コメンテータ
ランキング
HELP

[POV: a Point of View]
月刊 多部未華子

多部未華子。1989年1月25日、東京都生まれ。身長158cm。●小学5年生の頃ミュージカル「アニー」に感激して自分も主役を演じたいと思い、オーディションを受け続けるが落ち続ける。しかし、スカウトされて芸能プロに所属。2003年、『HINOKIO』のメインキャストに抜擢され、これでブルーリボン新人賞を受賞。2009年にはNHKの連続テレビ小説「つばさ」の主役を獲得し、翌年エランドール賞を受賞した。また、この間に東京女子大を卒業している。子役時代から折にふれて一応の注目を得てきた彼女の来歴ではあるが、幼少時より大阪のおばあちゃんが送ってくる吉本新喜劇のビデオが刷り込まれコメディエンヌの素養を隠せぬ一方、キモカワなどと一部で心無い揶揄もあり、20歳台を迎えて路線を決めかねていたふしがある。それでも人気少女コミック『君に届け』の主演をつとめるなどキャリアを重ねてきたが、しかし、大きく何かが弾けたと思われるのは2本のテレビドラマであろう。「デカワンコ」(2011)「ドS刑事」(2015)で強烈なキャラを引き寄せる術を獲得したと思われる。この頃まで、俺は彼女の名前と顔は知ってるが、ほとんど関心がなかったといっていい。しかし、たまさか見に行った映画『ピースオブケイク』で瞠目する。俺はスクリーンの中の彼女を見て呟いた。「多部ちゃん、めっちゃいい女になったやん」考えてみれば彼女も20台半ばの女盛りなのであった。醸し出すペーソスは60年代のシャーリー・マクレーンを彷彿とさせ、腰が据わった演技はジェニファー・ローレンスに迫るであろう。現在公開中の『あやしい彼女』においてもスクリーンの中で弾けまくってくれます。ただ歌は巷間言われるほどのものではないか。●2016/4/6:第1刷発行
A★5ピース オブ ケイク(2015/日)酔ってユルユルになる男願望が多少入ってるにせよこの多部ちゃんは全存在で等身大の女を具現化して圧倒的だ。足掻いてもがいて駆け抜ける様は「ガールズ・オン・ザ・ラン」であり峯田が世界をきっちりサポート。浴場シーンは溝口的でさえある。投票(1)
A★4あやしい彼女(2016/日)所詮は小娘のお婆ちゃん芸と高を括った観客を一気にかっさらうモールでの母息子とのやり取り。演出は映画以前でコクも何もない凡庸さなのだが、仕掛けられた催涙爆弾が峻烈でそれを茶番に終わらせない多部ちゃんの胆力に救われた。正直3度嗚咽しました。投票(1)
A★0HINOKIO ヒノキオ(2005/日)
A★0ルート225(2005/日)
A★0青空のゆくえ(2005/日)
A★0夜のピクニック(2006/日)
A★0俺は、君のためにこそ死ににいく(2007/日)
A★0西遊記(2007/日)
A★0フィッシュストーリー(2009/日)
A★0君に届け(2010/日)
A★0ケンタとジュンとカヨちゃんの国(2010/日)
A★0源氏物語 千年の謎(2011/日)
A★0ライアーゲーム 再生(2012/日)
A★0深夜食堂(2014/日)
この映画が好きな人達

このPOVを気に入った人達 (7 人)いくけん トシ ぽんしゅう DSCH きわ ロープブレーク pori