/日)
A★0大失恋。(1994/日)
A★0シュート!(1994/日)
A★0サラリーマン金太郎(1999/日)
A★0踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003/日)
A★0交渉人 真下正義(2005/日)
A★0口裂け女(2006/日)
A★0図鑑に載ってない虫(2007/日)
A★0真・女立喰師列伝(2007/日)
A★0あの空をおぼえてる(2008/日)
この映画が好きな人達

このPOVを気に入った人達 (7 人)ナム太郎 kiona Lostie ぱーこ SOAP TOMIMORI ペペロンチーノ