コメンテータ
ランキング
HELP

[POV: a Point of View]
遅かりし由良助!
47 Ronin

日本人は好きだのう忠臣蔵の映画。A:まー元々史実の脚色だがな内蔵助(取り敢えず含む外伝)。B:パロディ・翻案何でもござれ! C:なんかチガウようです。
A★4元禄忠臣蔵・後編(1942/日)前編に続き、見事なセットの中で緩やかに流れるワビサビ。死ぬべく運命づけられ、それを全うし、また仲間達にも全うさせた男の物語故、軍部に対する抵抗は全く出来てないと存ずる。☆3.9点。 [review]投票
A★4元禄忠臣蔵・前編(1941/日)すぐ判るのは「境界」への意識。見事なクレーン撮影が徹底してそれを強調し続ける。☆3.9点。 [review]投票(1)
A★4決闘高田の馬場(1937/日)18人斬りも韋駄天走りも一番星も佳いが、私が気に入ったのは叔父の説教を独りで復唱するところ。安兵衛は叔父貴のお説教が本当は非常に有難くて、酔っぱらいの頭で一回聴くだけでは勿体無いと思っているのだ。投票(3)
A★3最後の忠臣蔵(2010/日)基本的には悪くないが、もう少し突っ込んで欲しかった部分が少なからずあり、結果として残念な出来。☆3.5点。 [review]投票
A★3大忠臣蔵(1957/日)とことんついてない早野勘平(高田浩吉)、後悔と父心より奔走する加古川本蔵(坂東簔助)という、仮名手本忠臣蔵オリジナルキャラが矢張り物語を牽引している。しかしこの映画一番のオイオイpointは… ☆3.7点。 [review]投票
A★3忠臣蔵(1958/日)定番「忠臣蔵」として観られるが、それ故の物足りなさもある。☆3.8点。 [review]投票
A★0堀部安兵衛(1936/日)
A★0四十七人の刺客(1994/日)
A★0忠臣蔵外伝四谷怪談(1994/日)
A★0赤垣源蔵(1938/日)
A★0忠臣蔵(1954/日)
A★0赤穂城断絶(1978/日)
A★0珍説忠臣蔵(1953/日)
A★0赤穂浪士(1961/日)
A★0忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻(1959/日)
A★0忍法忠臣蔵(1965/日)
A★0忠臣蔵(1912/日)
A★0忠臣蔵 花の巻・雪の巻(1962/日)
A★0忠臣蔵(天の巻・地の巻)(1938/日)
A★0赤穂浪士 天の巻・地の巻(1956/日)
未登録『実演忠臣蔵』(1908/横田商会) 『実物応用活動写真忠臣蔵』(1912/横田商会) 『忠臣蔵』(1914/天活) 『忠臣蔵』(1915/小松商会) 『実録忠臣蔵』(1920/国活) 『赤穂浪士』(1921/帝国キネマ) 『実録忠臣蔵』(1921/日活) 『実録忠臣蔵』(1922/松竹) 『実録忠臣蔵』(1922/牧野教育映画) 『実録忠臣』(1923/帝国) 『実録忠臣蔵』(1925/朝日) 『実録忠臣蔵 天の巻・地の巻・人の巻』(1927/日活) 『忠臣蔵 前篇・後篇』(1927・28/帝国) 『忠魂義烈 実録忠臣蔵』(1928/マキノ映画) 『血煙高田馬場』(1928年) 『喧嘩安兵衛』(1928年) 『赤穂浪士 第一篇 堀田隼人の巻』(1929/日活) 『元禄快挙 大忠臣蔵 天変の巻・地動の巻』(1930/日活) 『忠臣蔵 赤穂京の巻・江戸の巻』(1932/松竹) 『堀田隼人』(1933/日活) 『忠臣蔵 刃傷篇 復讐篇』(1934/日活京都) 『忠臣蔵』(1937/大都) 『元禄快挙余譚 土屋主税 落花の巻 雪解篇』(1937/松竹キネマ) 『忠臣蔵 前篇・後篇』(1939/東宝) 『「高田馬場」より 中山安兵衛』(1951) 『赤穂城・続赤穂城』(1952/東映) 『決戦高田の馬場』(1952) 『喧嘩安兵衛』(1952) 『おかる勘平』(1952) 『初祝二刀流』(1953) 『忠臣蔵 花の巻・雪の巻』(1954/松竹) 『赤穂義士』(1954/大映) 『酔いどれ二刀流』(1954) 『青年安兵衛紅だすき素浪人』(1956) 『悲恋 おかる勘平』(1956) 『赤穂義士』(1957/東映) 『忠臣蔵 暁の陣太鼓』(1958/松竹) 『暁の陣太鼓』(1958) 『紅だすき喧嘩状』(1959) 『なにわ忠臣蔵』(1997/松竹)
この映画が好きな人達

このPOVを気に入った人達 (1 人)ダリア