コメンテータ
ランキング
HELP

[POV: a Point of View]
素晴らしい処女長編旅行

ブリリアントな映画作家たちの処女長編。ちなみにこの10本のなかから3つのペアを作ることができます。全部わかる貴方は立派なシネフィル。
A★5現金に体を張れ(1956/米)
A★5勝手にしやがれ(1959/仏)最高に粋な男女二人とパリの街、それをちゃんと生かした即興シナリオとよく動くカメラ。投票(1)
A★5レザボア・ドッグス(1992/米)この映画を最初に"cool"と形容したのは誰だ。これは"cool"なだけじゃない。"cool"と"hot"の過激な温度差が産んだ、タランティーノ流「スタイリッシュ」の極致が、ここにはある。 [review]投票(12)
B★5動くな、死ね、甦れ!(1989/露)日常の延長としての活劇、現実の持続としての映画。エレジーとラプソディの同居する不思議な空間。 [review]投票(10)
B★5バッファロー’66(1998/米)
B★4マルコヴィッチの穴(1999/米)
B★4恐怖のメロディ(1971/米)
B★4アメリカの影(1960/米)
B★4激突!(1971/米)それにしても、スゴイ追い込みだ。 [review]投票(1)
B★4Helpless(1996/日)いかにも「周到」な新人映画、あるいは世界への異和と乾いた暴力。 [review]投票(6)
この映画が好きな人達

このPOVを気に入った人達 (1 人)minoru